北陸新幹線(北陸・信州の観光)のカテゴリ記事一覧

事前に車窓の見どころや座席配置、時刻表など調べておくと列車旅をより快適に楽しめることもあるものです。個性的な列車に揺られ、四季折々の風景や郷土の味覚と出逢う日本全国鉄道の旅へ!
スポンサーリンク
JR新幹線、特急列車、快速列車、普通列車、寝台列車など日本全国には数多くの鉄道車両が走っています。各車両にはそれぞれの個性があります。JRの特急列車や新幹線など鉄道を使って旅をするとき、ネットでの予約も活用したいところ。例えば駅探「新幹線で行く、休日の旅」は新幹線往復チケットとホテルがセットになった割引プラン。ネットを活用してひとりから申し込むことができます。
  • ホーム
  • »
  • 北陸新幹線(北陸・信州の観光)

カテゴリ:北陸新幹線(北陸・信州の観光)

北陸新幹線(北陸・信州の観光)のカテゴリ記事一覧。JR特急列車や北陸新幹線ほか新幹線、JR快速・普通列車、私鉄など鉄道をつかった「列車の旅行」をテーマにしたブログ。停車駅、座席、時刻表、沿線の観光、駅弁、駅そば、駅舎他。時代は平成から令和へ。 
212.jpg△..

北陸新幹線(北陸・信州の観光)
△能登半島の人気温泉地「和倉温泉」の全景(写真提供:石川県観光連盟)温泉が「湧く浦」ということから名付けられた能登半島を代表する温泉地、和倉温泉。七尾湾に沿っ…

記事を読む

北陸新幹線(北陸・信州の観光)
 △地元で獲れた鮮魚や民芸品など販売する露店が連なる「輪島の朝市」(写真提供:石川県観光連盟)北陸新幹線が2015年3月14日に富山・金沢に延伸開業したことで、北陸…

記事を読む

北陸新幹線(北陸・信州の観光)
△宇奈月温泉の場所(富山県黒部市宇奈月温泉)3000m級の立山連峰に囲まれた富山県には、さまざまな観光名所や温泉地があります。北陸新幹線が2015年3月14日に開通し、東…

記事を読む

IMG_20東尋坊夕陽80.JPG△..

北陸新幹線(北陸・信州の観光)
△東尋坊と日本海に落ちる夕陽北陸新幹線が東京ー富山・金沢間に開通し、北陸が首都圏の人々にとってずいぶん近い存在になりました。北陸にはさまざまな観光スポットがあ…

記事を読む

北陸新幹線(北陸・信州の観光)
2015年3月14日に北陸新幹線が開業し、東京〜富山・金沢が結ばれました。北陸新幹線の速達列車「かがやき号」で東京ー金沢の所要時間は最短で2時間28分。△北陸新幹線「…

記事を読む

東京から能登半島の名湯「和倉温泉」へ北陸新幹線を使って行く交通手段は?

212.jpg
△能登半島の人気温泉地「和倉温泉」の全景(写真提供:石川県観光連盟)

温泉が「湧く浦」ということから名付けられた能登半島を代表する温泉地、和倉温泉。

七尾湾に沿って立ち並ぶ高級旅館の数々では開放的な海景や旬の魚介類をゆったりと楽しめると評判。

2015年3月に北陸新幹線が東京〜金沢に延伸開業したことで、和倉温泉への首都圏からの交通アクセスも随分よくなりました。

 今回は、東京から和倉温泉へ行く交通手段についてまとめてみました。
スポンサーリンク




東京〜和倉温泉へ北陸新幹線+JR在来線で行く方法

@東京〜金沢駅間の移動は北陸新幹線「かがやき」が便利
IMG_2451.JPG
△東京ー富山・金沢を結ぶ北陸新幹線。2015年3月14日にデビュー

 東京から和倉温泉に行くには、まず、北陸新幹線の終点 金沢駅まで移動します。

北陸新幹線には、「かがやき」「はくたか」「つるぎ」「あさま」がありますが、その中で「かがやき」が速達列車です。

「かがやき」に乗った場合、東京から金沢間の所要時間は最短2時間28分です。

ちなみに、東京駅6:16発金沢行の「かがやき501号」に乗れば金沢駅には、8:46に到着します。

 北陸新幹線は アイボリーホワイトに青色と銅色のラインが入った車両。北陸の伝統と未来を融合させたイメージで設計されています。

北陸新幹線「かがやき」には、普通車、グリーン車のほかに、最上クラスのグランクラスも連結されています。

グランクラスは、飛行機のファーストクラスに似た雰囲気の車両。1両に18席しか座席がなく、本革で包み込まれるようなシート。軽食やドリンクサービスもあるのもグランクラスの特徴です。
IMG_2478.JPG
△高級感あふれる北陸新幹線の最上クラスシート「グランクラス」

スポンサーリンク




A金沢駅〜和倉温泉間には、特急能登かがり火号などが運行

IMG_220特急能登かがり火0.JPG
△金沢〜和倉温泉間は「特急能登かがり火号」や「特急サンダーバード号」が約1時間で結ぶ

東京〜金沢駅間で北陸新幹線に乗車し、金沢駅で降りると在来線に乗り換えです。

金沢〜和倉温泉間には、特急列車では、「特急能登かがり火号」、「特急サンダーバード号」が運行しています。

「特急能登かがり火号」は北陸新幹線開業に合わせて新設される特急列車で、金沢〜和倉温泉間を1日5往復。

特急サンダーバード号は、大阪〜金沢〜和倉温泉間を1日1往復運転します。それぞれ、金沢〜和倉温泉間の所要時間は約1時間です。

ちなみに、2015年10月以降は、同区間に輪島塗や加賀友禅をイメージしてデザインされた観光列車「花嫁のれん号」も新たに加わり休日を中心に1日2往復で運転。

普通列車で金沢〜和倉温泉間を移動する場合、金沢〜七尾(JRいしかわ鉄道、JR七尾線)に乗車し、七尾駅で のと鉄道(穴水行)に乗り換えて1駅行くと和倉温泉駅に着きます。

普通列車で移動する場合、金沢〜和倉温泉間は、1時間半強かかります。

BJR(のと鉄道)和倉温泉駅〜宿は、宿の送迎(要予約)または路線バスで

和倉温泉駅は、名湯 和倉温泉の玄関口。温泉街の中心までは2kmほど離れています。

和倉温泉の宿に既に宿泊予約をしている場合は、事前に連絡しておけば宿まで送迎してくれるケースが多いです(※宿によります)。

なお、公共の交通機関を使って和倉温泉の温泉街まで移動する場合、JR和倉温泉駅前から出ている路線バス(北鉄能登バスまたは能登島交通バス)に乗り、約5分で和倉温泉街の中心にある和倉温泉BSに到着します。

和倉温泉の歴史と魅力

903.jpg
△豊かな海に囲まれて和倉温泉の温泉街は広がる(写真提供:石川県観光連盟)

» 

全国には速度や利便性を追求した特急列車が走る一方、遊び心ある観光向け列車も存在します。それらは非日常感を味あわせてくれます。一方。寝台特急サンライズ瀬戸、サンライズ出雲、特急スーパーおき、特急あずさほか、長距離を走る特急列車もいろいろあります。事前に車窓の見どころや座席配置、列車時刻表を調べておくと、列車旅の見どころをより深く味わえるような気がします。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
なお、JRの特急列車や新幹線など鉄道を使って旅をするとき、ネットでの予約も活用したいところ。例えばJR東日本ネットステーションが運営する「えきねっと」で、JRの新幹線・特急列車をパソコンから予約することができます。座席の空席情報照会、割引やポイントサービスもあり重宝します。

NHK朝ドラ「まれ」のロケ地 能登半島の「輪島」へ東京から北陸新幹線を使って行く方法|「まれ」のあらすじ・ネタバレ

 192.jpg
△地元で獲れた鮮魚や民芸品など販売する露店が連なる「輪島の朝市」(写真提供:石川県観光連盟)

北陸新幹線が2015年3月14日に富山・金沢に延伸開業したことで、北陸が一気に近くなりました。

能登半島の北端にあるまち輪島も首都圏からのアクセスが便利になったまちのひとつ。
スポンサーリンク




輪島といえば、2015年のNHK連続テレビ小説「まれ」(※)の舞台になることでも話題になりました。北陸新幹線に乗って改めてNHK朝ドラ「まれ」の舞台である能登半島行ってみたいと思う方も増えてくるに違いありません。

※NHK連続テレビ小説「まれ」:2015年3月30日(月)〜9月26日(土)(全156回)放送

(地図)

△2015年NHK連続テレビ小説「まれ」の舞台、輪島の場所

 NHK朝ドラ「まれ」のロケの多くは能登半島で行われたそうです。東京から輪島までの交通アクセスの前に、NHK朝ドラ「まれ」のあらすじについてNHK「まれ」公式ホームページをもとに以下、簡単にまとめてみまし

2015年のNHK朝ドラ「まれ」のあらすじ

 NHK朝ドラ「まれ」のヒロインは、土屋太鳳さん演じる津村希(つむらまれ)。希(まれ)は、希望の「希」の意で、そのストーリーは「夢」や「希望」をテーマに展開していきます。

 大きな夢を抱き、都会でひと山当ててやろうとする大泉洋さん演じる希(まれ)の父親。しかし事業に失敗してしまい、希(まれ)の家族は破産寸前で能登の漁師町に引っ越しをすることに。

しかし、希(まれ)の父親はその夢を捨てきれず、能登でも一旗揚げてやろうと事業に挑戦。

しかし、再び失敗してしまいます。一方の常盤貴子さん演じる希(まれ)の母親は堅実な性格。女手ながら、能登の塩田で力作業をしたり農業をしたりして、夫の損失を埋めようと地道に手堅い仕事をつづけます。

そんな両親の姿を見て育った希(まれ)は、高校卒業後、輪島市役所に就職することになります。

 それは、苦しい家計を助けるために公務員になって安定したくらしを手に入れ両親を楽にさせたいという思いからの仕事選びでした。しかし、輪島市役所で働いているうちに、その心境には変化が訪れます。

 輪島市役所では希(まれ)は、都会から能登に夢を持ち移住してきた人々の世話をする業務を担当します。

そこには目を輝かせて輪島に移住したいと語る人々が次々とやってきました。彼らと接する日々のなかで、希(まれ)は、自身がかつてケーキ職人になりたいという夢を抱いていたことを思い出します。

 希(まれ)の「ケーキ職人になりたい」という思いは日に日に高まっていきました。

そして自分の夢をどうしても捨てられず、家族の反対を押し切り、ついに輪島市役所を退職。フランス帰りのカリスマシェフが営む、横浜の洋菓子店で修行をするために家を出ます。

「世界一のケーキ職人になる!」そんな夢を胸に横浜の洋菓子店で修業をはじめた希(まれ)。しかし、そこにはさまざまな試練が待ち構えているのでした。

人間同士のトラブル、結婚との両立の難しさ、競争の激しいコンクールなど・・しかし希(まれ)は、めげず、それらの試練を乗り越え成長をしていきます。

そして、ついに能登に戻って自分の洋菓子店を開く日がやってくるのでした・・
スポンサーリンク




東京〜輪島へ公共の交通機関(電車とバス)で移動する方法

@東京〜金沢駅は北陸新幹線「かがやき」で最短2時間28分
IMG_2451北陸新幹線.JPG
△北陸新幹線のW7系車両。速達列車が「かがやき」停車駅が多いものが「はくたか」、富山ー金沢のシャトル列車が「つるぎ」

 NHK朝ドラ「まれ」の舞台、輪島に東京から行くには、まず、北陸新幹線で金沢まで移動します。

北陸新幹線の速達列車「かがやき」に乗れば東京〜金沢の所要時間は、最短2時間28分。ちなみに、東京駅6:16発金沢行の始発列車にあたる「かがやき501号」に乗れば、終点の金沢駅には、8:46に到着します。
IMG_247北陸新幹線6.JPG
△北陸新幹線の普通車両。全席に電源コンセントが設置

A金沢駅〜七尾・和倉温泉駅間には「特急能登かがり火号」も運行/名湯 和倉温泉について

金沢駅からは、在来線に乗り換え、IRいしかわ鉄道、JR七尾線、のと鉄道を乗り継いで穴水駅まで移動します。

・IRいしかわ鉄道(金沢〜津幡)
・JR七尾線(津幡〜七尾)
・のと鉄道(七尾〜和倉温泉〜穴水)

 上記のように区間は分かれていますが、IRいしかわ鉄道はJR北陸線から分かれた第三セクター鉄道でJR七尾線とは一本のレールでつながっており、金沢駅から七尾駅間はほとんどの列車が直通運転をしています。

 なお、金沢〜七尾・和倉温泉間には、特急列車(特急能登かがり火号、特急サンダーバード号)も運行しています。

「特急能登かがり火号」は金沢〜和倉温泉間を1日5往復、「特急サンダーバード号」は、大阪〜和倉温泉間を1日1往復運転しています。

普通列車の場合、金沢〜七尾間は約1時間30分かかりますが、特急列車の場合、金沢〜七尾間の所要時間は約60分とずいぶん短縮されます。
IMG_378特急能登かがり火2.JPG
△北陸新幹線の開業に合わせ、新たに誕生した「特急能登かがり火号」。金沢ー和倉温泉を約1時間で結ぶ

 ちなみに、金沢〜七尾・和倉温泉間には、2015年10月より、輪島塗や加賀友禅をイメージしてデザインされた観光列車「花嫁のれん号」も新たに加わりました。休日を中心に1日2往復で運転。

 なお、金沢駅から特急列車(特急能登かがり火号または特急サンダーバード号)に乗った場合、終点は、七尾駅からひと駅先の和倉温泉駅になります。

和倉温泉駅は、名湯 和倉温泉の玄関口。駅前から七尾バスに5分ほど揺れらると和倉温泉街の中心地までアクセスできます。

和倉温泉は、1200年の歴史のある温泉で、日本海に沿って「和倉温泉 加賀屋」をはじめ高級旅館が林立。

加賀屋は、「プロが選ぶ日本のホテル・旅館100選」で30年以上、連続で総合日本一に輝いている温泉宿です。

212.jpg
△能登半島の東部に湧く和倉温泉には高級旅館が軒を連ねる(写真提供:石川県観光連盟)

 和倉温泉の温泉宿は、日本海で水揚げされた海の幸、能登牛、加賀野菜といった郷土の味覚や、身体の芯まで温まる良質の温泉が魅力。

(和倉温泉での宿泊)
>>和倉温泉の人気温泉宿一覧

 和倉温泉は、ホテルや旅館が多いエリア。

東京から輪島に旅する場合、1日目は和倉温泉に宿泊して2日目朝に、和倉温泉を出発して輪島に向かうと、旅の行程がゆったりすると思います。

B七尾・和倉温泉〜輪島は、のと鉄道+北鉄バスで移動

201.jpg
△七尾駅〜穴水駅を結ぶ「のと鉄道」(写真提供:石川県観光連盟)

 のと鉄道(七尾〜穴水間)は1時間に1本ほどのダイヤ※で普通列車が運行しています。七尾駅〜穴水駅間の所要時間は約40分ほど(和倉温泉〜穴水の所要時間は約35分)。

運賃は七尾〜穴水間が830円(和倉温泉〜穴水間680円/※のと鉄道の時刻表はこちら

 のと鉄道の終点、穴水駅は輪島より20kmほど南に位置します。

輪島に行くには、穴水駅で、北鉄バスに乗り換えとなります(かつては穴水〜輪島間にも鉄道が走っていましたが廃止になりました)。

 穴水駅前から輪島駅前を結ぶバスは 北鉄バス(穴水輪島線)で。1時間に1本ほどの本数があります。

穴水駅前ー輪島駅前の所要時間は約40分です(北鉄バス 穴水輪島線の時刻表

 以上、金沢駅〜輪島間の鉄道+バスを使った移動手段でした

» 

全国には速度や利便性を追求した特急列車が走る一方、遊び心ある観光向け列車も存在します。それらは非日常感を味あわせてくれます。一方。寝台特急サンライズ瀬戸、サンライズ出雲、特急スーパーおき、特急あずさほか、長距離を走る特急列車もいろいろあります。事前に車窓の見どころや座席配置、列車時刻表を調べておくと、列車旅の見どころをより深く味わえるような気がします。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
なお、JRの特急列車や新幹線など鉄道を使って旅をするとき、ネットでの予約も活用したいところ。例えばJR東日本ネットステーションが運営する「えきねっと」で、JRの新幹線・特急列車をパソコンから予約することができます。座席の空席情報照会、割引やポイントサービスもあり重宝します。

北陸新幹線を使って、富山県の名湯「宇奈月温泉」に行く交通手段は?


△宇奈月温泉の場所(富山県黒部市宇奈月温泉)

3000m級の立山連峰に囲まれた富山県には、さまざまな観光名所や温泉地があります。

北陸新幹線が2015年3月14日に開通し、東京ー富山・金沢が結ばれました。そのことにより東京から行きやすくなった温泉地のひとつに宇奈月温泉があります

 宇奈月温泉は黒部峡谷のちょうど玄関口に湧く温泉。渓谷の豊かな自然に囲まれて湧く透明度の高い湯や、温泉宿の膳をにぎわせる海山の幸が魅力。

 では、北陸新幹線を使って宇奈月温泉に行くには一体、どのように行けばよいのでしょうか?今回は、東京〜宇奈月温泉の交通手段についてまとめてみました。
スポンサーリンク




東京〜宇奈月温泉へは、北陸新幹線はくたか号+富山地鉄で

IMG_2451北陸新幹線 車両.JPG
△北陸新幹線の車両(E7系)

北陸新幹線は長野新幹線(東京ー長野)を富山・金沢方面にさらに延伸したものです。

長野より北上し、飯山、上越妙高と過ぎてからは西に方向を変え日本海側を進んでいきます。

東京から宇奈月温泉に行くためには、まず北陸新幹線で、富山駅の手前にある、黒部宇奈月温泉駅まで移動することになります。

注意点として、黒部宇奈月温泉駅には、北陸新幹線の速達列車「かがやき号」停まりません。

それよりも停車駅の多い「はくたか号」が停車するので、東京駅から「はくたか号」に乗車しておくのがよさそうです。

北陸新幹線の「はくたか号」は、1時間に1本ほどのダイヤが組まれており 東京駅〜黒部宇奈月温泉間を最短で2時間14分で結びます(北陸新幹線 東京⇔黒部宇奈月温泉 「はくたか号」のダイヤ

「黒部宇奈月温泉」という「温泉」を冠した駅名から想像するに、駅を出たら宇奈月温泉か?と思いきや、そうではありません。

宇奈月温泉へ行くには、黒部宇奈月温泉駅で富山地方鉄道本線(富山地鉄)に乗り換える必要があります。
4cf528118009de540dced5b47753512f.jpg
△宇奈月温泉の最寄り駅、富山地鉄の宇奈月温泉駅(写真:富山市提供)

北陸新幹線の黒部宇奈月温泉駅(東口)を出て、2分ほど歩いたところにある富山地方鉄道本線(富山地鉄)の「新黒部駅」があります。

「新黒部駅」から、富山地鉄の宇奈月温泉行に乗車して終点の宇奈月温泉へ。宇奈月温泉駅は新黒部駅から10駅目で所要時間は約20分です。
IMG_29電鉄富山〜宇奈月温泉間を結ぶ富山地鉄の電車89.JPG
△電鉄富山〜宇奈月温泉間を結ぶ富山地鉄の電車

宇奈月温泉駅に到着すれば、そこは宇奈月温泉の中心地。

宇奈月温泉の温泉宿が黒部峡谷の緑のなかに連なっています。黒部川に沿い「宇奈月温泉 宇奈月グランドホテル」ほか、近代的な大型温泉宿が中心に立ち並んでいます。

宇奈月温泉の魅力
1a0ddad723d972eceddff939f29579a5.jpg
△宇奈月温泉の温泉街(写真:富山市提供)

宇奈月温泉は大正12年(1923年)に開湯した比較的新しい温泉。

宇奈月温泉の湯は、日本有数の透明度を誇るやわらかい湯。泉質はアルカリ性単純泉です。
スポンサーリンク




1日に3000リットルが湧出し湯量も豊富。リウマチや神経痛などに効き目があるとされ体の芯からあたたまります

(宿泊情報)宇奈月温泉の人気温泉宿一覧はこちら

宇奈月温泉の温泉宿では、各宿の膳をにぎわせる海山の幸も魅力。

宇奈月温泉は山峡の地にありながらも、距離的に日本海に近いだけに、富山湾の魚介類が多く仕入れられます。

山菜など山の幸と富山湾で水揚げされた新鮮な海の幸のハーモニーは味わい深いものがあります。

A_9745f5650cc26bf95ea86d8fb10b8bc1.jpg
△富山名物のヤリイカ(写真:富山市提供)※写真はイメージです

» 

全国には速度や利便性を追求した特急列車が走る一方、遊び心ある観光向け列車も存在します。それらは非日常感を味あわせてくれます。一方。寝台特急サンライズ瀬戸、サンライズ出雲、特急スーパーおき、特急あずさほか、長距離を走る特急列車もいろいろあります。事前に車窓の見どころや座席配置、列車時刻表を調べておくと、列車旅の見どころをより深く味わえるような気がします。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
なお、JRの特急列車や新幹線など鉄道を使って旅をするとき、ネットでの予約も活用したいところ。例えばJR東日本ネットステーションが運営する「えきねっと」で、JRの新幹線・特急列車をパソコンから予約することができます。座席の空席情報照会、割引やポイントサービスもあり重宝します。

東京から北陸新幹線+公共の交通機関で福井県の東尋坊へ行く交通手段は?

IMG_20東尋坊夕陽80.JPG
△東尋坊と日本海に落ちる夕陽

北陸新幹線が東京ー富山・金沢間に開通し、北陸が首都圏の人々にとってずいぶん近い存在になりました。

北陸にはさまざまな観光スポットがありますが、福井県を代表する観光名所のひとつに「東尋坊」があります。

スポンサーリンク




東尋坊といえば、火曜サスペンスなどにしばしば登場する、高さ25mにも及ぶ断崖絶壁がつづく景勝地。

その断崖は1km近くにもわたって続いており、国の天然記念物にも指定されています。

近年は、夕陽の美しさなどから、恋人の聖地としても注目されています

そんな東尋坊へ、北陸新幹線と公共の交通機関を使って行くには、どのようなルートがあるのでしょうか?

以下北陸新幹線と公共の交通機関を使って東尋坊に訪れるルートを2つ紹介します。
IMG_2451.JPG
△東尋坊に行くには、まずは北陸新幹線「かがやき」または「はくたか」を使って金沢へ移動

@「芦原温泉駅で下車して京福バスで東尋坊へ行く方法
A「福井駅で下車して、えちぜん鉄道+京福バスで東尋坊へ行く方法

上記@Aルートで共通していることは、東京から北陸新幹線で金沢駅までまず移動すること。北陸新幹線「かがやき」に乗れば、東京〜金沢は最短で2時間28分です。

金沢駅からは、JR北陸本線の特急列車(または普通列車)で福井方面へ向かうということになります。それぞれ細かく見てみましょう

スポンサーリンク




@「芦原温泉駅で下車して京福バスで東尋坊へ行く方法
IMG_2200.JPG
△金沢から福井方面へは特急「しらさぎ」「特急サンダーバード」がアクセス
※同区間には特急ダイナスターも走りますが、21時以降となります。

東京駅→(北陸新幹線)→金沢駅→(JR北陸本線の特急列車または普通列車)
→芦原温泉駅→(京福バス89系統)→東尋坊


北陸新幹線の金沢駅を下車したら、在来線(JR北陸本線)の列車に乗り換え、芦原温泉駅まで向かいます。

その区間を、特急列車を使って移動するなら、「特急しらさぎ号(米原行または名古屋行)」または「特急サンダーバード号(大阪行)」に乗車します(※特急サンダーバードのなかには芦原温泉駅を通過するものもあるので注意)

特急列車で金沢〜芦原温泉駅間の所要時間は37分です(普通列車の場合、約50分)。

芦原温泉駅を出ると、駅前ロータリーから京福バスのバスが発着しています。

乗り換えなしで東尋坊に行くためには、89系統「金津・東尋坊線」に乗車します。東尋坊までの所要時間は約40分、運賃はおとな片道750円です。

なお、「松島水族館先回り」「三国駅前先回り」がありますが、いずれに乗っても東尋坊を経由します。(>京福バス)

A「福井駅で下車して、えちぜん鉄道+京福バス」で東尋坊へ行く方法
IMG_2037.JPG
△福井〜あらわ湯のまち〜三国〜三国港を結ぶ「えちぜん鉄道」

東京駅→(北陸新幹線)→金沢駅→(JR北陸本線の特急列車または普通列車)
→福井駅→(えちぜん鉄道)→三国駅→(京福バス89系統)→東尋坊


こちらのルートは、距離としては大回りになり、交通費も余分にかかってしまいます。ただ、えちぜん鉄道の列車旅もも併せて楽しめるルートです。

北陸本線の金沢駅に到着したら、JR北陸本線の在来線の列車に乗り換え福井方面へ。

特急列車を利用するなら、特急サンダーバード(大阪行)や、特急しらさぎ号(米原行または名古屋行)を利用。
IMG_20JR特急サンダーバード92.JPG
△大阪〜金沢間を結ぶJR特急サンダーバード号

特急列車の金沢駅〜福井駅間の所要時間は約45分です(普通列車を利用した場合の所要時間は約1時間20分)。

JR福井駅東口を出て2分ほど歩くと、えちぜん鉄道福井駅があります。

えちぜん鉄道には、芦原三国線と永平寺線がありますが、東尋坊に行くなら芦原三国線の「三国港行」に乗車します。

えちぜん鉄道三国芦原線は1時間に2本ほどのダイヤが組まれています。
IMG_2030.JPG
△えちぜん鉄道の車窓風景。越前そばの本場だけに、沿線には蕎麦畑が多く連なる

えちぜん鉄道は、六条大麦や蕎麦の畑を車窓に映しながらのんびり走っていくローカル線。

昼間は専用アテンダントが列車に乗り込み乗降客の世話や簡単な観光案内も行っています。

福井駅を出て46分ほど走った三国駅で下車し、駅前より出ている京福バス89系統(金津・東尋坊線)に乗換え東尋坊へ向かいます。

89系統のバスは、JR芦原温泉駅から東尋坊へ向かうバスと同じ系統ですが、三国駅を経由しているのです。

えちぜん鉄道(福井駅〜三国駅)の所要時間は46分、片道の運賃は720円です。

また、京福バス(三国駅前停〜東尋坊停間の運賃は片道270円、所要時間は約12分です。

東尋坊停に着くと、すぐ近くには、日本海が広がっています。そして、東尋坊の断崖絶壁が連なる絶景が眼下にあらわれます。

» 

全国には速度や利便性を追求した特急列車が走る一方、遊び心ある観光向け列車も存在します。それらは非日常感を味あわせてくれます。一方。寝台特急サンライズ瀬戸、サンライズ出雲、特急スーパーおき、特急あずさほか、長距離を走る特急列車もいろいろあります。事前に車窓の見どころや座席配置、列車時刻表を調べておくと、列車旅の見どころをより深く味わえるような気がします。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
なお、JRの特急列車や新幹線など鉄道を使って旅をするとき、ネットでの予約も活用したいところ。例えばJR東日本ネットステーションが運営する「えきねっと」で、JRの新幹線・特急列車をパソコンから予約することができます。座席の空席情報照会、割引やポイントサービスもあり重宝します。

北陸新幹線で金沢に行ったら足をのばしておきたい4つの観光スポットと交通手段(兼六園ほか)

2015年3月14日に北陸新幹線が開業し、東京〜富山・金沢が結ばれました。北陸新幹線の速達列車「かがやき号」で東京ー金沢の所要時間は最短で2時間28分。
IMG_16北陸新幹線(東京〜富山・金沢)11.JPG
△北陸新幹線「かがやき」(東京〜金沢)

2015円現在の北陸新幹線のダイヤを眺めてみると、下りの始発列車(東京駅6:18発の「かがやき501号」)に乗れば金沢駅には8:46に到着します。

上りは金沢駅発21:00の「かがやき518号」に乗れば東京駅に23:32に到着となります。(北陸新幹線の時刻表

つまり、北陸新幹線の開通によって金沢への旅行が日帰りでも十分可能となり、最大で12時間近く、現地金沢に滞在できるという計算になります。

IMG_24北陸新幹線「かがやき号」、「はくたか号」に連結されている最上級車両「グランクラス」
78.JPG
△北陸新幹線「かがやき号」、「はくたか号」に連結されている最上級車両「グランクラス」

IMG_158北陸新幹線の普通車車両の座席3.JPG
△北陸新幹線の普通車車両の座席

では、そんな金沢に着けばどのように観光を楽しめばよいのでしょうか?
スポンサーリンク




まず押さえておきたいことは、金沢市内の観光スポットは、兼六園をはじめ駅から距離が少し離れていること。ですから、路線バスと徒歩をうまく組み合わせて廻ると便利です。

路線バスでは、金沢駅東口から発着している北陸鉄道のバス(北鉄バス)を利用すると便利。

特に、北鉄バスの「城下まち金沢周遊1日フリー乗車券」(大人500円、子供250円)を購入すれば途中下車を何度もできるので観光しやすいです。

IMG_3164金沢.JPG
△金沢駅東口を出てすぐのところにある、北鉄バスのチケット売り場

(北鉄バス DATA)
・北鉄バス路線図、時刻表 
・北鉄バスの運賃(平日)大人200円、子供100円/(土日祝)大人100円、子供50円
★「城下まち金沢周遊1日フリー乗車券」(大人500円、子供250円)

※北鉄のバスの「城下まち金沢周遊1日フリー乗車券」は金沢駅東口の専用売り場などで販売しています。

さて、金沢を路線バスを使って観光する場合、一体、どこをどのような交通手段で廻れば見どころをおさえられるのでしょうか?

そこで、金沢の人気のスポットを以下の4つに絞り、路線バスと徒歩で廻るルートを以下まとめてみました。
スポンサーリンク




金沢市内のおススメ4スポットとコース

★<金沢駅東口>→@<ひがし茶屋街>→A<兼六園・金沢城址>
→B<21世紀金沢美術館>→C<近江町市場>→★<金沢駅>


金沢駅

IMG_3595.JPG
△和の意匠が凝らされた北陸新幹線の終点、金沢駅

 兼六園などに向かう北鉄バスは、金沢駅東口から発着しています。

北陸新幹線を降りて、金沢駅東口(3番のりば)から出ている北鉄バス(右回りルート)に乗車(15分間隔で運行しています)。

金沢駅を出てまず足を運んでおきたいのは、金沢の観光ポスターでも有名な「ひがし茶屋街」です。

12分ほど走って「橋場町」停を下車すると、「ひがし茶屋街」まで歩いてわずかです。

@<ひがし茶屋街
003.jpg
△金沢の古い歴史を感じさせる「ひがし茶屋街」(写真:金沢市提供)

「ひがし茶屋街」には、江戸時代の風情がただよう古い町並みがつづいています。

町家カフェや、茶屋、雑貨やなどが並び、風情を感じるそぞろ歩きを楽しめるエリアです。

また、「志摩」「懐華楼」など茶屋建築を見学できるスポットもあり(志摩:9〜18時、入館料500円、無休/懐華楼:9〜17時、入館料750円、無休)。

買い物を楽しむなら、加賀友禅など金沢の工芸品を扱うお店も必見です。ただ、あまり早い時間に着きすぎると営業時間前の店もあるので注意。

A<兼六園・金沢城址

「ひがし茶屋街」でのそぞろ歩きを楽しんだら、いよいよ金沢で最も有名な観光スポット「兼六園」へ。

「ひがし茶屋街」の最寄りバス停「橋場町」停から再び北鉄バス(右回りルート)に乗って5分ほど走った「兼六園下・金沢城」停で下車。石川門の向かいにバスは停まります。

» 

全国には速度や利便性を追求した特急列車が走る一方、遊び心ある観光向け列車も存在します。それらは非日常感を味あわせてくれます。一方。寝台特急サンライズ瀬戸、サンライズ出雲、特急スーパーおき、特急あずさほか、長距離を走る特急列車もいろいろあります。事前に車窓の見どころや座席配置、列車時刻表を調べておくと、列車旅の見どころをより深く味わえるような気がします。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
なお、JRの特急列車や新幹線など鉄道を使って旅をするとき、ネットでの予約も活用したいところ。例えばJR東日本ネットステーションが運営する「えきねっと」で、JRの新幹線・特急列車をパソコンから予約することができます。座席の空席情報照会、割引やポイントサービスもあり重宝します。
鉄道に乗って地方のまちにいくと、列車が一日数本しか走っておらず 待ちぼうけを余儀なくされることもしばしばあります。しかし、そこにも魅力があるような気がします。列車の待ち時間、駅の周辺を歩いて古い町並みや美しい花々を見つけたり、素朴な店に入って地域の味覚や文化の表象を見つけたり・・それは待ち時間があるからこそ発見できるちいさな幸せの数々であるような気がします。

スポンサーリンク

日本は地形の変化に富む島国であり、車窓には四季折々のさまざまな景色が展開します。紺碧の海、連なる桜並木、霧煙る深遠な山々、のどかな農村風景、歴史あるまちなみ、エメラルドグリーンの渓流、流れる夜景・・乗る路線によって展開する景色はそれぞれ違い、心に留まる風景を見つけるのも、鉄道旅の醍醐味であると感じます。

列車を使ったひとり旅のすすめ
気持ちが晴れないときは電車に揺られふらりとひとり旅をするというのもおススメです。日常生活から少し外に出てみることで、今まで見えなかったものが見えてくることがあるからです。レールの軋みに耳を澄ませ、車窓に流れる風景を眺めていると、それだけでも心が癒されます。

緑あふれる田畑や残雪の山並み、広大な海など眺めているうちに、人生を切り開くヒントが見えてくることもあるものです。また、温泉にゆっくり浸かってみるのも心身のエネルギーを高めるために有効です。(楽天トラベル)>>全国のひとり旅に適した人気温泉宿一覧はこちら
人気記事

    古びた駅舎、郷土の駅弁、出会う人々、車窓に流れる四季折々の風景・・鉄道をつかった旅にはさまざまな魅力があります。

    スポンサーリンク
    車窓に流れる風景、レールを軋ませる音、地域のグルメや温泉、人との出会い・・鉄道の旅にはロマンがあります。

    カテゴリ
    新幹線(22)
    北陸新幹線(特集)(9)
    北陸新幹線(北陸・信州の観光)(15)
    寝台列車・夜行列車(15)
    JR北海道(特急・観光列車)(6)
    JR北海道(快速・普通列車)(6)
    北海道・東北エリアの私鉄(3)
    JR東日本(東北)特急・観光列車(5)
    JR東日本(東北)快速・普通(4)
    JR東日本(関東)特急・観光列車(11)
    JR東日本(関東)快速・普通(26)
    東武・京成・京急(12)
    小田急・西武・京王(6)
    JR東日本(北信越)特急・観光列車(4)
    JR東日本(北信越)快速・普通(6)
    関東地方のその他私鉄(12)
    北信越エリアの私鉄(15)
    JR(東海・北陸)特急・観光列車(19)
    JR(東海・北陸)快速・普通列車(10)
    東海・北陸エリアの私鉄(10)
    天竜浜名湖鉄道(19)
    JR西日本 特急列車・観光列車(35)
    JR西日本(関西:快速・普通列車)(15)
    南海・近鉄(20)
    阪急・阪神・山陽電鉄(5)
    関西のその他私鉄(10)
    JR西日本(山陽山陰)快速・普通(22)
    JR四国(特急列車・観光列車)(17)
    JR四国(快速・普通列車)(5)
    中国・四国の私鉄(9)
    JR九州(特急列車・観光列車)(19)
    JR九州の快速・普通列車(7)
    九州の私鉄(6)
    鉄道関連のニュース、その他(17)
    全国の市電・路面電車(7)
    日本の駅そば・うどん(14)
    周遊券などオトク切符(JR)(9)
    周遊券などオトク切符(北陸特集)(4)
    その他(16)
    私鉄のオトク切符(2)
    レトロな駅舎・遺構(22)
    日本全国の名物駅弁(28)
    終着駅と周辺の見どころ(7)
    鉄道運行状況確認サイトまとめ(2)
    サイトマップ
    はじめに
    JR新幹線、特急列車、快速列車、普通列車、寝台列車など日本全国には数多くの鉄道車両が走っています。各車両にはそれぞれの個性があります。 停車駅、車窓、座席、車両の特徴、沿線の観光、グルメなど、「鉄道」をテーマに写真と文章で紹介。皆様が鉄道旅行を快適に楽しんでいただくための参考資料のひとつになれば幸いです
    スポンサーリンク
    QRコード
    最近の記事
    過去ログ
    ラベルリスト
    リンク集
    サイト内検索
    スポンサーリンク
    Copyright © 【平成〜令和へ】鉄道の旅百科|JR特急,北陸新幹線,私鉄,停車駅,時刻表,座席,鉄道旅行記 All Rights Reserved.

    テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます