スポンサーリンク

寝台列車・夜行列車のカテゴリ記事一覧

カテゴリ:寝台列車・夜行列車

寝台列車・夜行列車のカテゴリ記事一覧。JR特急列車や北陸新幹線ほか新幹線、JR快速・普通列車、私鉄など鉄道をつかった「列車の旅行」をテーマにしたブログ。停車駅、座席、時刻表、沿線の観光、駅弁、駅そば、駅舎他

寝台列車・夜行列車
 「寝台特急サンライズ瀬戸号」は東京駅と香川県の高松駅を約9時間半かけて結ぶ寝台特急列車です。 夜の22時に東京駅を出発する寝台特急サンライズ瀬戸は、途中の岡山…

記事を読む

IMG_1821.JPG ..

寝台列車・夜行列車
 寝台特急サンライズ出雲は、東京駅から島根県の出雲市駅間を結ぶ寝台特急列車です。寝台特急サンライズ出雲に使用されている車両は285系の電車。深い赤色と黄土色のツ…

記事を読む

IMG_7009サンライズ瀬戸.JPG△..

寝台列車・夜行列車
△高松駅に停車するサンライズ瀬戸号九州新幹線や北海道新幹線の開業などにより次々と姿を消していった寝台列車。上野〜札幌間を結ぶ寝台特急カシオペアの廃止が決まり、…

記事を読む

IMG_69762.JPG△..

寝台列車・夜行列車
△寝台特急「サンライズ出雲」「サンライズ瀬戸」の車両(285系電車)かつて日本には、さまざまな寝台列車が走っていました。スポンサーリンク style="display:inlin…

記事を読む

IMG_6976.JPG△..

寝台列車・夜行列車
△寝台特急「サンライズ瀬戸」・「サンライズ出雲に使用されている車両2016年春、北海道新幹線が開通することを受け、上野〜札幌を結ぶ寝台特急「カシオペア」が廃止にな…

記事を読む

IMG_9142.JPG△..

寝台列車・夜行列車
△新宿(東京都)〜白馬(長野県)を結ぶ臨時夜行快速列車「ムーンライト信州号」夏休みなど長期休みやスキーシーズンの週末を中心に、JR東日本が運行している夜行臨時快…

記事を読む

toukyo
夜行快速ムーンライトながら.JPG△..

寝台列車・夜行列車
△2015年時点でムーンライトながらに使われている185系特急車両。写真は「あかぎ」 夜行快速列車ムーンライトながらは、東京駅と岐阜県の大垣駅間を結ぶ夜行快速列車で…

記事を読む

toukyo 寝台特急カシオペア(73).JPG寝..

寝台列車・夜行列車
寝台特急「カシオペア」は東京の上野駅と北海道の札幌駅を約16時間半かけて結ぶ豪華寝台特急です。スポンサーリンクclass="adsbygoogle" style="display:inline-bloc…

記事を読む

寝台特急サンライズ瀬戸(東京駅〜高松駅|停車駅、時刻表ほか)

 「寝台特急サンライズ瀬戸号」は東京駅と香川県の高松駅を約9時間半かけて結ぶ寝台特急列車です。
IMG_20150117_214736.jpg
 夜の22時に東京駅を出発する寝台特急サンライズ瀬戸は、途中の岡山駅までは、島根県の出雲市駅間を結ぶ寝台特急サンライズ出雲号と連結して走ります。
スポンサーリンク




寝台特急サンライズ瀬戸は、赤色と黄土色のツートンカラーの車両。「サンライズ」という列車名の言葉通り、「朝」がイメージされたデザインと配色が印象的です。

 寝台特急サンライズ瀬戸の寝台車は全室個室となっています。A寝台にあたるのは「シングルデラックス」、B寝台には「サンライズツイン」、「シングルツイン」、「シングル」があります。

それぞれの個室は木目調のデザインを生かした明るい色彩で、窓は風景がダイナミックに見えるように大きくとられているのが特徴です。
IMG_20150117_214014.jpg

» 続きを読む

寝台特急サンライズ出雲(東京駅〜出雲市駅|停車駅、時刻表ほか)

IMG_1821.JPG
 寝台特急サンライズ出雲は、東京駅から島根県の出雲市駅間を結ぶ寝台特急列車です。寝台特急サンライズ出雲に使用されている車両は285系の電車。深い赤色と黄土色のツートンカラーの車両で「朝」がイメージされデザインが施されています。
スポンサーリンク




 寝台特急サンライズ出雲の寝台車は全室個室。A寝台「シングルデラックス」、B寝台「サンライズツイン」、「シングルツイン」、「シングル」があり、それぞれ木目調を生かした明るい内装となっています。

 また、寝台特急サンライズ出雲には、「ノビノビ座席」と呼ばれるカーペット敷きの座席を配した車両も連結しています。

「ノビノビ車両」に関しては個室ではありませんが、寝台料金が不要で普通車指定席の扱いとなるため、こちらも一定の人気があります。

東京駅〜岡山駅間は、「寝台特急サンライズ出雲」は高松駅へ向かう「寝台特急サンライズ瀬戸」と連結して運転されています。

 東京駅を22時に出発する寝台特急サンライズ出雲は、JR東海道本線を西へ西へと走っていきます。上部まで広く切り取られた窓からは、まちの夜景が展開します。

名古屋、大阪、神戸・・と都市部の夜景は特にきれい。終電が終わり月明かりに映しだされている駅舎が過ぎ行くさまも幻想的で旅情を感じさせます。
スポンサーリンク




 明け方、サンライズ出雲は兵庫県の西部を走り、岡山県に向けて山陽本線に入ります。中国山地の山並みを抜けていくと、岡山駅に到着。

 岡山駅で、寝台特急「サンライズ出雲」と寝台特急「サンライズ瀬戸」の切り離しが行われ、「サンライズ出雲」は島根県の出雲市へ、「サンライズ瀬戸」は瀬戸大橋を渡って香川県の高松にそれぞれ向かいます。

 寝台特急「サンライズ出雲」は岡山駅から20分ほど走った倉敷駅からJR伯備線に入り、中国山地を北上していきます。左車窓には高梁川の流れが沿い、備中高梁駅の近くでは備中松山城がそびえるさまも見えます。
スポンサーリンク




 備中高梁駅を出てからも次第に山は深くなり、車窓には井倉峡の景観がつづきます。JR姫新線やJR芸備線の列車が発着している新見駅を過ぎると、寝台特急サンライズ出雲はさらに渓谷の谷間を北上。

江尾駅を通過するあたりで右車窓には中国地方の最高峰、標高1729mを誇る「大山」の山容があらわれます。

 大山は「伯耆富士」と呼ばれる山で、富士山と似たきれいな円錐状をした山。雄大さが伝わってきます。

» 続きを読む

JR寝台特急「サンライズ出雲号」、「サンライズ瀬戸号」で鉄道旅行をする際の予約方法、個室の種類、空席照会の方法ほか

IMG_7009サンライズ瀬戸.JPG
△高松駅に停車するサンライズ瀬戸号

九州新幹線や北海道新幹線の開業などにより次々と姿を消していった寝台列車。

上野〜札幌間を結ぶ寝台特急カシオペアの廃止が決まり、定期運行する寝台特急は東京〜出雲市を結ぶ「サンライズ出雲号」と東京〜高松を結ぶ「サンライズ瀬戸号」を残すのみとなりました。
スポンサーリンク




「サンライズ出雲号」「サンライズ瀬戸号」は高い人気を誇っている寝台特急列車です。

特に、金曜日に東京を出発してJR伯備線、JR山陰本線を経由して出雲市まで向かう「サンライズ出雲号」は、縁結びの神様である「出雲大社」に参詣する女性客が殺到し、予約がほとんどとれない状態なのだとか。

そんな寝台特急「サンライズ出雲号」「サンライズ瀬戸号」で鉄道の旅行を楽しむためには、一体、どのように列車予約すればよいのでしょうか?
スポンサーリンク




<サンライズ出雲・瀬戸のきっぷの買い方は?>

そもそもJR特急列車や新幹線で鉄道旅行をする場合、乗車券と特急券を購入して乗車します。

「サンライズ出雲」「サンライズ瀬戸」も基本的に同じなのですが「寝台個室」に乗車する場合、乗車券と特急券に加えて「寝台券」が必要になってきます。

※「サンライズ出雲」「サンライズ瀬戸」には、一部「ノビノビ座席」と呼ばれるカーペットの上で横になるだけの座席がありこちらは、寝台券は必要ありません。
IMG_6717.JPG
△「サンライズ瀬戸号」「サンライズ出雲号」に連結されている「のびのび座席」

<サンライズ出雲・瀬戸で鉄道旅行をする際 予約前に調べておきたいポイント>

寝台特急「サンライズ出雲」、「サンライズ瀬戸」で鉄道旅行をすることが決まったら、予約をするということになりますが、予約前に決めておいたほうがよいことがあります。

それは希望する「個室のタイプ」です。
IMG_6916.JPG
△285系電車は二階建てタイプ。さまざまな趣向の個室を備える

» 続きを読む

寝台特急「サンライズ出雲」「サンライズ瀬戸」に乗車する場合の料金は?(寝台料金、ノビノビ座席ほか)

IMG_69762.JPG
△寝台特急「サンライズ出雲」「サンライズ瀬戸」の車両(285系電車)

かつて日本には、さまざまな寝台列車が走っていました。
スポンサーリンク




しかし高速バスの台頭や新幹線の延伸などで、次々と寝台列車は廃止。

定期運行する寝台特急は、東京〜出雲市を結ぶ「サンライズ出雲」と、東京〜高松を結ぶ「サンライズ瀬戸」を残すのみとなってしまいました。

寝台特急「サンライズ出雲」「サンライズ瀬戸」(285系電車)は、連結された状態で東京駅を夜22時に出発し、明朝6:27に岡山駅に到着します。

岡山駅では切り離し作業が行われ「サンライズ出雲」は、島根県の出雲市へ、「サンライズ瀬戸」は香川県の高松・琴平へ向かいます。

そんな「サンライズ出雲」「サンライズ瀬戸」は老若男女問わず大人気。繁忙期はすぐに予約が埋まってしまうそうです。

それらの寝台列車を利用して列車の旅を楽しむ場合、料金は一体どれくらいかかるのでしょうか?
スポンサーリンク




以下、簡単にまとめてみました。

<サンライズ出雲・サンライズ瀬戸(寝台個室利用)でかかる料金は?>

寝台特急「サンライズ出雲」「サンライズ瀬戸」の客室は、後述するノビノビ座席を除くと、「寝台個室」がベースになっています。

寝台個室を利用する場合、「乗車運賃」+「指定席特急料金※」+「寝台料金」の合計額が、乗車のために必要な料金ということになります。※寝台車利用の場合、通常の指定席特急料金より520円を差し引いた金額
IMG_69982.JPG
△サンライズ出雲、サンライズ瀬戸の車両(285系電車)は、2階建て構造

なお、寝台料金は「サンライズ出雲」「サンライズ瀬戸」の場合、「シングルデラックス」「シングルツイン」などいくつかの種類があるため、利用人数やグレードによって以下のように金額が異なってきます。

サンライズ出雲・サンライズ瀬戸の寝台料金

・A寝台個室1人用 「シングルデラックス」 ひとり13730円
・B寝台個室1人用 「シングルツイン」   ひとり9430円
・B寝台個室1人用  「シングル」     ひとり7560円
・B寝台個室1人用 「ソロ」        ひとり6480円
・B寝台個室2人用 「サンライズツイン」 ひとり7560円

IMG_202150117_214915.jpg
△アメニティも揃ったサンライズ瀬戸の個室

例えば、「サンライズ瀬戸」のB寝台「ソロ」を利用して東京駅(22:00発)〜岡山駅(6:27着)まで移動する場合、乗車運賃10480円+指定席特急料金3240円+B寝台「ソロ」寝台料金6480円=20200円が乗車に必要な料金ということになります。

高松駅(7:27着)まで乗車した場合は、料金は21030円、「サンライズ出雲」で東京駅(22:00発)から出雲市駅(9:58着)までB寝台「ソロ」で移動した場合、料金は21710円となります。

<サンライズ出雲・サンライズ瀬戸「ノビノビ座席」を利用したときの料金は?>

寝台特急「サンライズ出雲」、「サンライズ瀬戸」には、寝台個室のほか、カーペットを敷いた「ノビノビ座席」を有しています。

「ノビノビ座席」は仕切りは一応はあるものの、個室ではなく、船で言えば2等のような感じ。人によっては揺れも気になる座席です。

ただ、寝台料金は不要で、かかる料金は「乗車運賃」+「指定席特急料金」のみなので、帰省する学生などに特に喜ばれているようです。
IMG_67127.JPG
△寝台料金不要の、「サンライズ瀬戸」「サンライズ出雲」の「ノビノビ座席」

例えば、サンライズ瀬戸のノビノビ座席で、東京駅(22:00発)〜岡山駅(6:27着)を移動した場合、通常期においては、乗車運賃10480円+指定席特急料金3760円=14240円が、必要な料金ということになります。

<シャワー設備がある号車と料金>

寝台特急「サンライズ出雲」「サンライズ瀬戸」には、シャワー設備も有しています。

A寝台個室利用以外でシャワーを利用する場合、シャワーカード(320円)を乗務員などから購入して利用することになります。

「サンライズ出雲」 下り:10号車、※11号車
          上り:3号車、※4号車
 ※はA寝台個室の乗客のみ利用可(無料)

「サンライズ瀬戸」 下り:3号車、※4号車
          上り:10号車、※11号車
 ※はA寝台個室の乗客のみ利用可(無料)

※料金や時間は2015年の情報です。変更になることがありますので、詳細はJRのHPで
ご確認ください

残されたJRの寝台特急「サンライズ出雲」「サンライズ瀬戸」とは(東京〜岡山〜出雲市・高松)

IMG_6976.JPG
△寝台特急「サンライズ瀬戸」・「サンライズ出雲に使用されている車両

2016年春、北海道新幹線が開通することを受け、上野〜札幌を結ぶ寝台特急「カシオペア」が廃止になることが発表されました。
スポンサーリンク




ここ10数年で、高速バスや整備新幹線に押され日本を走る寝台特急は次々と姿を消していき、ついに東京から北へ向かう寝台特急は全て消滅してしまいました。

「カシオペア」「北斗星」はじめ寝台特急が鉄道史の一時代を築き、鉄道旅の魅力を高めてきた立役者だというのは間違いないでしょう。

定期運行する寝台特急は、あと残すところ、東京〜出雲市を結ぶ、「サンライズ出雲」と東京〜高松・琴平を結ぶ「サンライズ瀬戸」のみとなってしまいました。

残された寝台特急「サンライズ出雲」「サンライズ瀬戸」はどのような寝台特急かというと、女性客にも根強い人気である列車であることがしばしば話題になっています。
スポンサーリンク




赤とクリーム色を配したやさしい色合いの車体。

車内には、A寝台「シングルデラックス」、B寝台「サンライズツイン」、「シングルツイン」、「シングル」があり、それぞれ木目調を生かした明るい色調の空間。

また、寝台料金不要のカーペット敷きの座席「ノビノビ座席」と呼ばれるカーペット敷きの座席を配した車両も連結しています。

老朽化したブルートレインとは性質を異にし、正に「走るホテル」という表現がぴったりの寝台列車です。
IMG_6717.JPG
△カーペット敷きのノビノビ座席も若者を中心に人気

» 続きを読む

JRの臨時夜行快速列車「ムーンライト信州号」(新宿〜白馬 |停車駅、時刻表、青春18きっぷ、座席指定券など)

IMG_9142.JPG
△新宿(東京都)〜白馬(長野県)を結ぶ臨時夜行快速列車「ムーンライト信州号」

夏休みなど長期休みやスキーシーズンの週末を中心に、JR東日本が運行している夜行臨時快速列車のひとつに「ムーンライト信州号」という列車があります。

JRの夜行快速列車「ムーンライト信州号」は、23:54に東京都の新宿駅を出発し、約6時間かけて長野県の白馬駅までの区間を結んでいます。
スポンサーリンク



» 続きを読む

JR東海道線を走る夜行快速列車「ムーンライトながら」(東京駅〜大垣駅|時刻表、座席指定券、青春18きっぷほか)

toukyo
夜行快速ムーンライトながら.JPG
△2015年時点でムーンライトながらに使われている185系特急車両。写真は「あかぎ」

 夜行快速列車ムーンライトながらは、東京駅と岐阜県の大垣駅間を結ぶ夜行快速列車です。
スポンサーリンク




「ムーンライトながら」という列車名は、JR東海道本線の西岐阜駅と穂積駅の間にわたる長良川に由来しています

夜行快速列車ムーンライトながらは臨時列車で、夏休みや冬休みほか長期休暇を中心に運行しています。

特急料金や急行料金が不要で「青春18きっぷ」を使うことができることや、東京から名古屋まで乗り換えなしで移動できることなどから、運行時は帰省する若者たちでいつも満席状態になります。

夜行快速列車ムーンライながらに乗車する際の注意点としては、座席は全車指定席であること。事前に座席指定券も購入しておく必要があります。

夜行快速列車ムーンライトながらの座席指定券は、JRの「みどりの窓口」や旅行会社などで、乗車日の1か月前から発売されています。

値段は520円(閑散期は320円)で受け付け順で座席を確保することができます。

特にお盆や年末など混雑期に乗車する場合、夜行快速列車ムーンライトながらの座席はすぐに埋まってしまうので、早めに座席を確保しておくことをおススメします。
スポンサーリンク




なお、夜行快速列車ムーンライトながらで青春18きっぷを使う場合、東京駅を23:10に発車して、横浜駅と小田原駅の間で日をまたぐことも考えておかねばなりません。

仮に東京駅から乗車する場合、0時を過ぎて最初の停車駅(下り列車の場合小田原駅)までは切符(東京駅〜小田原駅間1450円)を購入。

小田原駅から青春18きっぷを使用開始すると青春18きっぷを二回分使うよりお得になります。

» 

寝台特急「カシオペア」(上野駅〜札幌駅|停車駅、時刻表、運転日、予約状況ほか)

toukyo 寝台特急カシオペア(73).JPG
寝台特急「カシオペア」は東京の上野駅と北海道の札幌駅を約16時間半かけて結ぶ豪華寝台特急です。
スポンサーリンク




寝台特急カシオペアは機関車が、全車2階建て車両をけん引しています。

客室は全室、グリーン車に相当する「A寝台」の個室でメゾネットタイプの「カシオペアスイート」をはじめ、「カシオペアデラックス」、「カシオペアツイン」があり。豪華なムードが漂っています。

寝台特急カシオペアはラウンジカーやダイニングカーも連結しています。ダイニングカーでは、フランス料理、懐石御膳を味わうことができます。

toukyo 寝台特急カシオペア(106).JPG

夕刻、上野駅を出発する寝台特急カシオペアはJR東北本線を北に遡上していきます。首都圏の市街地を駆け抜け、埼玉県の大宮駅を出ると車窓には次第に田畑が広がってきます。

那須塩原駅付近では那須岳をはじめとする那須連山が連なり白河駅の付近からは左車窓に白河小峰城が。いつしか日は暮れていきます。

寝台特急カシオペアは、窓が広くとられていて、車窓に流れるまち明かりや過ぎ行く駅舎がダイナミック。福島駅を出ると暗闇のなかに蔵王連山が連なり仙台へ。

盛岡駅を出ると寝台特急カシオペアは、IGRいわて銀河鉄道や青い森鉄道も経由しながら青森県へ向かいます。
IMG_7036.JPG

 深夜3時頃になると、寝台特急カシオペアは長いトンネルに入ります。本州と北海道を結ぶ青函トンネルです。青函トンネルを抜けるといよいよ北海道です。

広々とした大地と右車窓には津軽海峡の海が広がります。
スポンサーリンク



» 

列車を使ったひとり旅のすすめ
日頃に悩みがあり人生の選択に迷ったとき、電車に揺られふらりとひとり旅をするというのもおススメです。日常生活から少し外に出てみることで、今まで見えなかったものが見えてくることがあるからです。レールの軋みに耳を澄ませ、車窓に流れる風景を眺めていると、それだけでも心が癒されます。

緑あふれる田畑や残雪の山並み、広大な海など眺めているうちに、人生を切り開くヒントが見えてくることもあるものです。また、温泉にゆっくり浸かってみるのも心身のエネルギーを高めるために有効です。(楽天トラベル)>>全国のひとり旅に適した人気温泉宿一覧はこちら
スポンサーリンク
注目記事
 
日本は地形の変化に富む島国。列車の旅をしていると、旅先には、四季折々の風景や情緒ある温泉宿など様々な見どころが展開します。 スポンサーリンク

紺碧の海、連なる桜並木、光り輝く夕陽、流れる夜景・・列車に乗って心に留まる風景を見つけるのも、鉄道旅の醍醐味。いざ列車の旅へ
リンク集
タグクラウド
JR特急列車(サンライズ出雲、サンライズ瀬戸、特急しおかぜ、特急やくも、特急ワイドビューしなの、特急サンダーバード、特急おき、特急スーパーいなばほか)
カテゴリ
新幹線(16)
北陸新幹線(特集)(8)
北陸新幹線(北陸・信州の観光)(15)
寝台列車・夜行列車(8)
JR北海道(特急・観光列車)(5)
JR北海道(快速・普通列車)(2)
北海道・東北エリアの私鉄(3)
JR東日本(東北)特急・観光列車(5)
JR東日本(東北)快速・普通(4)
JR東日本(関東)特急・観光列車(10)
JR東日本(関東)快速・普通(13)
東武・京成・京急(12)
小田急・西武鉄道(5)
JR東日本(北信越)特急・観光列車(4)
JR東日本(北信越)快速・普通(6)
関東地方のその他私鉄(8)
北信越エリアの私鉄(14)
JR(東海・北陸)特急・観光列車(17)
JR(東海・北陸)快速・普通列車(10)
東海・北陸エリアの私鉄(9)
天竜浜名湖鉄道(19)
JR西日本 特急列車・観光列車(27)
JR西日本(関西:快速・普通列車)(8)
南海・近鉄(13)
阪急・阪神・山陽電鉄(4)
関西のその他私鉄(5)
JR西日本(山陽山陰)快速・普通(21)
JR四国(特急列車・観光列車)(14)
JR四国(快速・普通列車)(4)
中国・四国の私鉄(6)
JR九州(特急列車・観光列車)(15)
JR九州の快速・普通列車(7)
九州の私鉄(6)
鉄道関連のニュース、その他(10)
全国の市電・路面電車(7)
日本の駅そば・うどん(14)
周遊券などオトク切符(JR)(4)
周遊券などオトク切符(北陸特集)(4)
その他(14)
私鉄のオトク切符(2)
レトロな駅舎・遺構(22)
日本全国の名物駅弁(27)
終着駅と周辺の見どころ(7)
サイト内検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Copyright © 鉄道の旅百科 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます