高知の交通 JR土讃線(16).jpg
△JR土讃線の普通列車(多度津駅→高知駅)

JR土讃線は、香川県と高知県にかけて峻険な渓谷を通ってのびるJR四国の路線です。
スポンサーリンク




 JR土讃線の起点となるのは、香川県西部に位置する多度津駅。多度津は、金刀比羅宮(こんぴらさん)参りの上陸地としてかつて栄えた港町です。

 土讃線の線路は、多度津駅から南方向に延び、勾配がどんどん上がっていきます。
 
 多度津駅を出ると、四国88か所霊場75番札所の善通寺のある善通寺駅、金刀比羅宮のある琴平駅など、門前町にある駅を列車は停車しながら走っていきます。

 JR土讃線琴平駅までは明治22年(1889年)に開通しています。しかし、琴平駅から高知へ抜ける吉野川に沿うエリアは峻険な山々が連なちトンネル工事は難航。

JR土讃線が高知県の窪川まで全線開通したのは昭和26年(1951年)のことでした。

 琴平駅を出ると、JR土讃線の列車は田園地帯からため池の満濃池の土手を進みます。次第に勾配が上がってきて、車窓には讃岐山脈の山林が迫ってきます。

讃岐財田駅を過ぎると3km以上にも及ぶ猪鼻トンネルをくぐって坪尻駅へ。坪尻駅は、急こう配のためスイッチバック駅となっています。

箸蔵駅から吉野川橋梁で吉野川を渡って佃駅。佃駅からは土讃線の列車は吉野川に沿って走っていき見どころある車窓風景が次々と展開。

三好市の中心地である阿波池田駅を出ると、JR土讃線の車窓に展開する渓谷の風景はより深みを増していきます。渓谷の急斜面に家々や狭い畑がはりつくように点在している風景も独特です。

吉野川に沿う車窓風景のハイライトといえば、なんといっても、小歩危駅から大歩危駅区間につづく景勝「大歩危・小歩危」でしょう。
obokekyou.jpg
△吉野川に沿う景勝「大歩危峡」

エメラルドグリーンの吉野川に沿って、奇岩怪石が立ち並ぶ風景がつづく風景は必見です。
スポンサーリンク




大歩危駅の付近には大歩危温泉の温泉宿もあり宿泊と「大歩危小歩危」の鑑賞を兼ねて滞在するのもおススメ。

(宿泊情報)峡谷の湯宿 大歩危峡まんなか「大歩危峡まんなか」の宿泊レポート

大歩危駅を出ると、JR土讃線最長のトンネルである「大歩危トンネル」をくぐっていきます。

大歩危トンネルは全長4179mもあり、なかなか出口が見えてきません。列車は徳島県から高知県へ。

大杉駅を出ると全長2500mほどの大杉トンネルを抜け、以降、トンネルを入っては出てを繰り返し。四国最高所の駅である繁藤駅からはJR土讃線の列車は次は勾配を少しづつ下っていきます。

家々が増えてきて、高知県香美市の中心地、土佐山田駅に到着。

土佐山田 JR土讃線  (1).jpg
△土佐山田駅とJR土讃線の列車

土佐山田駅を出るとJR土讃線の列車は平地を走っていきます。土佐くろしお鉄道ごめんなはり線と接続する後免駅を出ると列車は西に方向を変えます。

次第に車窓には背の高いアパートも目立つようになり高知市の中心地、高知駅に到着します。

JR土讃線 DATA|JR四国

JR土讃線の時刻表時刻表

JR土讃線の駅)(多度津駅高知駅

多度津駅、金蔵寺駅、善通寺駅、琴平駅、塩入駅、黒川駅、讃岐財田駅、坪尻駅、箸蔵駅、佃駅、阿波池田駅、三縄駅、祖谷口駅、阿波川口駅、小歩危駅、大歩危駅、土佐岩原駅、豊永駅、大田口駅、土佐穴内駅、大杉駅、土佐北川駅、角茂谷駅、繁藤駅、新改駅、土佐山田駅、土佐西町駅、土佐長岡駅、後免駅、土佐大津駅、布師田駅、土佐一宮駅、薊野駅、高知駅


スポンサーリンク

JR特急列車に乗車する場合、みどりの窓口などで事前に座席指定券を予約しておくと便利。