JR四国(特急列車・観光列車)のカテゴリ記事一覧

日本全国いざ鉄道の旅へ!
スポンサーリンク
事前に車窓の見どころや座席配置、時刻表など調べておくと列車旅をより快適に楽しめることも
スポンサーリンク
JR新幹線、特急列車、快速列車、普通列車、寝台列車など日本全国には数多くの鉄道車両が走っています。各車両にはそれぞれの個性があります。JRの特急列車や新幹線など鉄道を使って旅をするとき、ネットでの予約も活用したいところ。例えば駅探「新幹線で行く、休日の旅」は新幹線往復チケットとホテルがセットになった割引プラン。ネットを活用してひとりから申し込むことができます。
  • ホーム
  • »
  • JR四国(特急列車・観光列車)

カテゴリ:JR四国(特急列車・観光列車)

JR四国(特急列車・観光列車)のカテゴリ記事一覧。JR特急列車や北陸新幹線ほか新幹線、JR快速・普通列車、私鉄など鉄道をつかった「列車の旅行」をテーマにしたブログ。停車駅、座席、時刻表、沿線の観光、駅弁、駅そば、駅舎他

JR四国(特急列車・観光列車)
△岡山〜高知方面を結ぶJR四国(四国旅客鉄道)の特急南風2000系特急南風(2000系)は、岡山と高知方面(高知・中村・宿毛)を結ぶJR四国(四国旅客鉄道)の特急列車で…

記事を読む

JR四国(特急列車・観光列車)
△岡山〜松山間を結ぶJR四国の特急列車「しおかぜ号」(8600系車両)8600系電車はJR四国(四国旅客鉄道)が2014年に投入した特急型電車です。岡山(岡山県)〜松山(愛媛…

記事を読む

JR四国(特急列車・観光列車)
△高松駅に停車する特急いしづち(手前)インバウンドで鉄道利用による四国への観光客が増加していることもふまえ、JR四国では特急列車や特急列車および主要駅で無料公衆…

記事を読む

IMG_2183JR四国しおかぜ8000系.JPG岡..

JR四国(特急列車・観光列車)
岡山と松山(愛媛県松山市)を結ぶのがJR四国の「特急しおかぜ」です。カーブを高速で通過できる振り子式の8000系などが「特急しおかぜ」の車両に使われています。スポ…

記事を読む

IMG_高松~松山を結ぶ新型車両(8600系)「特急いしづち号」△..

JR四国(特急列車・観光列車)
△高松〜松山を結ぶ新型車両(8600系)「特急いしづち号」特急いしづち号は、香川県の高松駅からJR予讃線を経由して、愛媛県の松山駅までを結ぶJR四国(四国旅客鉄道)の…

記事を読む

IMG_31国鉄晩年に登場した、キハ185系特急形車両38.JPG△..

JR四国(特急列車・観光列車)
△国鉄晩年に登場した、キハ185系特急形車両JR特急ホームエクスプレス阿南号は、徳島県の徳島駅〜阿南駅間24.5kmを結ぶJR四国(四国旅客鉄道)の特急列車です。スポンサ…

記事を読む

IMG_JR四国(四国旅客鉄道)の新型特急車両8600系
△..

JR四国(特急列車・観光列車)
△JR四国(四国旅客鉄道)の新型特急車両8600系 特急しおかぜ号は、岡山駅からJR瀬戸大橋線、JR予讃線を経由して、愛媛県の松山駅までを結ぶJR四国(四国旅客鉄道)の特…

記事を読む

IMG_6088.JPGJ..

JR四国(特急列車・観光列車)
JR四国の「特急あしずり号」に使用されている2000系特急形気動車特急あしずり号は、高知駅から土讃線・土佐くろしお鉄道を経由して、中村・宿毛駅へ向かうJR四国(四国…

記事を読む

IMG_徳島駅 JR四国の特急列車「剣山号」(185系特急型車両)△..

JR四国(特急列車・観光列車)
△徳島〜阿波池田を結ぶ、JR四国の特急列車「剣山号」(185系特急型車両)「特急剣山号」は徳島県の徳島駅からJR高徳線、JR徳島線、JR土讃線を経由して阿波池田駅までを…

記事を読む

IMG_185系特急型気動車の車両3135.JPG△..

JR四国(特急列車・観光列車)
△JR特急むろと号に使用されている185系特急型気動車の車両「特急むろと号」は徳島県の徳島駅と牟岐駅間の67.7kmを結ぶJR四国の特急列車です。JR特急むろと号の車両には…

記事を読む

【JR四国】特急南風(2000系)グリーン車の座席表(座席配置図)とシートの特徴


IMG_9966岡山〜高知方面を結ぶJR四国(四国旅客鉄道)の特急南風2000系.JPG
△岡山〜高知方面を結ぶJR四国(四国旅客鉄道)の特急南風2000系

特急南風(2000系)は、岡山と高知方面(高知・中村・宿毛)を結ぶJR四国(四国旅客鉄道)の特急列車です。2018年現在、主役として活躍している2000系車両は1989年に運行をスタートしました。
スポンサーリンク


カーブの多いJR土讃線でもスムーズに走れるよう、世界初の振り子式気動車としてデビュー。1990年には鉄道友の会ローレル賞を受賞しました。最高運転速度は120kmです。
KIMG3156特急南風2000系車両1号車/グリーン車指定席の座席表(座席配置表).JPG
△特急南風2000系車両1号車/グリーン車指定席の座席表(座席配置図)

特急南風(2000系車両)1号車の半室がグリーン車になっています。
スポンサーリンク


グリーン車は2列+1列の座席配置で、座席数は全18席。
IMG_9962グリーン車指定席の大型シートが並ぶ特急南風1号車半室.JPG
△グリーン車指定席の大型シートが並ぶ特急南風1号車半室

グリーン車指定席の座席シートは大きくて身体をすっぽりうずめるような感覚で列車旅を楽しめます。シートピッチも1170oとゆったり。普通車のシートと比べて20pほど長めに間隔がとられています。

特急南風に岡山から乗車した場合、グリーン車のある1号車は先頭車両ということになります。ですから、瀬戸大橋が前方から迫ってくるさまを他の車両よりワイドに楽しむことができます。

【JR四国】特急しおかぜ号(8600系車両)グリーン車指定席の座席表(座席配置図)とグリーン車シートの特徴

IMG_003岡山〜松山間を結ぶJR四国の特急列車「しおかぜ号」(8600系車両)2.JPG
△岡山〜松山間を結ぶJR四国の特急列車「しおかぜ号」(8600系車両)

8600系電車はJR四国(四国旅客鉄道)が2014年に投入した特急型電車です。岡山(岡山県)〜松山(愛媛県)間を結ぶ特急しおかぜ号や高松〜松山間を結ぶいしづち号に主に使用されています。
スポンサーリンク


車両のコンセプトは「レトロフューチャー」。最先端の機能を備えた先進性のほか、蒸気機関車のような先頭部の形状はじめノスタルジックさも感じさせてくれる車両です。

外観には愛媛県特産のみかんをイメージさせるオレンジを用いた明るい色調を用いているのも特徴的。

特急しおかぜ号(8600系車両)のグリーン車指定席は1号車(下り列車の場合、先頭車両)の半室に設けられています。座席数は全12席です。特急しおかぜ号(8600系)1号車の座席番号表はこちら。緑の蛍光ペンで囲っている領域が、グリーン車指定席エリアです。
KIMG3153グリーン車がある特急しおかぜ号(8600系)1号車の座席番号表.JPG
△グリーン車指定席がある特急しおかぜ号(8600系)1号車の座席表(座席配置図)

グリーン車指定席の座席は2列+1列の配置でシートピッチ1170oとゆったりしています。
スポンサーリンク


アースカラーのブラウンを基調にした落ち着いた空間に床はカーペット敷き。シートはディープレッドをベースにした色彩にまとめられていて重厚感があります。ちなみにこのディープレッドは、四国の豊潤な自然の恵みがイメージされているのだそうです。
IMG_000重厚な雰囲気がする特急しおかぜ号(8600系)グリーン車指定席の座席7.JPG
△重厚な雰囲気がする特急しおかぜ号(8600系)グリーン車指定席の座席


グリーン車指定席の座席には、電動レッグレスト、可動式枕、収納式テーブル、ドリンクホルダー、電源コンセントなどを完備。電源コンセントは各座席のひじ掛けに設けられていて、パソコンやスマホの充電に活用することができます。

レッグレストをあげると、座面が上昇してゆりかごのなかにような感覚を味わえるのも特急しおかぜ(8600系)グリーン車座席の特徴です。グリーン室と普通室の間の仕切り部分には荷物置き場も設けられています。

なお、8600系特急型車両は、空気ばね式車体傾斜機能が採用。傾斜でカーブをきるときに空気ばねを上昇させることで遠心力を解消。横揺れを緩和する仕組みがとられているので揺れが少ないという特徴もあります。

JR四国「特急しおかぜ」「特急いしづち」および主要駅に無料WIFIサービスを順次導入へ


IMG_6435高松駅に停車する特急いしづち.JPG
△高松駅に停車する特急いしづち(手前)

インバウンドで鉄道利用による四国への観光客が増加していることもふまえ、JR四国では特急列車や特急列車および主要駅で無料公衆無線LAN(Wi−Fi)サービスを導入していく方針を発表しました。

スポンサーリンク


特急列車としては、まずはJR予讃線を走る「特急しおかぜ」(岡山〜松山)「特急いしづち」(高松〜松山)(8000系、8600系)の一部車両が対象。

2018年8月1日より順次、無料公衆無線LAN(Wi−Fi)サービスの導入を該当車両において進め、年末までは全編成での導入を目指すとのこと。
IMG_7090.JPG
△特急いしづちの車内

無料WIFIを利用できる車両については無料公衆無線LAN(Wi−Fi)サービスのステッカーを張り出すことで利用可否の判別が行えるとのこと。

スポンサーリンク


なお、駅については、既にコンビニや自治体による無料WIFIサービスが設置されている駅以外の主要駅が対象。

特急列車が停車する駅を中心に以下の16駅において、無料公衆無線LAN(Wi−Fi)サービスが2018年7月14日よりサービスが利用できるようになります。

JR予讃線:多度津駅、詫間駅、観音寺駅、川之江駅、伊予三島駅、壬生駅、伊予北条駅、伊予市駅、伊予大洲駅

JR土讃線:大歩危駅、後免駅、窪川駅

JR高徳線:栗林駅、屋島駅、志度駅

JR牟岐線:阿南駅


今回のJR四国が発表においては、「特急しおかぜ」「特急いしづち」の一部車両で利用できるようになることが特に大きいと思います。これからそれ以外の列車車内でも導入という動きになっていくことでしょうから。

列車内でのスマホユーザーも多くいます。無料WIFIを利用できるエリアが拡大することで利便性が高まりそうです。

特急しおかぜ(岡山ー松山)JR四国|時刻表・座席の予約・停車駅

IMG_2183JR四国しおかぜ8000系.JPG

岡山と松山(愛媛県松山市)を結ぶのがJR四国の「特急しおかぜ」です。カーブを高速で通過できる振り子式の8000系などが「特急しおかぜ」の車両に使われています。
スポンサーリンク




岡山駅を出発した「特急しおかぜ」は岡山市内の市街地を車窓に映しながら南下していきます。

鷲羽山のふもとに位置する児島駅からトンネルをくぐり、その暗闇から出ると、列車は海上へ。瀬戸大橋を渡っていきます。

瀬戸大橋で列車が走る地点は海上から65m。橋梁の隙間からは、紺碧の瀬戸内海と塩飽諸島の島々が美しく展開します。

瀬戸大橋をわたりきると、有馬富士(飯野山)をかすめて「特急しおかぜ」は宇多津駅へ。予讃本線に入ります。
スポンサーリンク




車窓には時折瀬戸内海を映し出しだながら、列車は西へ向かって走っていきます。

観音寺、川之江、伊予三島、新居浜、伊予西条と過ぎ、左車窓に四国一の標高を誇る石鎚山の山容を映し出しながら列車は「しまなみ海道」の起点である今治駅へ。

造船やタオルで知られた街並みを眼下に見下ろし、今治からは堀江湾に沿って「特急しおかぜ」は南西へと走ります。

岡山を出てから約2時間40分ほど。「特急しおかぜ」は終点の松山駅に到着します。

◇「特急しおかぜ」の予約はこちら
◇「特急しおかぜ」の時刻表・停車駅はこちら

(地図)JR四国の「特急しおかぜ」が通る、瀬戸大橋の場所


JR四国の特急しおかぜの停車駅)(岡山ー松山

岡山駅=児島駅=宇多津駅=丸亀駅=多度津駅=詫間駅=観音寺駅=川之江駅=伊予三島駅=新居浜駅=伊予西条駅=壬生川駅=今治駅=伊予西条駅=松山駅

(ツアー情報)JRで行く国内ツアーをJTBで探す

(新型車両)JR四国8600系「特急いしづち号」(高松〜松山|停車駅、車両、座席ほか)

IMG_高松〜松山を結ぶ新型車両(8600系)「特急いしづち号」
△高松〜松山を結ぶ新型車両(8600系)「特急いしづち号」

特急いしづち号は、香川県の高松駅からJR予讃線を経由して、愛媛県の松山駅までを結ぶJR四国(四国旅客鉄道)の特急列車です。
スポンサーリンク



「いしづち」という列車名は、愛媛県の西条市・久万高原町にまたがり立つそびえる最高峰の山「石鎚山」に由来しています。

JR四国(四国旅客鉄道)の特急いしづち号には、数種類の車両が使われていますが、平成26年には新型車両8600系車両が導入されました。

新型車両の8600系車両は、JR四国を走る従来の特急型車両と比較しても、とりわけエキゾチックで洗練された雰囲気の漂う車両。まるで外国を走る列車のようです。

そのコンセプトは「レトロフューチャー」。前世紀の近未来的デザインが盛り込まれています。

スポンサーリンク



» 続きを読む

JR四国のキハ185系「特急ホームエクスプレス阿南号」(徳島駅〜阿南駅)|停車駅、座席、車両ほか

IMG_31国鉄晩年に登場した、キハ185系特急形車両38.JPG
△国鉄晩年に登場した、キハ185系特急形車両

JR特急ホームエクスプレス阿南号は、徳島県の徳島駅〜阿南駅間24.5kmを結ぶJR四国(四国旅客鉄道)の特急列車です。
スポンサーリンク




2008年に登場し、以降、沿線でホームライナー的な役割を果たしてきました。2016年現在は、夕方に1往復設定されています。

JR特急ホームエクスプレス阿南号の車両には、キハ185系特急型気動車が主に使われています。国鉄がJRに移行する少し前の時期(昭和61年)に導入された車両。

鉄道友の会「ローレル賞」を受賞した名車両で、当時は新型特急車両ともてはやされましたが、現在は老朽化が進んでいて昭和の香りを感じさせてくれます。

JR特急ホームエクスプレス阿南号は2両編成の運行。1号車の半室が普通車指定席、1号車の半室と2号車が普通車指定席になっています。
スポンサーリンク




全席リクライニングシートで、シートピッチは940oとJRの特急列車にしてはやや狭めか。先頭車両の運転席右後ろの座席は、座ったまま全面展望を楽しむことができるようになっています。

IMG_3116JR特急ホームエクスプレス阿南号の座席.JPG
△JR特急ホームエクスプレス阿南号の座席

» 続きを読む

JR四国8600系 特急しおかぜ号(岡山駅〜松山駅)|新型車両、停車駅、座席ほか

IMG_JR四国(四国旅客鉄道)の新型特急車両8600系
△JR四国(四国旅客鉄道)の新型特急車両8600系

 特急しおかぜ号は、岡山駅からJR瀬戸大橋線、JR予讃線を経由して、愛媛県の松山駅までを結ぶJR四国(四国旅客鉄道)の特急列車です。
スポンサーリンク




JR四国(四国旅客鉄道)といえば、平成26年6月に22年ぶりの新型特急電車として8600系車両が導入されました。特急しおかぜ号の一部にも8600系車両が活用されています。

JR四国(四国旅客鉄道)の新型特急車両8600系は、従来の車両とは一線を画し、外国の列車のようなエキゾチックな雰囲気のする車両。

そのデザインのコンセプトは「レトロフューチャー」。

前世紀の近未来デザインが表現されているそうです。車両にはJRの最新技術の粋が導入されていて、そのひとつに空気バネ式車体傾斜機構の採用があります。
スポンサーリンク




曲線の多いJR四国の路線でも速度を落とすことなく安全かつスムーズに走行することを実現。最高運転時速は130kmを誇ります。

» 続きを読む

JR四国の2000系「特急あしずり号」(高知〜宿毛駅)|停車駅、車両ほか

IMG_6088.JPG
JR四国の「特急あしずり号」に使用されている2000系特急形気動車

特急あしずり号は、高知駅から土讃線・土佐くろしお鉄道を経由して、中村・宿毛駅へ向かうJR四国(四国旅客鉄道)の特急列車です。
スポンサーリンク




「あしずり」という列車名は、高知県最南端に位置する足摺岬に由来。

もとは急行列車として走っていましたが、1990年に特急列車に格上げされました。JR特急あしずり号の車両には、2000系特急形気動車が主に使われています。

ステンレス製の車体に青色のストライプが施されてた車両で鉄道友の会「ローレル賞」も受賞した名車両でもあります。

なお、近年は、内装・外装にアンパンマンのキャラクターが描かれたアンパンマン列車で運転されることもあり。

営業最高速度は時速120kmで、急カーブでもスムーズに走行できるよう制御式振り子式車両になっています。
スポンサーリンク



» 続きを読む

徳島県を走るJR四国の「特急剣山号」(徳島駅〜阿波池田駅)|車両、座席、停車駅ほか

IMG_徳島駅 JR四国の特急列車「剣山号」(185系特急型車両)
△徳島〜阿波池田を結ぶ、JR四国の特急列車「剣山号」(185系特急型車両)

「特急剣山号」は徳島県の徳島駅からJR高徳線、JR徳島線、JR土讃線を経由して阿波池田駅までを結ぶJR四国の特急列車です。
スポンサーリンク




もともとは急行よしの川として運行されていた優等列車が、1996年に特急として格上げ。「特急剣山」として運行をスタートしました。

「剣山」という列車名は、石鎚山に次いで四国で二番目に高い山「剣山」(標高1995m)にちなんでいます。

JR四国の特急列車「剣山号」の車両には、185系特急型気動車が使われています。

185系特急型気動車は、まだJRが国鉄だった1986年に導入された車両。鉄道友の会「ローレル賞」を受賞し、当時としては新型車両ともてはやされました。

現在は老朽化が進み、ローカル線を走る特急列車として主に活用されています。運行速度は最高時速110kmです。
スポンサーリンク



» 続きを読む

徳島県東部を走るJR四国の「特急むろと号」(徳島駅〜牟岐駅)|停車駅、車両、座席ほか

IMG_185系特急型気動車の車両3135.JPG
△JR特急むろと号に使用されている185系特急型気動車の車両

「特急むろと号」は徳島県の徳島駅と牟岐駅間の67.7kmを結ぶJR四国の特急列車です。JR特急むろと号の車両には、185系特急型気動車が主に使われています。
スポンサーリンク




185系特急型気動車は、国鉄が分割民営化する少し前の1986年に導入された車両。どこかしら昭和の雰囲気が漂っています。

座席は全席リクライニングシートで、シートピッチは940mmと特急列車にしてはやや狭め。

運転席の右側最前列は、着席したまま全面展望を楽しむことができる構造になっています。JR特急むろと号には、全席自由席車両の列車と一部指定席の列車があります。
IMG_31JR四国 特急むろと号の座席16.JPG
△JR四国 特急むろと号の座席

スポンサーリンク



» 続きを読む

鉄道に乗って地方のまちにいくと、列車が一日数本しか走っておらず 待ちぼうけを余儀なくされることもしばしばあります。しかし、そこにも魅力があるような気がします。列車の待ち時間、駅の周辺を歩いて古い町並みや美しい花々を見つけたり、素朴な店に入って地域の味覚や文化の表象を見つけたり・・それは待ち時間があるからこそ発見できるちいさな幸せの数々であるような気がします。

スポンサーリンク

日本は地形の変化に富む島国であり、車窓には四季折々のさまざまな景色が展開します。紺碧の海、連なる桜並木、霧煙る深遠な山々、のどかな農村風景、歴史あるまちなみ、エメラルドグリーンの渓流、流れる夜景・・乗る路線によって展開する景色はそれぞれ違い、心に留まる風景を見つけるのも、鉄道旅の醍醐味であると感じます。

列車を使ったひとり旅のすすめ
気持ちが晴れないときは電車に揺られふらりとひとり旅をするというのもおススメです。日常生活から少し外に出てみることで、今まで見えなかったものが見えてくることがあるからです。レールの軋みに耳を澄ませ、車窓に流れる風景を眺めていると、それだけでも心が癒されます。

緑あふれる田畑や残雪の山並み、広大な海など眺めているうちに、人生を切り開くヒントが見えてくることもあるものです。また、温泉にゆっくり浸かってみるのも心身のエネルギーを高めるために有効です。(楽天トラベル)>>全国のひとり旅に適した人気温泉宿一覧はこちら
サイト内検索
スポンサーリンク
カテゴリ
新幹線(21)
北陸新幹線(特集)(9)
北陸新幹線(北陸・信州の観光)(15)
寝台列車・夜行列車(15)
JR北海道(特急・観光列車)(6)
JR北海道(快速・普通列車)(6)
北海道・東北エリアの私鉄(3)
JR東日本(東北)特急・観光列車(5)
JR東日本(東北)快速・普通(4)
JR東日本(関東)特急・観光列車(11)
JR東日本(関東)快速・普通(20)
東武・京成・京急(12)
小田急・西武・京王(6)
JR東日本(北信越)特急・観光列車(4)
JR東日本(北信越)快速・普通(6)
関東地方のその他私鉄(12)
北信越エリアの私鉄(15)
JR(東海・北陸)特急・観光列車(18)
JR(東海・北陸)快速・普通列車(10)
東海・北陸エリアの私鉄(9)
天竜浜名湖鉄道(19)
JR西日本 特急列車・観光列車(32)
JR西日本(関西:快速・普通列車)(14)
南海・近鉄(19)
阪急・阪神・山陽電鉄(5)
関西のその他私鉄(10)
JR西日本(山陽山陰)快速・普通(22)
JR四国(特急列車・観光列車)(17)
JR四国(快速・普通列車)(4)
中国・四国の私鉄(9)
JR九州(特急列車・観光列車)(19)
JR九州の快速・普通列車(7)
九州の私鉄(6)
鉄道関連のニュース、その他(17)
全国の市電・路面電車(7)
日本の駅そば・うどん(14)
周遊券などオトク切符(JR)(9)
周遊券などオトク切符(北陸特集)(4)
その他(15)
私鉄のオトク切符(2)
サイトマップ
はじめに
JR新幹線、特急列車、快速列車、普通列車、寝台列車など日本全国には数多くの鉄道車両が走っています。各車両にはそれぞれの個性があります。 停車駅、車窓、座席、車両の特徴、沿線の観光、グルメなど、「鉄道」をテーマに写真と文章で紹介。皆様が鉄道旅行を快適に楽しんでいただくための参考資料のひとつになれば幸いです
スポンサーリンク
リンク集
スポンサーリンク
Copyright © 鉄道の旅百科|JR特急,北陸新幹線,私鉄,停車駅,時刻表,座席,鉄道旅行記 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます