レトロな駅舎・遺構のカテゴリ記事一覧

事前に車窓の見どころや座席配置、時刻表など調べておくと列車旅をより快適に楽しめることもあるものです。個性的な列車に揺られ、四季折々の風景や郷土の味覚と出逢う日本全国鉄道の旅へ!
スポンサーリンク
JR新幹線、特急列車、快速列車、普通列車、寝台列車など日本全国には数多くの鉄道車両が走っています。各車両にはそれぞれの個性があります。JRの特急列車や新幹線など鉄道を使って旅をするとき、ネットでの予約も活用したいところ。例えば駅探「新幹線で行く、休日の旅」は新幹線往復チケットとホテルがセットになった割引プラン。ネットを活用してひとりから申し込むことができます。

カテゴリ:レトロな駅舎・遺構

レトロな駅舎・遺構のカテゴリ記事一覧。JR特急列車や北陸新幹線ほか新幹線、JR快速・普通列車、私鉄など鉄道をつかった「列車の旅行」をテーマにしたブログ。停車駅、座席、時刻表、沿線の観光、駅弁、駅そば、駅舎他。時代は平成から令和へ。 
IMG_02JR武豊線にある亀崎駅は明治19年(1886年)に開業した日本最古の現役駅舎73.JPG△..

レトロな駅舎・遺構
△JR武豊線にある亀崎駅は明治19年(1886年)に開業した日本最古の現役駅舎2015年3月1日、愛知県大府市の大府駅と知多半島の武豊駅を結ぶJR武豊線が電化されることにな…

記事を読む

IMG_9567美作滝尾駅 JR因美線.JPG岡..

レトロな駅舎・遺構
岡山県の美作地方と鳥取県を結ぶJR因美線。その沿線に美作滝尾駅という、昭和3年に立てられた小さな木造の駅舎があります。スポンサーリンク style="display:inline…

記事を読む

JR武豊線の沿線にある、日本最古の現役駅舎「亀崎駅」(愛知県半田市)

IMG_02JR武豊線にある亀崎駅は明治19年(1886年)に開業した日本最古の現役駅舎73.JPG
△JR武豊線にある亀崎駅は明治19年(1886年)に開業した日本最古の現役駅舎

2015年3月1日、愛知県大府市の大府駅と知多半島の武豊駅を結ぶJR武豊線が電化されることになりました。これまでJR武豊線は非電化路線で、キハ75形気動車などディーゼルカーが走っていました。

それが電化されることでJR東海道線などを走っている311系車両が投入。そして、愛知県内のJRの路線は、JR武豊線の電化により、すべて電化が完了するということになります。
スポンサーリンク




 JR武豊線の歴史をたどると古く、開通したのは明治19年(1886年)にさかのぼります。

開通理由は東海道本線敷設で使う資材を運搬するためだと伝えられています。その後、東海道線が開通したことで、武豊線は当初の役割を終えました。

ただ、沿線の住宅化が進み、JR武豊線の列車は、新たに通勤・通学の足として機能するようになり現在に至ります。

ただ、名古屋の近郊エリアにある路線でありながら取り残されたように電化されることなく、120年以上の年月が経過していました。

そして、JR武豊線の沿線には、古きよき時代を感じさせる木造駅舎が現存しています。
IMG_0209.JPG
 そんなJR武豊線の中ほどには、「日本最古の現役駅舎」とされるJR亀崎駅があります。

亀崎駅ができたのは、武豊線が開通したとき、つまり、明治19年(1886年)です。

 「日本最古の現役駅舎」と聞けば、山のなかにひっそりとたたずんでいるイメージが浮かんできそうなもの。

しかし、現在のJR亀崎駅の周囲には住宅地が広がっていて、連日、名古屋方面への通勤・通学客が多く利用しています。

乗降数はJR武豊線のなかでは大府駅を除くと一番多いのだとか。

また、JR亀崎駅は駅舎の内部の大部分は改装されていて、ローカル線ならではのひっそりとした木造駅舎という雰囲気とは少し異なっています。
IMG_01亀崎駅39.JPG

 ただ、JR亀崎駅駅舎の建物資産標に「M19年1月」の文字が記されていることのほか、駅舎全体のたたづまい、木でできた柱や壁などから、その長い歴史が伝わってきます。
IMG_028亀崎駅7.JPG

» 

全国には速度や利便性を追求した特急列車が走る一方、遊び心ある観光向け列車も存在します。それらは非日常感を味あわせてくれます。一方。寝台特急サンライズ瀬戸、サンライズ出雲、特急スーパーおき、特急あずさほか、長距離を走る特急列車もいろいろあります。事前に車窓の見どころや座席配置、列車時刻表を調べておくと、列車旅の見どころをより深く味わえるような気がします。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
なお、JRの特急列車や新幹線など鉄道を使って旅をするとき、ネットでの予約も活用したいところ。例えばJR東日本ネットステーションが運営する「えきねっと」で、JRの新幹線・特急列車をパソコンから予約することができます。座席の空席情報照会、割引やポイントサービスもあり重宝します。

JR因美線にある登録有形文化財登録の木造駅舎「美作滝尾駅」(岡山県津山市)

IMG_9567美作滝尾駅 JR因美線.JPG

岡山県の美作地方と鳥取県を結ぶJR因美線。その沿線に美作滝尾駅という、昭和3年に立てられた小さな木造の駅舎があります。
スポンサーリンク




JR美作滝尾駅は、平屋建ての駅で屋根は瓦葺き。

改札口や駅事務室、宿直室、待合室など木製で、長い年月をかけて使い古された木の質感が伝わってきます。

国鉄因美線時代の原型をとどめていることや、昭和初期の標準的な小規模駅舎であることなどが評価され、2008年にJR美作滝尾駅は、登録有形財に認定されました。

JR美作滝尾駅の背景には中国山地の山並みが連なり、周囲には田園も広がっています。

そんな豊かな自然に囲まれていることもさらにレトロな駅舎の雰囲気を高めてくれます。
IMG_9619美作滝尾駅.JPG

そんなJR美作滝尾駅は映画「男はつらいよ」(山田洋二監督 渥美清主演)のロケ地ともなったこともあります。

それは同シリーズの最終作となった映画『男はつらいよ 寅次郎紅の花 [ 渥美清 ]の冒頭シーン。

駅員が駅の事務室で新聞を読んでいると、そのなかに、寅次郎の尋ね人広告が掲載されていました。

そのとき、駅の窓口に寅次郎がやってきました。そして勝山までの切符を2枚購入するのでした・・
スポンサーリンク




…そんな映画のワンシーンに登場するのがJR美作滝尾駅です。映しだされる木造の机や椅子も美作滝尾駅の事務室のもの。

ちなみに無事にロケが終了した後、JR美作滝尾駅の駅前には、映画「男はつらいよ」の撮影記念碑も立てられました。
IMG_9662美作滝尾駅.JPG

» 

全国には速度や利便性を追求した特急列車が走る一方、遊び心ある観光向け列車も存在します。それらは非日常感を味あわせてくれます。一方。寝台特急サンライズ瀬戸、サンライズ出雲、特急スーパーおき、特急あずさほか、長距離を走る特急列車もいろいろあります。事前に車窓の見どころや座席配置、列車時刻表を調べておくと、列車旅の見どころをより深く味わえるような気がします。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
なお、JRの特急列車や新幹線など鉄道を使って旅をするとき、ネットでの予約も活用したいところ。例えばJR東日本ネットステーションが運営する「えきねっと」で、JRの新幹線・特急列車をパソコンから予約することができます。座席の空席情報照会、割引やポイントサービスもあり重宝します。
鉄道に乗って地方のまちにいくと、列車が一日数本しか走っておらず 待ちぼうけを余儀なくされることもしばしばあります。しかし、そこにも魅力があるような気がします。列車の待ち時間、駅の周辺を歩いて古い町並みや美しい花々を見つけたり、素朴な店に入って地域の味覚や文化の表象を見つけたり・・それは待ち時間があるからこそ発見できるちいさな幸せの数々であるような気がします。

スポンサーリンク

日本は地形の変化に富む島国であり、車窓には四季折々のさまざまな景色が展開します。紺碧の海、連なる桜並木、霧煙る深遠な山々、のどかな農村風景、歴史あるまちなみ、エメラルドグリーンの渓流、流れる夜景・・乗る路線によって展開する景色はそれぞれ違い、心に留まる風景を見つけるのも、鉄道旅の醍醐味であると感じます。

列車を使ったひとり旅のすすめ
気持ちが晴れないときは電車に揺られふらりとひとり旅をするというのもおススメです。日常生活から少し外に出てみることで、今まで見えなかったものが見えてくることがあるからです。レールの軋みに耳を澄ませ、車窓に流れる風景を眺めていると、それだけでも心が癒されます。

緑あふれる田畑や残雪の山並み、広大な海など眺めているうちに、人生を切り開くヒントが見えてくることもあるものです。また、温泉にゆっくり浸かってみるのも心身のエネルギーを高めるために有効です。(楽天トラベル)>>全国のひとり旅に適した人気温泉宿一覧はこちら
人気記事

    古びた駅舎、郷土の駅弁、出会う人々、車窓に流れる四季折々の風景・・鉄道をつかった旅にはさまざまな魅力があります。

    スポンサーリンク
    車窓に流れる風景、レールを軋ませる音、地域のグルメや温泉、人との出会い・・鉄道の旅にはロマンがあります。

    カテゴリ
    新幹線(22)
    北陸新幹線(特集)(9)
    北陸新幹線(北陸・信州の観光)(15)
    寝台列車・夜行列車(15)
    JR北海道(特急・観光列車)(6)
    JR北海道(快速・普通列車)(6)
    北海道・東北エリアの私鉄(3)
    JR東日本(東北)特急・観光列車(5)
    JR東日本(東北)快速・普通(4)
    JR東日本(関東)特急・観光列車(11)
    JR東日本(関東)快速・普通(26)
    東武・京成・京急(12)
    小田急・西武・京王(6)
    JR東日本(北信越)特急・観光列車(4)
    JR東日本(北信越)快速・普通(6)
    関東地方のその他私鉄(12)
    北信越エリアの私鉄(15)
    JR(東海・北陸)特急・観光列車(19)
    JR(東海・北陸)快速・普通列車(10)
    東海・北陸エリアの私鉄(10)
    天竜浜名湖鉄道(19)
    JR西日本 特急列車・観光列車(35)
    JR西日本(関西:快速・普通列車)(15)
    南海・近鉄(20)
    阪急・阪神・山陽電鉄(5)
    関西のその他私鉄(10)
    JR西日本(山陽山陰)快速・普通(22)
    JR四国(特急列車・観光列車)(17)
    JR四国(快速・普通列車)(5)
    中国・四国の私鉄(9)
    JR九州(特急列車・観光列車)(19)
    JR九州の快速・普通列車(7)
    九州の私鉄(6)
    鉄道関連のニュース、その他(17)
    全国の市電・路面電車(7)
    日本の駅そば・うどん(14)
    周遊券などオトク切符(JR)(9)
    周遊券などオトク切符(北陸特集)(4)
    その他(16)
    私鉄のオトク切符(2)
    レトロな駅舎・遺構(22)
    日本全国の名物駅弁(28)
    終着駅と周辺の見どころ(7)
    鉄道運行状況確認サイトまとめ(2)
    サイトマップ
    はじめに
    JR新幹線、特急列車、快速列車、普通列車、寝台列車など日本全国には数多くの鉄道車両が走っています。各車両にはそれぞれの個性があります。 停車駅、車窓、座席、車両の特徴、沿線の観光、グルメなど、「鉄道」をテーマに写真と文章で紹介。皆様が鉄道旅行を快適に楽しんでいただくための参考資料のひとつになれば幸いです
    スポンサーリンク
    QRコード
    最近の記事
    過去ログ
    ラベルリスト
    リンク集
    サイト内検索
    スポンサーリンク
    Copyright © 【平成〜令和へ】鉄道の旅百科|JR特急,北陸新幹線,私鉄,停車駅,時刻表,座席,鉄道旅行記 All Rights Reserved.

    テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます