特急列車「かわせみ やませみ」は熊本県の熊本〜人吉間を結ぶJR九州の観光特急列車です。JR九州エリアいおいて、11番目のデザイン&ストーリー列車として平成29年3月にデビューしました。
IMG_46JR九州の観光特急列車「かわせみ・やませみ」60-min.JPG
△JR九州の観光特急列車「かわせみ・やませみ」

列車名「かわせみ・やませみ」の由来は?

「かわせみ やませみ」という一風変わった列車の名称は、球磨川流域に生息する野鳥「翡翠(かわせみ)」「山翡翠(やませみ)」に由来しています。人吉側の青く塗装された車両が「かわせみ」、熊本側の緑色の車両が「やませみ」で、それぞれ球磨川の青色と森林の緑色が表現されています。
IMG_431八代駅に停車するJR九州の特急列車「かわせみ・やませみ」3-min.JPG
△八代駅に停車するJR九州の特急列車「かわせみ・やませみ」

車両には、国鉄時代に製造された気動車が観光列車仕様に改造されたものが使われていて、どこか昔懐かしい雰囲気も漂っています。JR九州の特急「かわせみ・やませみ」は、熊本地震復興のシンボルとして観光客を熊本に誘致することにも期待されています。

明るく温かみを感じさせる特急列車「かわせみ・やませみ」の内装

JR九州の特急列車「かわせみ・やませみ」のデザインは、JR九州の豪華列車「ななつ星」、「或る列車」、富士急行の「富士登山列車」などのデザインを手がけたドーンデザイン研究所(水戸岡鋭治氏が代表)が担当。その内装は明るく温かみのある雰囲気にまとめられています。
IMG_40あたたかみを感じさせる「かわせみ・やませみ」の内装 JR九州の特急83-min.JPG
△あたたかみを感じさせる「かわせみ・やませみ」の内装

その秘密は木材がふんだんに使われていること。それらの木材は人吉・球磨地方産の桜、杉、ヒノキなどです。客室を仕切りには八代産のイ草が、テーブルにはこちらも地元産のヒノキが使われていて、木の香りと美しさを五感を通して味わえる空間に仕上がっているのです。

JR九州の特急列車「かわせみ・やませみ」の座席は、ボックス席、ソファー席、リクライニングシート席、カウンター席、子供席ほか多彩。観光列車ならではの遊び心満載の座席配置で、車窓に展開する球磨川の風景をさまざまな角度から楽しめるよう工夫が凝らされているのです。
IMG_409地元産木材をふんだんに使ったJR九州の特急「かわせみ・やませみ」の内装2-min.JPG
△地元産木材をふんだんに使ったJR九州の特急「かわせみ・やませみ」の内装

JR九州の特急列車「かわせみ・やませみ」において特徴的なことといえば、車両の一角に設けられた「焼酎バー」も特筆すべきポイントです。焼酎バーでは球磨川の水を使った3種類の焼酎を味わえるようになっています(一杯400円〜)。また土日祝日に運行される列車においては、沿線の食材を使った特製弁当やスウィーツセット等の車内販売もあります。(※一部列車を除く)

» 続きを読む

古びた駅舎、郷土の食材を使った駅弁、出会う人々、車窓に流れる四季折々の風景・・鉄道をつかった旅にはさまざまな魅力があります

スポンサーリンク
JR特急列車に乗車する場合、みどりの窓口などで事前に座席指定券を予約しておいたり、時刻表を片手に停車駅や時間を調べておくと便利ですよ。

井上晴雄 絵画作品集〜日本の旅風景〜
(PR)【JTB】国内宿泊・ツアーはJTBにおまかせ!

JR特急電車や新幹線を使った列車旅はスピードと快適さが魅力です。ゆったりとしたリクライニングシートに腰かけて楽な姿勢を取りながら、静かで優雅な旅を楽しめることでしょう。停車駅も少なく、次々と車窓風景が変わっていきます。足早に目的地に到着し観光やビジネスに時間をたっぷりとれるというのも、JR特急列車や新幹線を利用するメリットです。一方、鈍行列車を使った列車旅にはまた違った趣があります。レールの軋みに合せてゆっくり車窓風景が展開していきます。小まめに停車する駅では沿線の学生やサラリーマンたちが乗り降りし、会話が聞こえてきます。そこには地域の文化をや気質が見え隠れしてそこにも面白さがあります。
スポンサーリンク
鉄道を使った旅には、目的地にたどり着く交通手段としてだけではなく、地域の人々や四季の風物を味わえる物語が展開しているような気がします。
全国の新幹線・特急券をネットで簡単予約・・パソコンやスマホで新幹線・特急券を簡単予約