IMG_2191.JPG 
鉄道で普通列車の旅が好きな人にとって、快速列車や普通列車が乗り降り自由になる「青春18きっぷ」は有名。

一方、あまり知られていないのが、「秋版の青春18きっぷ」ともいえる「秋の乗り放題パス」の存在です。
スポンサーリンク




JRが発行する「秋の乗り放題パス」は日本全国のJR各線の快速列車普通列車の自由席および宮島フェリー・BRTが3日間乗り降り自由となる、青春18きっぷの秋版ともいえる企画切符です

そんな「秋の乗り放題パス」が2015年秋にも発売されることがJRにより発表されています。

以下、「秋の乗り放題パス」についてまとめてみました。


<2015「秋の乗り放題パス」の情報>

IMG_5913.JPG

(2015年の利用期間および発売期間)
利用期間:2015年10月3日(土)〜10月18日(日)の連続する3日間
発売期間:2015年9月19日(土)〜10月16日(日)

青春18きっぷよりも利用期間が短く「連続する3日間」という使用条件がついているのが「秋の乗り放題パス」の特徴です。

(有効期間)
「秋の乗り放題パス」の有効期間は使用開始日から「連続する3日間」です。例えば10月5日から使用する場合は、10月5・6・7日が有効期間となります。

時間については、0時から翌日0時を過ぎて最初の駅に停車する駅まで有効(※東京・大阪の電車特定区間内は終電車まで有効)でその点は青春18きっぷと同じです。
スポンサーリンク




(値段)
7710円(子供3850円)
青春18きっぷと違って子供用の値段設定もなされています。大人用の値段で1日あたりに換算すると1日あたり2570円となり、青春18きっぷよりも若干割高ということになります。

IMG_1615.JPG

(利用の条件)
「秋の乗り放題パス」は複数人数で利用することはできません。その点は、青春18きっぷと異なっています。

(利用できる列車)

「秋の乗り放題パス」で利用できる列車は基本的に青春18きっぷと同じです。全国のJR快速および普通列車の自由席に乗ることができます。

また、宮島航路、BRTも乗車(乗船)可。なお、普通・快速列車指定席に乗車する場合は座席指定券が別途必要で、グリーン車自由席はグリーン券が別途必要となります(グリーン車指定席では使用できません)

※特急列車・急行列車および新幹線には一部区間の例外を除いて使用できません。

(発売場所)
全国のJRの主要駅、JRの旅行センター、主要旅行会社

(まとめ)
「秋の青春18きっぷ」ともいわれるJR「秋の乗り放題パス」。

2015年の利用期間(2015年10月3日(土)〜10月18日(日)の連続する3日間)には、2015年10月は10月10日(土)〜12日(月)の3連休も含んでいます。

3連休を活用して紅葉見物など、鈍行列車の旅に出かけてみるのもよさそうですね。


スポンサーリンク

JR特急列車に乗車する場合、みどりの窓口などで事前に座席指定券を予約しておくと便利。