IMG_4006九州横断特急.JPG
△別府〜熊本・人吉間を結ぶJR九州の特急「九州横断特急」

「特急 九州横断特急」は大分県のJR別府駅と熊本県のJR人吉駅を結ぶJR九州(九州旅客鉄道)の特急列車です。
スポンサーリンク




その壮大なスケールの列車名どおり「特急 九州横断特急」は九州のほぼどまん中を横断していきます。

JR九州の「特急 九州横断特急」の車両にはキハ185系気動車が主に使われています。「火の国」と称される熊本県のイメージにぴったりの真っ赤なボディ。

車内は一変して、まるで森林のような木目調の色彩でまとめられています。座席のシートのモケットはモスグリーン。テーブルやひじ掛け、棚など木が多用されている癒しの空間です。

JR九州の「特急 九州横断特急」は通常期は自由席車両1両と指定席車両1両の計2両編成で運転。グリーン車は連結されていません。
スポンサーリンク




なお、「特急 九州横断特急」は特急列車としては珍しく、多客時を除いてワンマン運転がなされています。
「特急 九州横断特急」が発着するのは、日本最大級の温泉「別府温泉」の最寄り駅であるJR別府駅。別府湾を左車窓に映しだしながらJR大分駅まではJR日豊本線を走ります。

JR大分駅を出ると、「特急 九州横断特急」はJR豊肥本線に入り阿蘇高原をひた走っていきます。滝廉太郎のふるさとである豊後竹田駅を過ぎ、豊かな緑を力強く貫いていきます。
IMG_3993.JPG
△JR大分駅に停車するJR九州の特急列車「九州横断特急」

大きく蛇行した後JR宮地駅あたりから草原地帯が車窓に連なります。中央に活火山の阿蘇山を有するカルデラ地帯を横切っていくのです。

勾配が急で、JR立野駅は全国的にも珍しい三段式スイッチバック駅。その急こう配を「特急 九州横断特急」はジグザグに走ることで克服していきます。

JR熊本駅では進行方向が変わり、JR新八代駅までJR鹿児島本線を走り、JR肥薩線に入ります。JR八代駅あたりからはゆったりとした球磨川の流れを車窓に映しだしながら、JR九州の「特急 九州横断特急」は終点のJR人吉駅のホームに滑り込みます。

JR別府駅〜JR人吉駅間の所要時間は約4時間50分です。
IMG_3991.JPG
△JR九州の特急「九州横断特急」は普通車(自由席、指定席)の2両編成

<特急 九州横断特急 DATA>

九州横断特急の時刻表

・別府駅の時刻表・大分駅の時刻表・熊本駅の時刻表・人吉駅の時刻表

九州横断特急の停車駅
JR別府駅、JR大分駅、JR三重町駅、JR緒方駅、JR豊後竹田駅、JR宮地駅、JR阿蘇駅、JR立野駅、JR熊本駅、JR新八代駅、JR人吉駅

オトクなきっぷ

阿蘇のんびりきっぷ
・・JR往復券・特急指定席+フリー区間(JR立野駅〜JR宮地駅)乗り降り自由
※フリー区間は特急自由席に乗り降り自由
※有効期間:5日間(熊本発は3日間)
※「あそぼーい」パノラマシート、白いくろちゃんシート利用は別途指定料金(720円)要
※値段:北九州市内11930円、福岡市内9260円、熊本3090円ほか


霧島のんびりきっぷ
・・JR鹿児島中央駅までのJR往復(指定席)+フリー区間乗り降り自由

※片道は肥薩線を経由すること
※フリー区間:JR新八代駅〜JR人吉駅〜JR隼人駅、JR鹿児島中央駅〜霧島神宮駅

※フリー区間は指定席が利用できる

※JR小倉駅〜JR博多駅の山陽新幹線は利用不可

※「SL人吉」乗車の場合は別途座席指定券(大人820円)要

※「あそぼーい」パノラマシート、白いくろちゃんシート利用は別途指定料金(720円)要

※値段:北九州市内16460円、福岡市内15430円ほか


※オトク切符の情報は変更になることもあります。詳細はJR九州にお問い合わせください
スポンサーリンク

JR特急列車に乗車する場合、みどりの窓口などで事前に座席指定券を予約しておくと便利。

井上晴雄 絵画作品集〜心を癒す日本の旅風景〜