IMG_7351万葉線 路面電車.JPG
△平成14年に第三セクター鉄道として運行を開始した万葉線では古い路面電車も活躍中

万葉線は、高岡(富山県高岡市)から射水市の越ノ潟間の12.9kmを結ぶ、第三セクターの路面電車です。
スポンサーリンク




同区間はかつて加越能鉄道として50年近く運行していたのですが、利用者減少などにより廃止が検討。

そんななか、高岡と新湊を結ぶ生活路線として存在意義があるとの声が高まり、第三セクター鉄道「万葉線」として存続が決まりました。

路面電車を運行するための第三セクター会社としては日本初となる「万葉線株式会社」が発足し、平成14年4月より路面電車「万葉線」が運行スタート。

ちなみに、「万葉線」という名称は、万葉の歌人大伴家持が高岡の伏木に越中国守として滞在したことがあったことに由来しています。

IMG_7381.JPG
△万葉線の新型路面電車「アイトラム」。バリアフリー対応で、車いすもOK

路面電車「万葉線」は日中は約15分ごと、早朝や夜間は約30分間隔でダイヤが組まれています。
スポンサーリンク




1960年代に製造された昔ながらの車両(デ7070形)車両が走るほか、バリアフリーに対応した新型低床電車「アイトラム」(MLRV1000形)車両も運行中。

IMG_7371万葉線 アイトラム.JPG
△万葉線の新型路面電車「アイトラム」の車内

<万葉線沿線の見どころ>

路面電車「万葉線」の沿線にはいろいろな見どころがあります。

起点となる高岡駅前電停から15分ほど歩くと、国宝の瑞龍寺が佇みます。

瑞龍寺は加賀100万石の礎を築いた前田利家公の菩提寺で、寛文3年(1663年)に築かれた名刹です。

66f4f853f4455750c317d02f9969dc75.jpg
△江戸時代に建てられた前田利家公の菩提寺「瑞龍寺」(写真提供:富山県観光連盟)


路面電車 万葉線の沿線概要

高岡駅前電停を出発すると「万葉線」の路面電車は、道路に伸びる軌道を走っていきます。

車窓には、高岡市内の市街地や商店街がゆっくり過ぎていきます。

片平町電停は、古い町並みを鑑賞したい方はぜひ途中下車しておきたいところ、

電停から徒歩3分ほどの距離には、土蔵づくりの町並みが見られるほか15分ほど歩くと千本格子の古いまちなみがつづく「金屋町の町並み」があります。

高岡は鋳物のまちであることもあり、金屋町には銅の吊り金具などで装飾された古い家々が並びます。

金屋町の町並みは、国の重要伝統的建造物群保存地区にも選定されています。

b583867c207ca27a76a36aa864adb75b.jpg
△高岡ならではの古いまちなみが残る金屋町の風景(写真提供:富山県観光連盟)

坂下町電停から5分ほど歩いた高岡大仏も人気のスポット。

高岡大仏は、日本三大仏のひとつで、高さ約10mある巨大な大仏です。

銅器の製造日本一の高岡市を象徴する仏像として親しまれており高岡市指定有形文化財にも指定されています。

b65688a2b379de72110524b015d2681d.jpg
△日本三大大仏のひとつに数えられる高岡大仏(写真提供:富山県観光連盟)

急患医療センター前電停から3分ほど歩くと高岡古城公園が広がっています。

緑に囲まれた高岡城跡の公園で、本丸、二ノ丸など残されているほか、高岡城を築いた前田利家公の銅像も園内に立っています。

29c4bdeff40cb5d0d4241fe78fafa61b.jpg
△春は桜名所となる、石垣が残る高岡古城公園(写真提供:富山県観光連盟)

高岡駅前電停を出発してから45分近く走ると、海王丸電停に停車。

徒歩5分ほどには、沿線のなかでも特に人気の海王丸パークがあります。

海王丸パークに停泊している帆船「海王丸」は、「海の貴婦人」とも称される純白の帆船。

昭和5年より59年間、商船学校の練習船として106万海里(地球約50周)を航行した船です。

98ad1cca1af9aa3d194d747593f8d842.jpg
△海王丸パーク内に停泊する帆船「海王丸」(写真提供:富山県観光連盟)

海王丸パーク内には、世界の帆船模型を展示した「日本海交流センター」や飛来する野鳥の数々を鑑賞できる「富山新港臨海野鳥園」はじめ、さまざまな施設や広場があり。1日を通して楽しむことができるようになっています。

また、海王丸パーク内の一角からは、新湊観光船が出港しており、新湊市内を流れる内川の遊覧(所要約50分)ほか、いくつかの遊覧コースが設けられています。

海王丸電停からしばらく走った終点の越ノ潟電停は、堀岡まで結ぶ県営フェリー(富山県営渡船4分)の発着地。船はラッシュ時は15分おき、その他の時間帯は30分おきに出港しています。

<北陸新幹線を利用して高岡に行く場合>

IMG_7403万葉線.JPG
△万葉線は、高岡駅の1階にある万葉線高岡駅前電停より発着している

北陸新幹線に乗って万葉線沿線へ観光に行く場合、発着地への高岡駅へは、まず北陸新幹線の新高岡駅まで移動します。

新高岡駅で在来線(JR城端線高岡行)に乗り換えてひと駅目がJR高岡駅です。

JR高岡駅の改札口を出て左折し、順路に従って1階に降りていくと、万葉線電車高岡駅電停と待合室があります。

なお、新高岡駅は、北陸新幹線の速達列車「かがやき」は基本的に停車しないので注意が必要です(「はくたか」または「つるぎ」が新高岡駅に停車します)

IMG_7399高岡駅 万葉線.JPG
△万葉線高岡駅前電停横にあるドラえもん像が立つ待合室

(時刻表)万葉線の時刻表はこちら

(万葉線電車のお得な切符)※車内にて販売中

@「万葉線1日フリーきっぷ
・・万葉線を1日自由に乗り降りできる切符(大人800円、小人400円)

A「万葉線・海王丸セットクーポン
・・万葉線1日フリー乗車券と海王丸乗船券がセットになったクーポン(大人1000円、小人500円)

万葉線グッズ


チョロQにもなり、スイッチを入れるとライトが点きます。小粒でも細かな機能を備えたストラップ...


No.03 万葉線 【トレーン 路面電車シリーズ トラムズダイキャストモデル】No.03 万葉線 【...


ご当地オリジナルネクタイ【富山県】万葉線オリジナルネクタイ【万葉線小紋】高岡-射水を結ぶ路...

(地図)高岡〜越ノ潟のMAP



(万葉線電車の全電停)

高岡駅、末広町、片原町、坂下町、急患医療センター前、広小路、志貴野中学校前、市民病院前、江尻、旭ヶ丘、荻布、新能町、米島口、能町口、新吉久、吉久、中伏木、六渡寺、庄川口、射水市新湊庁舎前、新町口、中新湊、東新湊、海王丸、越ノ潟




スポンサーリンク

JR特急列車に乗車する場合、みどりの窓口などで事前に座席指定券を予約しておくと便利。