「特急白いかもめ号」、は福岡県の博多駅から、JR鹿児島本線、JR長崎本線経由で長崎駅へアクセスするJR九州(九州旅客鉄道)の特急列車です。車両には、真っ白い車体が印象的な885系特急型車両が使われています。885系特急型車両は振り子式車両で、カーブの多いJR長崎本線もスピーディーに走行することができます。営業最高速度は時速130kmです。

IMG_博多〜長崎を結ぶ、JR九州885系「特急白いかもめ号」車両
△博多〜長崎を結ぶ、JR九州885系「特急白いかもめ号」車両

JR九州885系「特急白いかもめ号」は6両編成で運行されています。1号車の半室がグリーン車で、1号車の残り半室と2〜3号車は普通車指定席、4〜6号車が普通車自由席になっています。

そのデザインは、「豪華列車ななつ星」や「或る列車」などのデザインでも知られる水戸岡鋭治氏主宰のドーンデザイン研究所が手がけています。天然木を使った床のフローリングや、黒本革のリクライニングシートなど自然素材が多用されているのが特徴。コモンスペースはアートギャラリーになっていて書やイラストが展示されています。
JR九州885系「特急白いかもめ号」の普通車(指定席・自由席)の座席は2+2列配置でシートピッチ980o。全席は本革のリクライニングシートで、一見するとグリーン車と見間違えそうなほど高級感が漂っています。グリーン車は定員12名の全席1人掛けシート。より分厚い黒い本革シートでさらに高級感が漂っています。シートピッチは1150mmとゆったり。白木のテーブルも設置されてます。

IMG_黒い本革が使われているJR九州885系「特急白いかもめ号」普通車の座席
△黒い本革が使われているJR九州885系「特急白いかもめ号」普通車の座席

福岡県一のターミナル駅である博多駅を出発したJR九州885系「特急白いかもめ号」は、JR鹿児島本線の線路を南下していきます。筑紫平野をスピードを加速しながら駆け抜け、鳥栖駅からはJR長崎本線に入ります。右手に弥生時代の環濠集落跡である「吉野ヶ里遺跡」が見えると、吉野ケ里公園駅を通過。佐賀駅を出ると、クリークが連なる佐賀平野の風景が、肥前鹿島駅を過ぎるあたりからは、有明海が広がります。海岸沿いに走っていくと、海の先には雲仙岳の山容も姿を現します。諫早駅を出るとトンネルの数々抜けていき、浦上駅を経て、JR九州885系「特急白いかもめ号」は終点の長崎駅に到着します。
(長崎夜景 稲佐山) 042.jpg
△稲佐山からの長崎夜景

長崎市内には、幕末外国人居留地の「グラバー園」や1000万ドル夜景を楽しめる「稲佐山展望台」、明治日本の産業革命遺産「軍艦島」など、観光名所が点在しています。

JR九州885系「特急白いかもめ号」DATA>
IMG_24黒い本革が使われているJR九州885系「特急白いかもめ号」35.JPG
(時刻表)JR九州の時刻表 http://www.jrkyushu.co.jp/fare/index.jsp

(楽天トラベル)ガーデンテラス長崎ホテル&リゾート
・・稲佐山の中腹に立ち、長崎夜景が美しい宿。長崎ならではの旬の海山の食材を使った料理も好評。

(停車駅)博多駅、二日市駅、鳥栖駅、新鳥栖駅、佐賀駅、肥前山口駅、肥前鹿島駅、諫早駅、浦上駅、長崎駅

鉄道をつかった旅にはさまざまな魅力があります

スポンサーリンク

JR特急列車に乗車する場合、みどりの窓口などで事前に座席指定券を予約しておいたり、時刻表を片手に停車駅や時間を調べておくと便利ですよ。

井上晴雄 絵画作品集〜心を癒す日本の旅風景〜

(PR)【JTB】国内宿泊・ツアーはJTBにおまかせ!

JR特急電車や新幹線を使った列車旅はスピードと快適さが魅力です。ゆったりとしたリクライニングシートに腰かけて楽な姿勢を取りながら、静かで優雅な旅を楽しめることでしょう。停車駅も少なく、次々と車窓風景が変わっていきます。足早に目的地に到着し観光やビジネスに時間をたっぷりとれるというのも、JR特急列車や新幹線を利用するメリットです。一方、鈍行列車を使った列車旅にはまた違った趣があります。レールの軋みに合せてゆっくり車窓風景が展開していきます。小まめに停車する駅では沿線の学生やサラリーマンたちが乗り降りし、会話が聞こえてきます。そこには地域の文化をや気質が見え隠れしてそこにも面白さがあります。
スポンサーリンク
鉄道を使った旅には、目的地にたどり着く交通手段としてだけではなく、地域の人々や四季の風物を味わえる物語が展開しているような気がします。
全国の新幹線・特急券をネットで簡単予約・・パソコンやスマホで新幹線・特急券を簡単予約