JR東日本(関東)快速・普通のカテゴリ記事一覧

日本全国いざ鉄道の旅へ!
スポンサーリンク
事前に車窓の見どころや座席配置、時刻表など調べておくと列車旅をより快適に楽しめることも
スポンサーリンク
JR新幹線、特急列車、快速列車、普通列車、寝台列車など日本全国には数多くの鉄道車両が走っています。各車両にはそれぞれの個性があります。JRの特急列車や新幹線など鉄道を使って旅をするとき、ネットでの予約も活用したいところ。例えば駅探「新幹線で行く、休日の旅」は新幹線往復チケットとホテルがセットになった割引プラン。ネットを活用してひとりから申し込むことができます。
  • ホーム
  • »
  • JR東日本(関東)快速・普通

カテゴリ:JR東日本(関東)快速・普通

JR東日本(関東)快速・普通のカテゴリ記事一覧。JR特急列車や北陸新幹線ほか新幹線、JR快速・普通列車、私鉄など鉄道をつかった「列車の旅行」をテーマにしたブログ。停車駅、座席、時刻表、沿線の観光、駅弁、駅そば、駅舎他
IMG_7328.JPGJ..

JR東日本(関東)快速・普通
JR高崎線を走る快速列車のひとつに「快速アーバン」があります。何の名称もついていない快速列車もJR高崎線内に走っているだけに、列車名がついている快速列車は特別感が…

記事を読む

JR東日本(関東)快速・普通
快速ラビットはJR宇都宮線で運転されているJR東日本の快速列車です。上野〜宇都宮・黒磯がその運行区間で上野〜黒磯間を約50分で結んでいます。列車名がついた快速列車な…

記事を読む

JR東日本(関東)快速・普通
上野東京ラインに乗り入れ、小田原・熱海方面と首都圏を結ぶ「快速アクティー」。スポンサーリンク style="display:inline-block;width:336px;height:280px" dat…

記事を読む

JR東日本(関東)快速・普通
JR東日本(東日本旅客鉄道)は JR山手線や東北新幹線などで自動運転を導入することを検討していると発表しました。スポンサーリンク style="display:inline-block;w…

記事を読む

JR東日本(関東)快速・普通
△J品川〜土浦間を結ぶJR常磐線の特別快速列車JR東日本水戸支社は、JR常磐線の佐貫駅を2020年春より龍ケ崎市駅に駅名改称することを発表しました。スポンサーリンク …

記事を読む

JR東日本(関東)快速・普通
△首都圏と小田原・熱海方面を結ぶ快速アクティー「快速アクティー」はJR宇都宮線・上野東京ライン・JR東海道線を経由し、首都圏と熱海間を結ぶJR東日本(東日本旅客鉄道…

記事を読む

JR東日本(関東)快速・普通
△JR東海道線を走る快速アクティー首都圏にはグリーン車を連結した普通・快速列車が走っています。例えば快速アクティーという快速列車が、JR宇都宮線から上野東京ライン…

記事を読む

IMG_20150117_21390東京駅を出発する快速アクティー(E233系) 5.jpg△..

JR東日本(関東)快速・普通
△東京駅を出発する快速アクティー(E233系) 「快速アクティー」は、東海道線のうち東京駅〜熱海駅間で運行されている快速列車の愛称です。スポンサーリンク style…

記事を読む

KIMホームライナー「青梅ライナー」(E257系特急型電車)G0735.JPG△..

JR東日本(関東)快速・普通
△ホームライナー「青梅ライナー」(E257系特急型電車)「青梅ライナー」は東京〜青梅駅を結ぶJR東日本(東日本旅客鉄道)が運行するホームライナーです。平日の朝・…

記事を読む

IMG_上野~宇都宮・黒磯を結ぶ、JR宇都宮線の「快速ラビット」△..

JR東日本(関東)快速・普通
△上野〜宇都宮・黒磯を結ぶ、JR宇都宮線の「快速ラビット」快速ラビットは、JR宇都宮線で走っている快速列車です。1988年に登場。「ラビット」という列車名には快速列車…

記事を読む

【JR東日本】快速アーバンのグリーン車シートの特徴とグリーン車の座席表(座席配置図)

IMG_7328.JPG

JR高崎線を走る快速列車のひとつに「快速アーバン」があります。何の名称もついていない快速列車もJR高崎線内に走っているだけに、列車名がついている快速列車は特別感があるかもしれません。しかし、快速アーバンに使用されている車両は首都圏を走る通勤列車(E231系、E233系の車両)と何変わりはありません。
スポンサーリンク


車両の多くはロングシートとボックス席の車両が占めています。そのなかで、4〜5号車はグリーン車となっており、乗車には乗車券に加えて、別途普通車グリーン券も必要になります。

快速アーバンのグリーン車(4〜5号車)の座席表(座席配置図)は次のようになっています。
180918_0521_001.jpg
△快速アーバングリーン車(4〜5号車)の座席表(座席配置図)

グリーン車がある4号車と5号車の連結部付近には、トイレや洗面所、車掌室も設けられています。
スポンサーリンク


座席は全席リクライニングシート。ゆったりと背もたれを倒してくつろぐことができます。シートピッチは950mmと特急列車グリーン車に比べるとやや狭い印象。

IMG_7337.JPG
4号車、5号車ともに快速アーバンのグリーン車には二階席、平屋席、階下席が設けられています。

快速アーバンの場合、グリーン車は指定席でないことから、自由に座席を選ぶことができます。
IMG_7121.JPG
IMG_7119.JPG
二階席は高い位置からワイドな車窓を楽しめるとあって、特に観光客に人気。平屋席はスタンダードな位置にありますが、ドアと近く階段を上り下りする手間を省くことができます。

階下席は一段低い位置から非日常的な車窓を楽しむことができ、揺れが少ないというメリットもあります。快速アーバンの停車駅は、上野、赤羽、浦和、大宮、上尾、桶川、鴻巣、熊谷、以降各駅停車。上野からは上野東京ラインに乗り入れる列車は東海道線内は各駅に停車します。

【JR東日本】快速ラビットに連結されている「グリーン車」座席の特徴とグリーン車の座席表(座席配置図)

快速ラビットはJR宇都宮線で運転されているJR東日本の快速列車です。上野〜宇都宮・黒磯がその運行区間で上野〜黒磯間を約50分で結んでいます。
IMG_7328.JPG
列車名がついた快速列車なので、何か特別な列車なのか?と思われがちですが、一般の通勤型列車と変わらないE231系(一部はE233系)が使用されています。ですから座席の多くはロングシートまたはボックスシートが占めています。

スポンサーリンク


ただ、これは快速ラビットに限った話ではありませんが、快速ラビットも一部車両(4、5号車)はグリーン車になっています。

グリーン車の座席は、全席シートピッチ950oのリクライニングシートで、乗車するためには乗車券に加えて普通車グリーン券も必要になります。ちなみにグリーン車の座席表(座席配置図)は以下のようになっています。
180918_0521_001.jpg
△快速ラビットグリーン車(4、5号車)グリーン車の座席表(座席配置図)
IMG_7121.JPG
IMG_7119.JPG
快速ラビットグリーン車(4、5号車)グリーン車座席は、「2階席」、「階下席」、「平屋席」に分かれます。

スポンサーリンク


人気は何といっても、高い位置からワイドな車窓を楽しめる2階席。ただ、階下席は揺れが少なく落ち着きますし平屋席は乗降が便利で好みは人にっよって分かれるところ。
IMG_7337.JPG
快速ラビットのグリーン車には、トイレが4号車と5号車の連結部付近にあります。停車駅は、上野駅、赤羽駅、浦和駅、大宮駅、蓮田駅、久喜駅、古河駅、小山駅〜各駅停車です。
 タグ

快速アクティーのグリーン車(4号車、5号車)座席表(座席配置図)とシートの特徴

IMG_732快速アクティー8.JPG
上野東京ラインに乗り入れ、小田原・熱海方面と首都圏を結ぶ「快速アクティー」。
スポンサーリンク



快速アクティーは10両編成または15両編成で運行されていますが、その4号車、5号車には2階建てのグリーン車が連結されています。
IMG_733快速アクティーグリーン車4.JPG
そんな快速アクティーの座席は一体どのような座席表(座席配置図)になっているのでしょうか?以下、座席表(座席配置図)を記してみたいと思います。
180918_0521_快速アクティーグリーン車(4号車、5号車)の座席表(座席配置図)001.jpg
△快速アクティーグリーン車(4号車、5号車)の座席表(座席配置図)


快速アクティーの2階建てグリーン車はなかなか豪華な雰囲気。座席はリクライニング機能がついている回転式クロスシート。シートピッチ950oありゆったり旅行や通勤をできると人気です。
IMG_7121快速アクティーグリーン車.JPG
IMG_7119快速アクティーグリーン車.JPG
快速アクティーの4号車、5号車に連結されているグリーン車は2階建ての構造になっています。
スポンサーリンク



2階席は紺色のシートで、階下席および平屋席はパープル系統のシートに統一されています。
IMG_7337.JPG
4号車と5号車の連結部付近には、トイレ、洗面所、車掌室も設けられています。

JR東日本(東日本旅客鉄道)JR山手線や東北新幹線などの自動運転を検討へ

IMG_6737.JPG

JR東日本(東日本旅客鉄道)は JR山手線や東北新幹線などで自動運転を導入することを検討していると発表しました。

スポンサーリンク



JR東日本(東日本旅客鉄道)いつから無人運転をスタートするかは現時点では明らかにされていませんが、「大丈夫か!?」と思われた方も多いのではないでしょうか。なぜなら、電車といえば運転手と車掌が乗車するものだという既成概念があるだろうからです。殊に乗車率の高いJR山手線での自動運転は大胆な構想だといえるでしょう。

2018年現在、JR東日本(東日本旅客鉄道)が検討している自動運転とはどのような運転かというと、第一段階として想定しているのは、車掌のみが乗車するスタイル。運転はコンピューターによるシステムによって自動で行い、車掌は緊急時に対応する役割を担います。そして将来的には完全なる無人運転を目指していく方針であるとのこと。
IMG_6735.JPG
ちなみに、全国には完全無人運転を既に行っている交通システムも存在します。例えば、東京都の新橋から豊洲間を結ぶ「ゆりかもめ」、三宮からポートアイランドを結ぶ「ポートライナー」、大阪市住之江区を走る「南港ポートタウン線」など。また、現在建設中のリニア中央新幹線では運転士なしの自動運転が検討されていますし、JR九州でもJR東日本と同じく自動運転の研究を進めています。

スポンサーリンク




AIの開発が進む昨今、鉄道についても時代の波は「自動運転」に流れていくのでしょう。

ちなみに、どうしてJR東日本(東日本旅客鉄道)が自動運転を検討しているのかというと、近い将来に起こるだろう深刻な人手不足を解消するため。団塊の世代が大量に退社するときに運転士、車掌不足が想定されそれに対応するためということです。

いずれにしてもJR山手線や東北新幹線で自動運転を実現するには、安全性の確保や法の整備はじめ、さまざまなハードルがあることでしょう。JR東日本(東日本旅客鉄道)のこれからの技術開発やソフト面での取り組みに注目していきたいと思います。

【JR東日本】2020年春、JR常磐線の佐貫駅が龍ケ崎市駅に改称へ

IMG_7163.JPG
△J品川〜土浦間を結ぶJR常磐線の特別快速列車

JR東日本水戸支社は、JR常磐線の佐貫駅を2020年春より龍ケ崎市駅に駅名改称することを発表しました。
スポンサーリンク


現在のJR佐貫駅周辺では、龍ケ崎市の政策として道路整備やロータリー改修などを皮切りに、まちなみの活性化をする政策が進められています。

2020年といえば東京五輪の開催の年。その時期に駅名改称をすることで、その機運を高めるとともに、龍ケ崎市の認知度も高める狙いがあるのだとか。

駅名改称による費用負担は龍ケ崎市が負担。。なお、改称するのはJR常磐線の佐貫駅のみで、関東鉄道の佐貫駅は駅名改称する予定は現時点ではないとのこと。

ちなみに2018年現在、JR常磐線の特別快速の停車駅(品川〜土浦)は以下のようになっており、普通列車、快速列車、特別快速列車が佐貫駅に停車します。

品川駅、新橋駅、東京駅、上野駅、日暮里駅、北千住駅、松戸駅、柏駅、取手駅、藤代駅、★佐貫駅、土浦駅
 タグ

JR快速アクティーのボックス席がある車両は?

IMG_40首都圏から小田原・熱海方面を結ぶ快速アクティー54.JPG
△首都圏と小田原・熱海方面を結ぶ快速アクティー

「快速アクティー」はJR宇都宮線・上野東京ライン・JR東海道線を経由し、首都圏と熱海間を結ぶJR東日本(東日本旅客鉄道)の快速列車です。

JR快速アクティには、普通車(ロングシート)、普通車(ボックス席)、グリーン車(回転式クロスシート)という3種類の座席があります。

そのうち、快速アクティーのボックスシートは何両目に位置するのでしょうか?
スポンサーリンク



JR快速アクティのボックス席があるのは何両目?

快速アクティーはE231・233系電車15両編成で運行することが多いです。その場合、ボックス席のある車両は、基本的には1・2・9・10・14・15号車ということになります。

ただ、運用変更などによっては9・10号車がロングシート車両になる場合もあるようです。

JR快速アクティーのボックス席がある車両の特徴
IMG_40JR快速アクティーのボックス席87.JPG
△JR快速アクティーのボックス席

JR快速アクティーのボックス席がある車両はセミクロスシートの座席配置です。ボックス席のほか、ドア近くには2人掛けのロングシートも配置されています。

快速アクティーで使われているE231・233系電車は通勤向けの車両としてデザインされています。ですから、一見すると観光仕様に見えるボックス席ですが、硬めのシートでお世辞にも座りごこちがよいとはいえません(長時間座るとお尻が痛くなることも・・)。
スポンサーリンク



JR快速アクティーのロングシート車両の特徴
touJR快速アクティーのロングシートkyo (123).JPG
△快速アクティーのロングシート

JR快速アクティーのロングシート車両はまさしく通勤向けの車両です。朝のラッシュ時には首都圏は、満員電車のオンパレードとなります。それに合わせた通勤型車両ということになります。15両編成での運行の場合、基本的には3,6,7,8・11,12,13号車がロングシート車両ということになります。

JR快速アクティーのグリーン車両の特徴
IMG_40JR快速アクティーのグリーン車両79.JPG
△JR快速アクティーのグリーン車

4・5号車には2階建てグリーン車が連結されています。このグリーン車両に乗車するためには、乗車券など(あるいは青春18きっぷでも可)に加え「普通車グリーン券」も購入しておく必要があります。座席は回転式クロスシートで弾力性があり特急列車並みのグレード。料金は高くつきますが、快適に長時間を移動する人にとって重宝する人気車両です。

トイレの位置は?

快速アクティーのトイレの位置は、基本的に1号車 5号車 10号車 11号車です。そのうち5号車のトイレはグリーン車利用客向けのトイレということになります。

※快速アクティーのボックス席車両やトイレの位置などは当日の列車の編成によって異なることがあります。詳細はJR東日本にご確認ください

JR東海道本線「快速アクティー」の2階建てグリーン車に青春18きっぷは使えるのか?

IMG_4052JR東海道線を走る快速アクティー.JPG
△JR東海道線を走る快速アクティー

首都圏にはグリーン車を連結した普通・快速列車が走っています。例えば快速アクティーという快速列車が、JR宇都宮線から上野東京ライン・JR東海道線を経由し熱海まで結んでいます。

快速アクティーは東海道新幹線と比べると、その利便性やスピードは劣るものの、リーズナブルに小田原・熱海方面に移動できる便利な電車と言えると思います。

スポンサーリンク



<快速アクティの2階建てグリーン車、青春18きっぷは使えるのか?>

この快速アクティーにも二階建てグリーン車が連結されています。
IMG_134JR東海道線を走る快速アクティー8.JPG
△快速アクティー(4,5号車)に連結されている2階建てグリーン車

JR東海道線を走る快速アクティーのグリーン車は全席回転式クロスシートで、特急列車並みグレード誇ります。

青春18きっぷには特急列車は使えないため、一見すると、この快速アクティのグリーン車も青春18きっぷを使えないのでは?と思われがちです。

しかし、この快速アクティーの二階建てグリーン車は、(別途グリーン券を購入すれば)青春18きっぷを利用することが可能です。

その点、青春18きっぷは少々ややこしいのですが、普通・快速列車の「グリーン車指定席」の場合、青春18きっぷは使用できないのに対して、「グリーン車自由席」の場合、使用することできると定められているのです。

例えば JR中央線を走る「中央ライナー」やJR瀬戸大橋線走る「快速マリンライナー」のグリーン車指定席については青春18きっぷは使えません。なぜなら「指定席」だからです。

一方「快速アクティー」の二階建てグリーン車は、同じようなグレードのグリーン車であっても「自由席」であるため青春18きっぷを使用することができるのです。

快速アクティーのグリーン車に乗車する場合、青春18きっぷに加えてグリーン券を別途購入することが必要です。

ちなみに首都圏には快速アクティーのほか、湘南新宿ライン東北線を走る「快速ラビット」、湘南新宿ライン高崎線を走る「快速アーバン」、Jr常磐線の「特別快速」なども二階建てグリーン車を連結していますが、これらも同じく、「グリーン車自由席」であるため、青春18きっぷを使用することが可能です。


<グリーン券の購入は事前購入がオトク>

グリーン券の値段については、乗車する距離が50qまでの場合、平日770円(ホリデー570円)、51q以上の場合、980円(ホリデー780円)となっています。

なお、注意点として、グリーン券を車内で購入した場合、上記の料金に260円が加算されるということ。ですから、グリーン券をみどりの窓口やホームの自動券売機などで事前に購入しておくことをおすすめしたいと思います。

スポンサーリンク



<快速アクティーグリーン車利用のメリット1 特急列車並みのグレードを誇る座席>

快速アクティーにはE231系車両が主に用いられています。普通車はロングシートまたはボックスシートで通勤型の車両にすぎません。しかし、グリーン車は全席回転式クロスシートで特急並みのグレードを誇ります。座席のシートピッチは970oと足元もゆったりしていて騒音も少なく快適そのものです。

快速アクティーのグリーン車には2階席と階下席平屋席があります。すべて自由席であるため(乗車券または青春18きっぷ+グリーン券を購入していれば)空いてる座席があれば自由に座ることができます。やはり人気は2階席でしょうか。
IMG_快速アクティグリーン車座席.JPG
△首都圏を走る二階建てグリーン車の座席

<グリーン車利用のメリット2 トイレの場所がわかりやすい>

快速アクティーは東京〜熱海間を1時間40分ほどかけて走ります。すると人によって気になるのはトイレの存在。

快速アクティーは10〜15両の長大編成で運行するときが多く普通車については一部の車両にしかトイレが設けられていません(15両編成の場合1、10,11号車という風に)。となると、いざ使用したいとき車両を移動してトイレを探し回らないといけなくなるリスクもあるということになります。

それに対してグリーン車(快速アクティーの場合、4,5号車がグリーン車)の場合、5号車にトイレがあるのでトイレが近い人も安心して乗車することができるというメリットもあります。

JR東海道線を走る「快速アクティー」(東京駅〜熱海駅|停車駅ほか)

IMG_20150117_21390東京駅を出発する快速アクティー(E233系) 5.jpg
△東京駅を出発する快速アクティー(E233系) 

「快速アクティー」は、東海道線のうち東京駅〜熱海駅間で運行されている快速列車の愛称です。
スポンサーリンク




「快速アクティー」は以前は全車2階建ての215系車両が走っていましたが、現在は普通列車と同じE233系が10〜15両編成で運行されています。そのうちグリーン車を2両連結しています。

 普通車両は、ボックスシートとロングシートの車両があり、グリーン車は2階建て車両でリクライニングシートが配されています。
IMG_20150117_213704快速アクティーのグリーン車車両.jpg
△快速アクティーのグリーン車車両
 停車駅については快速アクティーは辻堂駅、大磯駅、二宮駅、鴨宮駅の4駅を通過。普通列車と大差がないという指摘が少なくありません。ただ、JR東日本における東海道線は駅と駅の間隔が長く快速列車的な存在であったりします。
スポンサーリンク




 新橋、品川、川崎、横浜・・快速アクティーは、首都圏の都市らしい風景を車窓に映しながらJR東海道線を西に快走していきます。

小田原を過ぎると、車窓には緑が多くなり、旅情が高まってきます。左車窓には相模湾が広がり、右車窓にはミカン畑も。
IMG_20150117_213823.jpg
△快速アクティーの普通車車両

 湯河原駅付近からは温泉宿が立つ景観も。次第に温泉旅情も高まってきます。快速アクティーの終点である熱海駅の周辺は熱海温泉の温泉宿が並び一大温泉街の雰囲気。

 熱海温泉は1500年の歴史を誇る日本を代表する温泉地のひとつ。源泉数は500本以上。湯量が多く、毎分18,000ℓの湧出量誇ります。

熱海温泉は、江戸時代に徳川家康が訪れこよなく愛し、以降、徳川家御用達の名湯として全国にその名がとどろきました。
IMG_5366.JPG
△快速アクティーのグリーン車(2階席)のシートは優雅さが漂う

スポンサーリンク




<快速アクティー DATA>

快速アクティーの時刻表時刻表

(楽天トラベル)熱海温泉の人気ホテル・旅館一覧

快速アクティーの停車駅
東京駅、新橋駅、品川駅、川崎駅、横浜駅、戸塚駅、大船駅、藤沢駅、茅ヶ崎駅、平塚駅、国府津駅、小田原駅、早川駅、根府川駅、真鶴駅、湯河原駅、熱海駅

JR東日本のホームライナー「青梅ライナー」(E257系特急型車両/停車駅、座席ほか|東京〜青梅)

KIMホームライナー「青梅ライナー」(E257系特急型電車)G0735.JPG
△ホームライナー「青梅ライナー」(E257系特急型電車)

「青梅ライナー」は東京〜青梅駅を結ぶJR東日本(東日本旅客鉄道)が運行するホームライナーです。平日の朝・夕方のラッシュ時に運行されています。
スポンサーリンク




JR東日本のホームライナー「青梅ライナー」は全車指定席で普通車指定席とグリーン車を連結されています。

普通車指定席に乗車するには、乗車券(または定期券)に加え「ライナー券」510円が必要です。

また、グリーン車に乗車するには乗車券(または定期券)と「ライナー券」510円に加えて210円が必要です。
KIMG07JR中央線のホームライナーには「青梅ライナー」のほか東京〜高尾・八王子を結ぶ「中央ライナー」もある26.JPG
△JR中央線のホームライナーには「青梅ライナー」のほか東京〜高尾・八王子を結ぶ「中央ライナー」もある
スポンサーリンク




JR東日本のホームライナー「青梅ライナー」は、起点となる東京駅においてはJR中央線専用ホーム(1〜2番線)、新宿駅では中央線特急専用ホーム(9〜10番線)より発車します。

「ライナー券」は、同ホームに設置されているライナー券専用の券売機にて購入できるようになっています。ライナー券売機では、発車25分前から販売が開始されます。


△ホームライナー青梅ライナーの行先である青梅駅の位置
JR東日本のホームライナー「青梅ライナー」の車両には、特急あずさ号や特急かいじ号で使用されている特急型車両(E257系車両)が主に使用されています。

JR東日本のホームライナー「青梅ライナー」の車両(E257系特急型電車)は、国鉄車両である183系の置き換え用に新造された車両。

白色にブロックパターンのカラフルなデザインが施されています。その色彩は、桜や雪など春夏秋冬をイメージされています。

JR東日本のホームライナー「青梅ライナー」の車両(E257系特急型電車)の普通車指定席車両は明るい雰囲気。

座席は2列+2列配置のリクライニングシートでシートピッチは960oとなかなかの広さです。

グリーン車は8号車の半室に設けられています。間接照明によるやわらかい雰囲気の車内で優雅さが漂っています。

2列+2列の座席配置で座席はふかふかとしてフィット感があります。
KIMJR「青梅ライナー」(E257系特急型電車)普通車指定席の座席G0736.JPG
△JR「青梅ライナー」(E257系特急型電車)普通車指定席の座席

JR東日本のホームライナー「青梅ライナー」の車両(E257系特急型電車)が運行される時間帯、JR中央本線は通勤ラッシュ時で特別快速や快速列車は超満員電車になり押し合いへし合いとなります。

一方、JR東日本の「中央ライナー」は全席リクライニングシートの特急型車両で快適に移動。しかも全車指定席車両ゆえ、確実に座れるという安心感もあって高い人気を誇っています。

JR東日本のホームライナー「青梅ライナー」はJR中央線を走り、立川駅からはJR青梅線に入って終着の青梅駅に至ります。東京〜青梅間の所要時間は約1時間15分です。

JR東日本の通勤ライナー「青梅ライナー」 DATA

KIMG073JR東日本の通勤ライナー「青梅ライナー」0.JPG
(ライナー券)青梅ライナー出発ホームに設置されている「ライナー券専用券売機」にて発車25分前より販売開始

なお、JR東日本の列車予約サイト「えきネット」で予約が可能。

(楽天トラベル)帝国ホテル東京

(停車駅・時刻表)東京発青梅行の「青梅ライナー列車時刻表」2017年1月現在

      東京駅→新宿駅→立川→拝島駅→河辺駅→青梅駅

青梅ライナー1号 18:00 18:15 18:44 18:58 19:11 19:18
青梅ライナー3号 20:00 20:15 20:42 20:53 21:08 21:15
青梅ライナー5号 21:30 21:45 22:11 22:23 22:37 22:43
2017年1月現在 時刻表は変更になることもあります。詳しくはJRの列車時刻表等ご参照ください

JR宇都宮線の快速ラビット(上野〜宇都宮・黒磯|停車駅、グリーン車ほか)

IMG_上野〜宇都宮・黒磯を結ぶ、JR宇都宮線の「快速ラビット」
△上野〜宇都宮・黒磯を結ぶ、JR宇都宮線の「快速ラビット」

快速ラビットは、JR宇都宮線で走っている快速列車です。1988年に登場。「ラビット」という列車名には快速列車を意味するRAPIDとウサギのように速いと言った意味合いが込められているといわれています。
スポンサーリンク




JR宇都宮線を走る快速ラビットの車両には、今や首都圏を走る近郊型列車の標準車両になったE231系が主に使われています。

ステンレスの車体に、オレンジ色と緑色のラインが入った車両。10両編成または15両編成での運行で、そのうち2両は2階建てグリーン車が連結されています。

JR快速ラビットの普通車

IMG_JR宇都宮線を走る「快速ラビット」の普通車車両
△JR宇都宮線を走る「快速ラビット」の普通車車両

» 続きを読む

鉄道に乗って地方のまちにいくと、列車が一日数本しか走っておらず 待ちぼうけを余儀なくされることもしばしばあります。しかし、そこにも魅力があるような気がします。列車の待ち時間、駅の周辺を歩いて古い町並みや美しい花々を見つけたり、素朴な店に入って地域の味覚や文化の表象を見つけたり・・それは待ち時間があるからこそ発見できるちいさな幸せの数々であるような気がします。

スポンサーリンク

日本は地形の変化に富む島国であり、車窓には四季折々のさまざまな景色が展開します。紺碧の海、連なる桜並木、霧煙る深遠な山々、のどかな農村風景、歴史あるまちなみ、エメラルドグリーンの渓流、流れる夜景・・乗る路線によって展開する景色はそれぞれ違い、心に留まる風景を見つけるのも、鉄道旅の醍醐味であると感じます。

列車を使ったひとり旅のすすめ
気持ちが晴れないときは電車に揺られふらりとひとり旅をするというのもおススメです。日常生活から少し外に出てみることで、今まで見えなかったものが見えてくることがあるからです。レールの軋みに耳を澄ませ、車窓に流れる風景を眺めていると、それだけでも心が癒されます。

緑あふれる田畑や残雪の山並み、広大な海など眺めているうちに、人生を切り開くヒントが見えてくることもあるものです。また、温泉にゆっくり浸かってみるのも心身のエネルギーを高めるために有効です。(楽天トラベル)>>全国のひとり旅に適した人気温泉宿一覧はこちら
サイト内検索
スポンサーリンク
カテゴリ
新幹線(21)
北陸新幹線(特集)(9)
北陸新幹線(北陸・信州の観光)(15)
寝台列車・夜行列車(15)
JR北海道(特急・観光列車)(6)
JR北海道(快速・普通列車)(6)
北海道・東北エリアの私鉄(3)
JR東日本(東北)特急・観光列車(5)
JR東日本(東北)快速・普通(4)
JR東日本(関東)特急・観光列車(11)
JR東日本(関東)快速・普通(20)
東武・京成・京急(12)
小田急・西武・京王(6)
JR東日本(北信越)特急・観光列車(4)
JR東日本(北信越)快速・普通(6)
関東地方のその他私鉄(12)
北信越エリアの私鉄(15)
JR(東海・北陸)特急・観光列車(18)
JR(東海・北陸)快速・普通列車(10)
東海・北陸エリアの私鉄(9)
天竜浜名湖鉄道(19)
JR西日本 特急列車・観光列車(32)
JR西日本(関西:快速・普通列車)(14)
南海・近鉄(19)
阪急・阪神・山陽電鉄(5)
関西のその他私鉄(10)
JR西日本(山陽山陰)快速・普通(22)
JR四国(特急列車・観光列車)(17)
JR四国(快速・普通列車)(4)
中国・四国の私鉄(9)
JR九州(特急列車・観光列車)(19)
JR九州の快速・普通列車(7)
九州の私鉄(6)
鉄道関連のニュース、その他(17)
全国の市電・路面電車(7)
日本の駅そば・うどん(14)
周遊券などオトク切符(JR)(9)
周遊券などオトク切符(北陸特集)(4)
その他(15)
私鉄のオトク切符(2)
サイトマップ
はじめに
JR新幹線、特急列車、快速列車、普通列車、寝台列車など日本全国には数多くの鉄道車両が走っています。各車両にはそれぞれの個性があります。 停車駅、車窓、座席、車両の特徴、沿線の観光、グルメなど、「鉄道」をテーマに写真と文章で紹介。皆様が鉄道旅行を快適に楽しんでいただくための参考資料のひとつになれば幸いです
スポンサーリンク
リンク集
スポンサーリンク
Copyright © 鉄道の旅百科|JR特急,北陸新幹線,私鉄,停車駅,時刻表,座席,鉄道旅行記 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます