IMG_7JR奈良駅を発着しているJR桜井線(万葉まほろば線)の列車639.JPG
△JR奈良駅を発着しているJR桜井線(万葉まほろば線)の列車

 JR桜井線(万葉まほろば線)は、奈良駅と高田駅間の全長29.4kmを結ぶローカル線です。
スポンサーリンク




JR桜井線(万葉まほろば線)は短い路線でありながら、古代ロマンの世界へいざなってくれると人気の路線。

奈良駅を発車したJR桜井線の普通列車は2両編成。奈良市の市街地を眼下に見下ろしながら高架を降りていき、京終駅(きょうばてえき)、帯解駅(おびとけえき)、櫟本駅(いちのもとえき)と古い木造駅舎の駅に停車していきます。

IMG_7693.JPG
△明治時代に立てられた木造駅舎が印象的な櫟本駅

田園地帯から再び高架をあがっていくと天理教本部の玄関口、天理駅に到着。

「ようこそおかえり」という看板がかかり、黒いハッピ姿の天理教信徒さんたちが笑顔で行き来しています。
スポンサーリンク




 天理市内の市街地を抜けていくと、再び車窓には田園風景が連なりはじめます。柳本駅、巻向駅と、この付近には古墳が点在。

たとえば黒塚古墳からは三角縁神獣鏡が出土し、邪馬台国が付近にあったのではないかという説にもつながっています。

 なお、奈良駅から桜井駅にかけて、左車窓を眺めていると、田んぼの向こうに低い山並がつづいているのですが、そこには「山の辺の道」が走っています。
IMG_76JR桜井線(万葉まほろば線)の車窓には素朴な田園地帯と山の辺の道が通る山並みが続く32.JPG
△JR桜井線(万葉まほろば線)の車窓には素朴な田園地帯と山の辺の道が通る山並みが続く

 山の辺の道は、平城京と飛鳥を結んだ日本最古の官道です。

山の辺の道の沿道には、石上神社、檜原神社、大神神社ほか、神話の時代につながる古い神社が並び古代ロマンを感じさせてくれます。

日本最古の神社 大神神社の最寄り駅 三輪駅の付近は、そうめんの里。素朴な茶屋やそうめん店が点在しています。

【2012年モンドセレクション最高金賞連続受賞】そうめん 三輪そうめん山本の手延べ素麺(そうめ...

桜井駅を過ぎると、JR桜井線(万葉まほろば線)の列車は飛鳥地方へと入っていきます。

高田駅に至る区間には、万葉集ゆかりの大和三山(畝傍山、天香具山、耳成山)が田んぼに浮かぶように立っていて、万葉人たちが生きた時代に思いを馳せることができます。



スポンサーリンク

JR特急列車に乗車する場合、みどりの窓口などで事前に座席指定券を予約しておくと便利。