IMG_8135.JPG兵庫県新温泉町の浜坂は浜坂漁港を有するまち。松葉ガニやホタルイカ水揚げ日本一のまちとしても知られます。
スポンサーリンク




また、マリンリゾートのメッカで、夏は浜坂県民ビーチや居組サンビーチはじめ海水浴客たちが全国津々浦々から集まってきます。

そんな浜坂にあるJR浜坂駅から鳥取方面に向かう約32.4kmの列車の旅。

(車両)

JR山陰本線(浜坂〜鳥取間)には、キハ126・121系気動車、キハ47系気動車などが普通列車として活躍しています。
IMG_8230.JPG
キハ126・121系は、ステンレスの車体に、山陰の海をイメージした赤と青のラインが入っています。
スポンサーリンク




座席は、ブラウンを基調にしたボックスシートをベースに車端部はロングシート。暖かみを感じさせる色彩で統一されています。

ワンマン運転にも対応できるよう、車両の先頭部には運賃箱や運賃表示機も設置されています

全駅浜坂〜鳥取
JR浜坂駅、JR諸寄駅、JR居組駅、JR東浜駅、JR岩美駅、JR大岩駅、JR福部駅、JR鳥取駅、

列車時刻表)JR山陰本線の時刻表はこちら


(乗車記)
JR浜坂駅に停車していたのは。JR西日本が山陰地方の高速化事業で投入したキハ126・121系気動車。ボックス席に腰をかけているとしばらくして列車は発車。
IMG_8063.JPG
軽やかなリズムを刻ませて加速していきトンネルへ入りました。

トンネルを抜けると、右車窓には黒瓦と石州瓦混じりの家々が並び、その向こうに日本海が顔をのぞかせました。

諸寄海水浴場の最寄り駅であるJR諸寄駅を過ぎると、田んぼやまちなみの中を抜けて再び山の中に入りその中腹にあるJR居組駅に停車。

JR居組駅からは再びトンネルをくぐって緑のなかをいき、右車窓には日本海が再び映しだされました。

瓦屋根の家々を見おろしながらしばらく走るとJR東浜駅。JR東浜駅は海まで徒歩20秒ほどの近さ。
IMG_8072.JPG
JR東浜駅を出ると、車窓には広大な日本海が広がりました。

砂浜に打ち寄せる波、砂浜に沿って並ぶ松林・・日本海沿岸ならではの旅情を感じさせてくれました。

しばらく海景を車窓に映しながら列車は緑のなかへ。海が遠のき次は田畑が広がり始めます。

瓦屋根を冠したJR岩美駅は、富浦海岸の最寄り駅。富浦海岸は日本海沿岸で最も美しいとも称される海岸で、その海域はなんと水深25mもの透明度を誇ります。

その海域を船で楽しめる富浦海岸遊覧船も大人気。またJR岩美駅からバスで10分ほど走ると、「湯かんむり」の風習が残る山陰最古の温泉「岩井温泉」も湧いていきます。
(楽天トラベル)岩井温泉の温泉宿を探す

IMG_8095.JPG
JR岩美駅からは、鳥取行普通列車は、山と山に挟まれた開けた農地を走り、車道をくぐって川を渡ります。

JR大岩駅からは広大な豆畑見下ろしながら高台にあがっていき、緑に入りトンネルへ。

葦の群生を過ぎるとJR福部駅。山際の高台から田畑や家々を見下ろし走っていくと、前方より鳥取市内の街並みがうっすらと見えてきました。


スポンサーリンク

JR特急列車に乗車する場合、みどりの窓口などで事前に座席指定券を予約しておくと便利。