JR東日本(東北)快速・普通のカテゴリ記事一覧

快適でスピーディーな新幹線・特急列車の鉄道旅は魅力的。一方、鈍行列車を使ったスローな旅も味わいあり
スポンサーリンク

鉄道を使った旅は今も昔も人々の心をとらえるロマンがあります。
  • ホーム
  • »
  • JR東日本(東北)快速・普通

カテゴリ:JR東日本(東北)快速・普通

JR東日本(東北)快速・普通のカテゴリ記事一覧。JR特急列車や北陸新幹線ほか新幹線、JR快速・普通列車、私鉄など鉄道をつかった「列車の旅行」をテーマにしたブログ。停車駅、座席、時刻表、沿線の観光、駅弁、駅そば、駅舎なども紹介。

JR東日本(東北)快速・普通
 JR仙山線は、仙台駅と山形県の羽前千歳駅間の全長62.8kmを結ぶ路線です。JR仙山線の列車の起点は、東北新幹線やJR東北本線との連絡駅である仙台駅。普通列車や快速列車…

記事を読む

JR東日本(東北)快速・普通
 福島県の郡山駅から会津若松駅を経由し、新潟県の新津駅までを結んでいる全長175.6kmのJR磐越西線。快速あいづライナーはそんな磐越西線のうち、郡山駅と会津若松駅の…

記事を読む

JR東日本(東北)快速・普通
 JR大船渡線は、岩手県の一ノ関駅と宮城県の気仙沼駅を経由し岩手県の盛駅を結ぶ路線です。2015年1月現在、東日本大震災の影響で、鉄道路線は一ノ関駅〜気仙沼駅までが…

記事を読む

J..

JR東日本(東北)快速・普通
JR米坂線は新潟県の坂町駅と山形県の米沢駅を結ぶ全長は約90.7kmのローカル線です。JR米坂線は日本有数の豪雪地帯を通る路線としても知られています。△「米沢行」JR米…

記事を読む

JR仙山線の普通列車(仙台駅〜山形(羽前千歳)|立石寺、面白山高原ほか)

 JR仙山線は、仙台駅と山形県の羽前千歳駅間の全長62.8kmを結ぶ路線です。JR仙山線の列車の起点は、東北新幹線やJR東北本線との連絡駅である仙台駅。普通列車や快速列車には、719系電車、721系電車などが活躍しています。いずれもステンレスの車体に緑色と赤色の帯が入っている外観。シートはセミクロスシートです。
IMG_4101.JPG
 仙台駅を出たJR仙山線の列車(721系電車)は100万都市の仙台の市街地を抜け愛子駅へ。愛子駅は、愛子さまの誕生で一躍全国的に有名な駅になりました。ただ、愛子駅の読み方は「あやしえき」です。愛子駅の先はJR仙山線は列車の本数が一気に減少します。車窓風景も、田園や山林が目立つようになります。陸前白沢駅を過ぎると、熊ヶ根鉄橋を渡り眺望のよい景色が広がります。

 作並駅は作並温泉の玄関口。ほか、広瀬川に沿って温泉宿が立っています。作並駅を出るとJR仙山線の列車は奥羽山脈の深い山の中へ。奥新川駅を過ぎると、全長5361mの仙山トンネルをくぐって、宮城県から山形県へ入ります。仙山トンネルは奥羽山脈を東西に貫いているトンネルです。

 奥新川駅の次の面白山高原駅は、スキーのメッカである面白高原の最寄り駅。駅の構内からスノーパーク面白山へ向かうスキーリフトが運行しています。ちなみに、スノーパーク面白山は、全国で唯一、鉄道でしか行けないスキー場として知られています。なお、面白山高原は秋には70万本ものコスモスで彩られハイキングスポットになります。

» 

(PR)【JTB】国内宿泊・ツアーはJTBにおまかせ!

JR特急電車や新幹線を使った列車旅はスピードと快適さが魅力です。ゆったりとしたリクライニングシートに腰かけて楽な姿勢を取りながら、静かで優雅な旅を楽しめることでしょう。停車駅も少なく、次々と車窓風景が変わっていきます。足早に目的地に到着し観光やビジネスに時間をたっぷりとれるというのも、JR特急列車や新幹線を利用するメリットです。一方、鈍行列車を使った列車旅にはまた違った趣があります。レールの軋みに合せてゆっくり車窓風景が展開していきます。小まめに停車する駅では沿線の学生やサラリーマンたちが乗り降りし、会話が聞こえてきます。そこには地域の文化をや気質が見え隠れしてそこにも面白さがあります。
スポンサーリンク
鉄道を使った旅には、目的地にたどり着く交通手段としてだけではなく、地域の人々や四季の風物を味わえる物語が展開しているような気がします。
全国の新幹線・特急券をネットで簡単予約・・パソコンやスマホで新幹線・特急券を簡単予約

磐越西線を走る「快速あいづライナー」(郡山駅〜会津若松駅)

 福島県の郡山駅から会津若松駅を経由し、新潟県の新津駅までを結んでいる全長175.6kmのJR磐越西線。快速あいづライナーはそんな磐越西線のうち、郡山駅と会津若松駅の間を1日3往復している快速列車です。
IMG_4713.JPG
△郡山駅に停車するJR磐越西線の快速あいづライナー

 快速あいづライナーの車両には2015年現在、特急形車両(485系)が中心に活躍しています。1〜4号車が自由席で5、6号車が指定席という編成です。
IMG_4721.JPG
△快速あいづライナーのシート

 起点となる郡山駅は、東北新幹線や山形新幹線との乗換駅。郡山市は東北地方で仙台市に次ぐ人口を誇る都市で、福島県最大の経済圏を成しているだけに、背の高いビルも多数林立してにぎわっています。

 定刻に出発した快速あいづライナーは林立するアパートの間を縫いながらしばらくJR東北本線と並行して進んでいきます。分岐してしばらくいくと車窓には田畑も広がってきます。その向こうに残雪の山々。一面の白銀の世界と雪を被った山の競演がすばらしい風景です。
IMG_4733.JPG
 「快速あいづライナー」は喜久田駅、安子ヶ島駅を通過。カーブを描きながら、西へ方向を変えていきます。次第に高台に標高をあげ雑木林と小さい集落が過ぎていきます。川を渡り磐梯熱海駅に到着。

 磐梯熱海駅周辺は小高い山に囲まれていて五百川の渓谷に沿って風格ある宿が連なっています。磐梯熱海温泉 萩姫の湯 栄楽館はじめ、磐梯熱海温泉の温泉宿の数々です。磐梯熱海温泉は郡山の奥座敷として栄えた温泉で、いわき湯本温泉、月岡温泉と並び、「磐越三美人湯」にも数えられています
IMG_4756.JPG
△磐梯熱海駅の周辺。川を少しさかのぼると温泉宿が林立している

 渓流が流れ、うっすらと雪をかぶる山々が線路の先に連なっています。快速会津ライナーは山深い区間を進んでいきます。小福山トンネルをくぐると急に雪深くなります。かつてスイッチバックがされていた中山宿駅を通過。ちいさな集落が過ぎていきます。

 トンネルをくぐり「快速あいづライナー」は中山峠を越え。檜の木立を見下ろす高台を走ってまた山の中。トンネル小さな集落を抜けてまたトンネルへ・・。そして快速会津ライナーは会津地方へ入っていきます。

 上戸駅を過ぎると、猪苗代湖に接近。関戸駅を通過すると左車窓には平地が広がり 前方に磐梯山が雄大にそびえているのが見えます。川桁駅を通過。開けた明るい猪苗代盆地を快速あいづライナーは快走していきます。
IMG_4789.JPG

 猪苗代駅に停車。猪苗代駅は磐梯高原への玄関口です。平地を進み翁島駅通過すると、再び車窓に山がせまってきます。曹鉄メタル工場が山の中にあらわれます。それにしても雪深いエリアです。

 快速あいづライナーは磐梯町駅に停車。駅舎が雪で覆われれつららが幾本も下がっています。ひさしの深い赤い屋根の家々が点在しはじめたかと思うと再び山へ。右車窓にダム湖が見え東長原駅を通過。進路を南へいき広田駅を過ぎます。

 会津盆地を走っていく快速あいづライナー。柿がうら枯れています。平地の向こうにまちがひろがりはじめ広田駅通過。次第に家々が増え会津若松に到着しました。

 会津若松は、会津藩の城下町として栄えたまち。会津若松城から3kmほど南には、2013年大河ドラマ「八重の桜」の舞台となった鶴ヶ城が雄大にそびえ立ちます。
IMG_4847.JPG
△会津若松駅。城下町を思わせる風格ある駅

JR磐越西線 快速あいづライナー DATA

快速あいづライナーの時刻表時刻表

(楽天市場)会津の人気宿「会津東山温泉 向瀧


・・会津満載のレトロな旅館。赤瓦葺き入母屋根の玄関に、一歩足を踏み入れた瞬間から・・

快速あいづライナーの停車駅
郡山駅、磐梯熱海駅、猪苗代駅、磐梯町駅、会津若松駅 (PR)【JTB】国内宿泊・ツアーはJTBにおまかせ!

JR特急電車や新幹線を使った列車旅はスピードと快適さが魅力です。ゆったりとしたリクライニングシートに腰かけて楽な姿勢を取りながら、静かで優雅な旅を楽しめることでしょう。停車駅も少なく、次々と車窓風景が変わっていきます。足早に目的地に到着し観光やビジネスに時間をたっぷりとれるというのも、JR特急列車や新幹線を利用するメリットです。一方、鈍行列車を使った列車旅にはまた違った趣があります。レールの軋みに合せてゆっくり車窓風景が展開していきます。小まめに停車する駅では沿線の学生やサラリーマンたちが乗り降りし、会話が聞こえてきます。そこには地域の文化をや気質が見え隠れしてそこにも面白さがあります。
スポンサーリンク
鉄道を使った旅には、目的地にたどり着く交通手段としてだけではなく、地域の人々や四季の風物を味わえる物語が展開しているような気がします。
全国の新幹線・特急券をネットで簡単予約・・パソコンやスマホで新幹線・特急券を簡単予約

JR大船渡線 普通列車(一ノ関駅〜気仙沼駅|車窓、時刻表ほか)

 JR大船渡線は、岩手県の一ノ関駅と宮城県の気仙沼駅を経由し岩手県の盛駅を結ぶ路線です。2015年1月現在、東日本大震災の影響で、鉄道路線は一ノ関駅〜気仙沼駅までが復旧しており、以降の盛駅までは仮復旧という形でBRT(バス高速輸送システム)が運行中です。
IMG_4225.JPG
△一ノ関駅に停車するJR大船渡線の普通列車

 JR大船渡線の起点、一ノ関駅のホームに二両編成のワンマン列車(キハ100系)が停まっていました。

 単線のレールを軋ませながらJR大船渡線の列車は出発。カーブを描き民家と林、田畑のなかを抜けていきます。すぐに山が迫ってきて雪を巻き上げていくJR大船渡線のワンマン列車。

 真滝駅をでると、列車はいよいよ本格的な山の中へ。桧の森のなかをいきトンネルをくぐり、最上川を鉄橋で渡ります。民家が増えてきて陸中門崎駅に到着。

 JR大船渡線の列車は最上川と平行するように走っていきます。岩ノ下駅に到着。岩ノ下駅を出ると岩を削ったような山々が右車窓に展開し、工場も見えます。陸中松川駅を過ぎると、車窓には雪が再び増えてきました。渓流を渡って猊鼻渓駅へ。
IMG_4284.JPG
△雪深い区間もあるJR大船渡線の車窓

 JR大船渡線の列車は高台を走っていきます。カーブを描きながらの山間にのびる線路。柴宿駅の脇には集合住宅も見えました。

 高台を走っていくJR大船渡線の列車。木立の隙間から右車窓には眼下のまちが美しく展開。川が流れている様子も景観に彩りを与えます。摺沢駅付近の民家は、屋根がカラフルでどこかおしゃれな雰囲気 再び山の中へ。

 山を出ると平坦なエリアをJR大船渡線の列車は走り抜けていきます。田畑、家々、セメント工場・・古びた菓子屋や食堂が駅の付近にある千厩駅を出るとJR大船渡線の列車は山の中のトンネルへ。出たかと思うと、再びトンネル
IMG_4186.JPG
△一ノ関駅〜JR気仙沼駅間を約1時間半で結ぶJR大船渡線の普通列車

 小梨駅を過ぎると、陽当たりよいためか積雪が少なくなりました。JR大船渡線の列車は車道に沿ってのんびりと走っていきます。矢越駅あたりを出ると、民家がだんだん増えていきます。

 折壁駅から新月駅の区間は心落ち着く車窓。田畑、雪解けの緑 川 空 山・・紅色の屋根を構えた点在する民家がよいアクセントを与えています。
IMG_4297.JPG
△JR大船渡線は心なごむローカル線

 新月駅を出ると再び緑のなかを大船渡線の列車は進んでいきます。渓流、橋、竹の緑・・民家が増えてきて終点の気仙沼駅に到着。

 気仙沼駅から更に盛駅方面へ向かうには、BRT(バス高速輸送システム)に乗り換えです。

IMG_4331.JPG
△JR大船渡線普通列車のシート

<JR大船渡線(一ノ関駅〜気仙沼駅) DATA>

JR大船渡線の時刻表時刻表
宿泊楽天トラベルで予約できる気仙沼駅付近の宿一覧
JR大船渡線 一ノ関駅〜気仙沼駅の停車駅

一ノ関駅、真滝駅、陸中門崎駅、岩ノ下駅、陸中松川駅、猊鼻渓駅、柴宿駅、
摺沢駅、千厩駅、小梨駅、矢越駅、折壁駅、新月駅、気仙沼駅

(PR)【JTB】国内宿泊・ツアーはJTBにおまかせ!

JR特急電車や新幹線を使った列車旅はスピードと快適さが魅力です。ゆったりとしたリクライニングシートに腰かけて楽な姿勢を取りながら、静かで優雅な旅を楽しめることでしょう。停車駅も少なく、次々と車窓風景が変わっていきます。足早に目的地に到着し観光やビジネスに時間をたっぷりとれるというのも、JR特急列車や新幹線を利用するメリットです。一方、鈍行列車を使った列車旅にはまた違った趣があります。レールの軋みに合せてゆっくり車窓風景が展開していきます。小まめに停車する駅では沿線の学生やサラリーマンたちが乗り降りし、会話が聞こえてきます。そこには地域の文化をや気質が見え隠れしてそこにも面白さがあります。
スポンサーリンク
鉄道を使った旅には、目的地にたどり着く交通手段としてだけではなく、地域の人々や四季の風物を味わえる物語が展開しているような気がします。
全国の新幹線・特急券をネットで簡単予約・・パソコンやスマホで新幹線・特急券を簡単予約

JR米坂線の普通列車(坂町駅〜米沢駅|停車駅、時刻表など)

JR米坂線は新潟県の坂町駅と山形県の米沢駅を結ぶ全長は約90.7kmのローカル線です。JR米坂線は日本有数の豪雪地帯を通る路線としても知られています。
IMG_3649.JPG
△「米沢行」JR米阪線の普通列車

JR羽越本線とJR米坂線が分岐する坂町駅に訪れると、ホームの端に、「米沢行」の2両編成の列車がアイドリング音を立てて停まっているのが見えました。
IMG_3676.JPG
△JR坂町駅にて

JR米坂線は一日に数本しか列車が走っておらず、のんびりしたムード。1時間ほど待って17:09に坂町駅を出発しました。

もう辺りはとっぷり暮れています。車窓にはすぐに民家が少なくなり、開けた田畑の先にまち明かりがぽつんぽつんと灯っている程度。次第に山間部に入りトンネルをくぐって越後大島駅へ。

越後下関駅からは学生が何人か乗り込んできて少しにぎやかになる「米沢行」JR米坂線普通列車の車内。列車は小さいカーブを描きながら、力強く雪の中を進んでいきます。
IMG_3694.JPG
△日本有数の豪雪地帯を行くJR米坂線の列車

越後片貝駅、越後金丸駅とひなびた雰囲気の駅を過ぎ、山のなかに工場の風景があらわれる小国駅へ。

それにしても雪の積もり方がすごい。羽前松岡駅付近になると、積もったそびえる高さの雪が車窓のすぐそこに迫りました。JR米坂線は、日本有数の豪雪地帯を走る線であり、列車が運休するとたちまち陸の孤島と化してしまうのだとか。
IMG_3703.JPG
△積雪量の多いエリアをいく

積雪といえば、JR米坂線の中程にある羽前沼沢駅から手の子駅間にかけての区間はかつて積雪5mを記録したのだとか。雪がすごいはずです。

民家の明かりもない暗闇のなかを、「米沢行」JR米坂線の普通列車は汽笛を鳴らしトンネルを抜けていきます。

突然山がきれ民家の明かりがふえはじめて羽前椿駅に到着。山を越え、米沢盆地に出たのです。漆黒のなかにすわる蔵王連峰を仰ぎ観て、「米沢行」JR米坂線の普通列車は次は穀倉地帯や果樹園が連なる米沢盆地を走っていきます。

山形鉄道との接続駅である今泉駅を過ぎると民家の数も増えていきました。坂町駅を出発してから約2時間。「米沢行」JR米坂線の普通列車は、終点の米沢駅のホームに滑り込みました。
IMG_3726.JPG
△終点の米沢駅に到着したJR米坂線の普通列車。米沢も積雪が多いエリア

米沢は、上杉氏ゆかりの城下町。古いまちなみが残るほか、質実剛健な気風が漂っています。米沢といえば、米沢牛をつかった駅弁が美味。おすすめです。

ちなみに、JR米坂線の沿線には新緑や紅葉の名所としても知られる荒川峡や赤芝峡もあります。雪景色もそれはそれで情緒があり良かったですが またその時期にも乗ってみたいと思いました。
IMG_3724.JPG
△JR米阪線普通列車のシート

JR米沢線 DATA

JR米沢線 時刻表時刻表

宿泊
楽天トラベルで予約できる、米沢駅周辺および近郊の人気宿一覧

JR米沢線 停車駅:坂町駅〜米沢駅

坂町駅、越後大島駅、越後下関駅、越後片貝駅、越後金丸駅、小国駅、羽前松岡駅、伊佐領駅、羽前沼沢駅、手ノ子駅、羽前椿駅、萩生駅、今泉駅、犬川駅、羽前小松駅、中郡駅、成島駅、西米沢駅、南米沢駅、米沢駅

(PR)【JTB】国内宿泊・ツアーはJTBにおまかせ!

JR特急電車や新幹線を使った列車旅はスピードと快適さが魅力です。ゆったりとしたリクライニングシートに腰かけて楽な姿勢を取りながら、静かで優雅な旅を楽しめることでしょう。停車駅も少なく、次々と車窓風景が変わっていきます。足早に目的地に到着し観光やビジネスに時間をたっぷりとれるというのも、JR特急列車や新幹線を利用するメリットです。一方、鈍行列車を使った列車旅にはまた違った趣があります。レールの軋みに合せてゆっくり車窓風景が展開していきます。小まめに停車する駅では沿線の学生やサラリーマンたちが乗り降りし、会話が聞こえてきます。そこには地域の文化をや気質が見え隠れしてそこにも面白さがあります。
スポンサーリンク
鉄道を使った旅には、目的地にたどり着く交通手段としてだけではなく、地域の人々や四季の風物を味わえる物語が展開しているような気がします。
全国の新幹線・特急券をネットで簡単予約・・パソコンやスマホで新幹線・特急券を簡単予約
新幹線、特急列車、寝台列車はお盆や年末年始などは、需要が高くすぐに座席の予約が埋まってしまいます。そんな時期に乗車する場合、事前に予約をしておくのが無難です。

スポンサーリンク

JRでは季節によっては青春18きっぷなどお得な企画切符が発売されています

列車を使ったひとり旅のすすめ
日頃に悩みがあり人生の選択に迷ったとき、電車に揺られふらりとひとり旅をするというのもおススメです。日常生活から少し外に出てみることで、今まで見えなかったものが見えてくることがあるからです。レールの軋みに耳を澄ませ、車窓に流れる風景を眺めていると、それだけでも心が癒されます。

緑あふれる田畑や残雪の山並み、広大な海など眺めているうちに、人生を切り開くヒントが見えてくることもあるものです。また、温泉にゆっくり浸かってみるのも心身のエネルギーを高めるために有効です。(楽天トラベル)>>全国のひとり旅に適した人気温泉宿一覧はこちら

古びた駅舎、郷土の駅弁、出会う人々、車窓に流れる四季折々の風景・・鉄道をつかった旅にはさまざまな魅力があります。

スポンサーリンク

車窓に流れる風景、レールを軋ませる音、地域のグルメや温泉、人との出会い・・鉄道の旅にはロマンがあります。

検索
 
カテゴリ
新幹線(14)
北陸新幹線(特集)(8)
北陸新幹線(北陸・信州の観光)(15)
寝台列車・夜行列車(8)
JR北海道(特急・観光列車)(5)
JR北海道(快速・普通列車)(2)
北海道・東北エリアの私鉄(3)
JR東日本(東北)特急・観光列車(5)
JR東日本(東北)快速・普通(4)
JR東日本(関東)特急・観光列車(10)
JR東日本(関東)快速・普通(13)
東武・京成・京急(11)
小田急・西武鉄道(5)
JR東日本(北信越)特急・観光列車(4)
JR東日本(北信越)快速・普通(6)
関東地方のその他私鉄(8)
北信越エリアの私鉄(13)
JR(東海・北陸)特急・観光列車(14)
JR(東海・北陸)快速・普通列車(10)
東海・北陸エリアの私鉄(9)
天竜浜名湖鉄道(19)
JR西日本 特急列車・観光列車(27)
JR西日本(関西:快速・普通列車)(8)
南海・近鉄(13)
阪急・阪神・山陽電鉄(4)
関西のその他私鉄(5)
JR西日本(山陽山陰)快速・普通(20)
JR四国(特急列車・観光列車)(14)
JR四国(快速・普通列車)(4)
中国・四国の私鉄(6)
JR九州(特急列車・観光列車)(12)
JR九州の快速・普通列車(7)
九州の私鉄(6)
鉄道関連のニュース、その他(10)
全国の市電・路面電車(7)
日本の駅そば・うどん(14)
周遊券などオトク切符(JR)(4)
周遊券などオトク切符(北陸特集)(4)
ナイナイお見合い大作戦次回開催地(14)
私鉄のオトク切符(2)
レトロな駅舎・遺構(22)
日本全国の名物駅弁(27)
終着駅と周辺の見どころ(7)
はじめに
このブログは、日本全国を走る新幹線、JR特急列車、快速列車など「鉄道」をテーマに写真と文章で綴っているブログです。列車の停車駅や車窓の見どころ、車両の特徴などを中心に記載。沿線の観光の見どころ、駅弁など地元グルメ、レトロな駅舎、鉄道関連の最新ニュースなどについても取り上げています。JR特急列車はじめ鉄道の旅を皆様が快適に楽しんでいただくための参考資料のひとつになれば幸いです

link「井上晴雄 絵画作品〜日本の旅風景〜」
最近の記事
リンク集
タグクラウド
JR特急列車(サンライズ出雲、サンライズ瀬戸、特急しおかぜ、特急やくも、特急ワイドビューしなの、特急サンダーバード、特急おき、特急スーパーいなばほか)
黒豆ラングドシャ

・・黒豆粉をまぶしたビスケット風の生地にミルクチョコレートをサンド。ティータイムにぴったりです。

Copyright © 鉄道の旅百科|JR特急,北陸新幹線,私鉄,停車駅,時刻表,座席,鉄道旅行記 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます