瀬戸内マリンビュー,setouti 062.jpg

広島県を走るJR呉線は、瀬戸内海の多島美を楽しめると観光客や鉄道ファンに人気の路線。

そんなJR呉線では、土日や夏休みなどに観光列車として臨時快速「瀬戸内マリンビュー」が運行されています。
スポンサーリンク




臨時快速「瀬戸内マリンビュー」はキハ40を船のように、改装した列車が使われています。

快速「瀬戸内マリンビュー」は2両編成で運行していることがほとんどですが、なかでも座席指定車両は、内装がひときわ観光向けに改良されていて人気。

浮き輪の飾り、丸い窓、海側を向いた座席、白いソファー・・まるでクルーザーに乗っているかのようです。
瀬戸内マリンビュー 座席,setouti 068.jpg
△クルーザーをイメージしたという快速マリンビューの車内

スポンサーリンク




広島を出た快速「瀬戸内マリンビュー」は山陽本線を東に向かって走り、海田市駅を出て呉線へと入っていきます。

車窓には、瀬戸内海が次第に近づいてきます。造船のまちとして知られる呉を過ぎると、車窓には本格的に、海の景色が広がります。

瀬戸内海に点在する島々と紺碧の海、カキの養殖棚・・とても美しくてうっとりとすることでしょう。

呉線で途中下車するならば、竹原駅がおススメ。竹原は「安芸の小京都」とも称される古い町並みが展開しており、情緒にあふれています。

広島駅を出て2時間20分ほどで、快速「瀬戸内マリンビュー」は終点の三原駅に到着します。

◇「臨時快速瀬戸内マリンビュー」の運行日・時刻表などはこちら

角島,setouti 091.jpg
▲快速「瀬戸内マリンビュー」が走るJR呉線沿線の人気エリア「竹原」のまちなみ

快速「瀬戸内マリンビュー」の停車駅)(広島ー三原

広島駅=呉駅=広駅=安芸川尻駅=安浦駅=安芸津駅=竹原駅=忠海駅=三原駅


スポンサーリンク

JR特急列車に乗車する場合、みどりの窓口などで事前に座席指定券を予約しておくと便利。