IMG_7892.JPG
△東武鉄道の臨時特急列車きりふり号

東武鉄道には数種類の有料特急が走っています。そのうちのひとつに「特急きりふり号」があります。定期列車としては、平日下りに浅草駅〜春日部・南栗橋駅間に運行されていますが、行楽シーズンは臨時特急として東武日光まで運転されています。「きりふり」という列車名は、栃木県の観光名所である日光国立公園内の霧降高原・霧降の滝に由来しています。

臨時特急きりふり号の車両には、300系・350系車両が主に使われています。こちらはかつて「急行りょうもう号」として活躍していた1800系を改造した車両。ジャスミンホワイトを基調に、サニーコーラルオレンジとパープルルビーレッドの帯が施された明るい雰囲気のボディー。

その車内は昭和を感じさせるムードです。今どきの特急列車には珍しく、全席回転式クロスシートでリクライニングはしません。また、シートピッチも960oとやや狭めで設備も折り畳みテーブルとドリンクホルダーくらい。急行りょうもう号の旧車両を改造しただけに、ひと昔前の国鉄特急を思わせる昭和ムードが漂っているのです。ですから、人によって好き好みが分かれる車両だといえるかもしれません。なお、有料特急列車でありながら設備面が昭和仕様であることから、同線を走る特急スペーシアよりも特急料金は若干安めに設定されています。
IMG_7708.JPG
△東武鉄道の臨時特急列車きりふり号の座席
浅草駅を出発した東武日光行の臨時特急きりふり号は、高架を走り、隅田川の流れをゆっくり渡っていきます。程なくして左車窓には世界一の高さ(634m)を誇る電波塔「東京スカイツリー」が迫ってきます。間近を走るのですごい迫力です。北千住駅を出ると臨時特急きりふり号は複々線を走り、次第にスピードを加速させていきます。埼玉県に入り、越谷市、春日部市の住宅街を抜け、栗橋駅を出ると利根川を渡ります。栃木県に入ると車窓には次第に緑が多くなっていきます。渡良瀬緑地のへりを走り大平山の山容が見えてくると栃木駅。下今市駅を出ると杉木立と鬼怒川の流れに沿って走り、臨時特急きりふり号は東武日光駅に到着します。
浅草〜東武日光間には特急きりふり以外には、スペーシア車両の特急けごん号や、観光列車の特急スカイツリートレインも走っています、

IMG_755日光東照宮6.JPG
△豪華絢爛な建築物が連なる日光東照宮

終点の東武日光駅から世界遺産の「日光の社寺付近」のエリアへは、駅前から発着している世界遺産バスで約10分。日光の社寺のなかで最も知られている日光東照宮は、1617年(元和3年)に徳川家康を祭神としてこの秀忠が立てた社。絢爛豪華な建築物の数々や、「眠り猫」ほか施された精巧な彫刻など見どころです。

臨時特急きりふり号 DATA>
IMG_7900.JPG
(東武特急の時刻表)時刻表 (料金)特急料金・運賃 

(楽天トラベル)日光の四季かなでる宿 森のうた
・・ゆばはじめ、地元産食材にこだわった宿。日光東照宮まで車で約1分

(停車駅)浅草駅、とうきょうスカイツリー駅、北千住駅、春日部駅、栃木駅、新栃木駅、新鹿沼駅、下今市駅、東武日光駅

鉄道をつかった旅にはさまざまな魅力があります

スポンサーリンク

JR特急列車に乗車する場合、みどりの窓口などで事前に座席指定券を予約しておくと便利。

井上晴雄 絵画作品集〜心を癒す日本の旅風景〜

JR特急電車や新幹線を使った列車旅はスピードと快適さが魅力です。ゆったりとしたリクライニングシートに腰かけて楽な姿勢を取りながら、静かで優雅な旅を楽しめることでしょう。停車駅も少なく、次々と車窓風景が変わっていきます。足早に目的地に到着し観光やビジネスに時間をたっぷりとれるというのも、JR特急列車や新幹線を利用するメリットです。一方、鈍行列車を使った列車旅にはまた違った趣があります。レールの軋みに合せてゆっくり車窓風景が展開していきます。小まめに停車する駅では沿線の学生やサラリーマンたちが乗り降りし、会話が聞こえてきます。そこには地域の文化をや気質が見え隠れしてそこにも面白さがあります。
スポンサーリンク
鉄道を使った旅には、目的地にたどり着く交通手段としてだけではなく、地域の人々や四季の風物を味わえる物語が展開しているような気がします。