IMG_2651阪神甲子園球場.JPG
△高校球児たちの聖地として知られる阪神甲子園球場

春と夏に兵庫県の阪神甲子園球場では高校野球の全国大会が毎年開催され、全国の頂点を目指す各出場校同士の戦いに巷は大いに盛り上がります。
スポンサーリンク




テレビで観戦するものよいけれど、母校やふるさとの出場校の応援に甲子園にかけつけたいという方も多くおられるのではないかと思います。

ただ、阪神甲子園球場が兵庫県にあることは誰もが知っていても、いざ現地に行く交通手段については意外と知られていなかったりもします。


△阪神甲子園球場の場所

出発する都道府県によって交通手段は変わってきますが、今回は、東京駅から新幹線を利用して阪神甲子園球場に行くケースを想定して、現地への交通手段について書いてみたいと思います。
スポンサーリンク




<東京→阪神甲子園球場への交通手段>

@まずは東京駅→新大阪駅を新幹線「のぞみ号」で移動

IMG_683新幹線 のぞみ5.JPG
△東海道新幹線の速達列車「のぞみ号」は東京〜新大阪を最短2時間33分で結ぶ

東京から阪神甲子園球場に行くとき まずは新幹線に乗車して関西まで移動します。

そのとき、下車駅は新大阪駅または新神戸駅が候補となるわけですが 運賃や所要時間を考慮したとき、新大阪に軍配があがるでしょう。

東京駅から新大阪駅間には、新幹線「のぞみ号」「ひかり号」「こだま号」が走っています。

そのなかでも、速達列車の「のぞみ号」を利用するのが速くて便利。

行先は「博多行」「広島行」「岡山行」「新大阪行」」などがありますが、それらの「のぞみ号」は全列車 途中、新大阪駅に停車します。

東京〜新大阪の所要時間は2時間33分、東京駅〜新大阪駅〜大阪駅の片道運賃は、大人13620円(乗車券8750円+自由席特急料金4870円)です。
IMG_471新幹線のぞみ 座席9.JPG
△新幹線のぞみ号のシート

新幹線のぞみの停車駅(東京→新大阪):東京駅、品川駅、新横浜駅、名古屋駅、新大阪駅

A新大阪駅→大阪駅(JR)を在来線(JR京都線)で移動

IMG_1998.JPG
△JR京都線を走る新快速列車。新大阪〜大阪駅間の所要時間約4分

新幹線で東京駅〜新大阪駅を移動したら、新大阪駅の在来線連絡口からJRの在来線(JR京都線)に乗り換えて大阪駅に移動します(※新幹線は大阪駅を通りません!)。

新大阪駅からは、大阪駅まではひと駅(所要時間約4分)です。新快速、快速、普通どれを乗ってもOK。

行先は「姫路行」「網干行」「播州赤穂行」「西明石行」「新三田行」などがあります。途中、淀川を鉄橋で渡っていきます。
BJR大阪駅からは、地下1階にある阪神梅田駅へ徒歩で(約6分)


△阪神梅田駅の場所

JR大阪駅に到着したら、次は阪神電車に乗り換えるために、阪神梅田駅へ向かいます。

徒歩で6分ほど歩いていくわけですが これが結構ややこしいです。

というのは 大阪駅の敷地は広大で地下街はまさに迷路のように入り組んでいるのです。

「阪神電車の駅がどこか分からなくて、1時間も迷ってしまった」みたいな声も聞くのも珍しいことでありません。

JR大阪駅には6つの出口(中央口、御堂筋口、南口、連絡橋口、桜橋口)がありますが JR大阪駅からスムーズに阪神電車の阪神梅田駅に向かうには、「桜橋口」を出ることがおススメです。

桜橋口を出ると、すぐ前に地下へ降りていく階段があります。

その階段を降りて直進すると、突き当りにマクドナルドがあるので、そのマクドナルドを右方向へ進むと突き当りにコーヒーショップのTULLYS COFFE」の店舗があります。

それを左へ進めば阪神梅田駅にたどり着きます。通路には「阪神電車」といった順路を示す表示もなされているので安心です。

C阪神梅田駅→甲子園駅への移動は阪神電車の特急または急行で

JR大阪駅から阪神梅田駅にたどりつくと、次は、阪神電車に乗車して、阪神甲子園球場の最寄り駅である「甲子園駅」に向かうことになります。

阪神梅田駅は阪神電車の起点となる駅で、ホームには特急から普通に至るまで、列車がずらりと並んでいます。

阪神甲子園球場の最寄り駅「甲子園駅」に向かうには基本的にどの列車に乗ってもよいのですが、できるだけ現地に早く着くためには、特急列車(直通特急姫路行など)または急行列車(三宮行、西宮行、甲子園行など)に乗車するのがおススメ。

阪神梅田駅〜甲子園駅の所要時間は、特急列車で約16分、急行列車で19分ほど。

運賃は片道大人270円小児140円です(往復運賃は540円、280円)。

阪神電車「特急」の停車駅:梅田駅、尼崎駅、甲子園駅
阪神電車「急行」の停車駅:梅田駅、野田駅、尼崎駅、武庫川駅、甲子園駅

 甲子園駅に着いたら、目の前がすぐ阪神甲子園球場です。甲子園駅の改札口から阪神甲子園球場入口までは徒歩約2分です。

ツタで覆われた阪神甲子園球場の外観はまさに「聖地」。その長い歴史を通してさまざまなドラマを生んできた痕跡が垣間見られます。
IMG_262ツタがからまる重層な雰囲気の阪神甲子園球場3.JPG
△ツタがからまる重層な雰囲気の阪神甲子園球場

なお、阪神電車の甲子園駅は、試合が終われば券売機が混雑するため、スムーズに帰路につくためには阪神梅田駅であらかじめ往復券を購入しておくのが良いと思います。

また、甲子園駅周辺はコインロッカーが少ないので、荷物が多い方は、宿や梅田駅などのコインロッカーなどを利用することをおススメします。

スポンサーリンク

JR特急列車に乗車する場合、みどりの窓口などで事前に座席指定券を予約しておくと便利。

井上晴雄 絵画作品集〜心を癒す日本の旅風景〜