大阪駅に入線するJR西日本の特急サンダーバード号(リニューアル新型車両)
IMG_9283.JPG
△大阪駅に入線するJR西日本の特急サンダーバード号(リニューアル新型車両)

JR特急サンダーバード号(683系、681系)は、大阪と金沢・和倉温泉間を結ぶJR西日本の特急列車です。
スポンサーリンク




1995年に「特急雷鳥サンダーバート号」として運行をスタートしてから約20年の年月を経て、リニューアル新型車両が登場しました。

JR西日本の特急サンダーバード号(リニューアル新型車両)は、従来の車両の良さをベースに外観・車内設備を変更したもの。パッと見ると大きな変化はないように見えます。

車体は白色をベースにブルーのラインが入っているのですが、ブルーのラインは従来車両よりもやや太く、窓際は灰色から黒色に変更されています。

コントラストが効いていて、より引き締まった印象を受けます。

JR特急サンダーバード号(リニューアル新型車両)は通常期は9両編成で運行されます。
スポンサーリンク




普通車(自由席、指定席)、グリーン車を連結。普通車(自由席・指定席)の座席は2列+2列配置で、モケットは、グレーブルーをベースにした色彩に統一。

2号車〜4号車、8号車〜9号車が普通車指定席、5〜7号車が普通車自由席になっています。
IMG_05特急サンダーバード号(リニューアル新型車両)の普通車座席37.JPG
△特急サンダーバード号(リニューアル新型車両)の普通車座席

» 続きを読む

スポンサーリンク

時刻表を片手に停車駅や時間を調べておくと便利。