北陸新幹線の開業を受けて、開業する第三セクター鉄道「IRいしかわ鉄道」が一日乗り放題のフリー切符「IRいしかわ一日フリーきっぷ」を発売することが発表されました。
IMG_202015年3月14日に開業したIRいしかわ鉄道の車両83.JPG
△2015年3月14日に開業したIRいしかわ鉄道の車両

 「IRいしかわ一日フリーきっぷ」の発売額は大人500円、子供200円で、土休日および特定日(GW、夏休み、年末年始など)にIRいしかわ鉄道が一日乗り放題となります。

スポンサーリンク




 IRいしかわ鉄道は、JR北陸本線の路線の一部(金沢駅〜倶利伽羅駅間17.8km)を引き継ぐ形で発足する第三セクター鉄道。

終点の倶利伽羅駅は、石川県と富山県の県境に近い駅で、IRいしかわ鉄道と あいの風とやま鉄道の境界駅になります。

 「IRいしかわ一日フリーきっぷ」はどれくらいオトクな切符なのでしょうか?

 例えば、IRいしかわ鉄道の全区間(金沢駅〜倶利伽羅駅)を往復した場合、720円かかるので、「IRいしかわ一日フリーきっぷ(大人500円)」は220円オトクというこうことになります。

 北陸新幹線および、IRいしかわ鉄道ほか第三セクター鉄道が開業する2015年3月14日からは、金沢から在来線で能登半島の七尾方面や富山方面に行くときは、IRいしかわ鉄道を経由していくというのが一般的なスタイルになっていきます。

「IRいしかわ一日フリーきっぷ」をうまく使って、富山方面や能登半島への旅行をオトクに楽しむことができればよいですね。
IRいしかわ鉄道の沿線みどころ

 IRいしかわ鉄道の沿線の見どころはいろいろあります。

例えば、IRいしかわ鉄道の終点にある倶利伽羅駅の近郊エリアは、江戸時代の情緒が感じされる古いまちなみも残ります。

スポンサーリンク




というのは、倶利伽羅は五畿七道のひとつ「北陸道」の「倶利伽羅峠」があった場所で、江戸時代は加賀藩の大名が参勤交代で江戸まで行き来してまちが発展していったからです。

IRいしかわ鉄道倶利伽羅駅から徒歩15分ほどにある「倶利伽羅源平の郷・竹橋口」では、古代からの倶利伽羅峠の果たしてきた役割などをジオラマなどで知ることもできます

(9:00〜17:30入館料:無料/無休※第1・第3月曜の日中はメンテナンスのため営業不可)


IRいしかわ一日フリーきっぷ」DATA

発売額 大人500円、子供250円
利用可能日:土曜・休日、GW,年末年始、夏休みなど特定日 
発売場所:IRいしかわ鉄道の金沢駅、東金沢駅、森本駅、津幡駅ほか 
IRいしかわ鉄道 HP
(IRいしかわ鉄道の全駅)
金沢駅、東金沢駅、森本駅、津幡駅、倶利伽羅駅

スポンサーリンク

JR特急列車に乗車する場合、みどりの窓口などで事前に座席指定券を予約しておくと便利。

井上晴雄 絵画作品集〜心を癒す日本の旅風景〜