IMG_0013.JPG
△2012年第一生命保険のCMに登場したJR姫新線の木造駅、美作江見駅

JR姫新線は兵庫県の姫路駅と岡山県の新見駅を結ぶ総延長158kmの路線。1〜2両編成の気動車が中国山地の豊かな緑を割ってのんびり走っています。

その沿線にある美作江見駅は第一生命保険のテレビCMになったことでも知られる木造の駅です。
スポンサーリンク




津山からJR姫新線佐用行の普通列車に揺らること約30分、美作江見駅のホームに降り立ち列車が行ってしまうと辺りはしんと静まり返っていました。

美作江見駅は相対式2面2線ホーム。豊かな緑を背景に趣のある木造の駅舎がたたづんでいました。


美作江見駅が開業したのは姫新線の美作江見〜東津山間が結ばれた昭和9年(1934年)のこと。

それから年月を重ねほぼ開業当時の姿を現在もとどめています。

IMG_0665.JPG
△JR美作江見駅に到着するJR姫新線の普通列車

駅舎は木造平屋建て。屋根は瓦葺き切妻屋根で壁は下見板張りです。

待合室は壁際のベンチや出入り口戸をはじめ木造。昭和初期の風情が漂い、まるで時間が止まってしまったようです。
スポンサーリンク




<第一生命保険のCMになった美作江見駅>

美作江見駅は2012年、第一生命保険のCM「知っておきたいこと 風景」に登場し話題になりました。

△美作江見駅が登場した第一生命保険のCM

通勤、通学客が行き来する美作江美駅。東京へで出かける家族を見送る老夫婦の姿もあります。

シンガーソングライターの星野源さんが書き下ろしたゆったりしたムードの楽曲とともに「大切な人の、安心のために。知っておいていただきたいこと」のメッセージが表示されます。

この第一生命保険のCMは約30秒。終わる間際に、JR姫新線の列車がホームに入線してきます。

木造駅舎の美作江見駅と背景の山々、人々の日常生活が調和するなんとも心温まるCMです。

美作江見駅の周辺

美作江見駅の周辺は旧作東町の中心地。駅の周辺には古びた家々が連なっています。まちには清流吉野川が流れ、田畑が連なる風景が展開します。

のんびりとた田舎の景観。駅から徒歩40分ほど歩けば高台に、バレンタインパーク作東の建物がそびえています。

バレンタインパーク作東は宿泊施設(作東バレンタインホテル)、芸術センター、図書館などを備えた地域の憩いの場となっています。


スポンサーリンク

JR特急列車に乗車する場合、みどりの窓口などで事前に座席指定券を予約しておくと便利。