IMG_6736.JPG
「サンライズ瀬戸」「サンライズ出雲」は東京と山陰・四国を結ぶ寝台特急列車です。22時に東京駅を出発して、岡山駅までは連結した形で走行し、切り離された後はそれぞれ香川県の高松駅・琴平駅、島根県の出雲市駅へと向かいます。

スポンサーリンク



飛行機の最終便よりも遅い時刻に東京を後にし、始発便よりも早く到着する列車。それだけに、週末を使って比較的早い時刻から四国観光や出雲大社詣でを楽しみたいという層に特に人気があります。

その一方、意外なところでは、「サンライズ瀬戸」「サンライズ出雲」は九州観光にも便利だという声もあります。岡山駅に早朝に到着して九州方面に向かう新幹線とうまい具合で乗り継げるからです。


寝台特急列車は「サンライズ瀬戸」「サンライズ出雲」は2018年ダイヤでは岡山駅には6:27分に到着します。その時間帯で山陽新幹線の時刻表を調べてみると、岡山駅で6:51発の新幹線みずほ601号に乗り換えることができます。
IMG_6737.JPG
新幹線みずほ601号は岡山駅を6:51に出発すると広島駅に7:25、小倉駅8:11、博多駅8:28、熊本駅9:02と停車していき、終点の鹿児島中央駅には9:46に到着します。



終点まで行った場合、鹿児島で観光をした後、鹿児島中央駅18:29発さくら572号に乗車すれば、21:59に岡山駅に到着します。

スポンサーリンク



(サンライズ瀬戸・出雲は車内販売がないため)お弁当やドリンクなどを岡山駅構内で買うとして、22:34発東京行のサンライズ瀬戸・出雲号に乗りこめば、7:08に東京に戻ることができるというわけです。
IMG_7004.JPG
寝台特急サンライズ瀬戸・出雲は飛行機や新幹線と比べると移動に時間がかかるわけですが、横になってゆったり休むことができるというメリットがあります。ちょうどホテル代わりになるというわけです。

睡眠をとったり、読書をしたり流れる夜景を眺めたり・・軽やかなレールの軋みを聴きながらリラッスして自由に過ごす時間も旅だと考えると、非常に有意義な活用法なのかもしれません。


スポンサーリンク

JR特急列車に乗車する場合、みどりの窓口などで事前に座席指定券を予約しておくと便利。

 タグ