IMG_7009サンライズ瀬戸.JPG
△高松駅に停車するサンライズ瀬戸号

九州新幹線や北海道新幹線の開業などにより次々と姿を消していった寝台列車。

上野〜札幌間を結ぶ寝台特急カシオペアの廃止が決まり、定期運行する寝台特急は東京〜出雲市を結ぶ「サンライズ出雲号」と東京〜高松を結ぶ「サンライズ瀬戸号」を残すのみとなりました。
スポンサーリンク




「サンライズ出雲号」「サンライズ瀬戸号」は高い人気を誇っている寝台特急列車です。

特に、金曜日に東京を出発してJR伯備線、JR山陰本線を経由して出雲市まで向かう「サンライズ出雲号」は、縁結びの神様である「出雲大社」に参詣する女性客が殺到し、予約がほとんどとれない状態なのだとか。

そんな寝台特急「サンライズ出雲号」「サンライズ瀬戸号」で鉄道の旅行を楽しむためには、一体、どのように列車予約すればよいのでしょうか?
スポンサーリンク




<サンライズ出雲・瀬戸のきっぷの買い方は?>

そもそもJR特急列車や新幹線で鉄道旅行をする場合、乗車券と特急券を購入して乗車します。

「サンライズ出雲」「サンライズ瀬戸」も基本的に同じなのですが「寝台個室」に乗車する場合、乗車券と特急券に加えて「寝台券」が必要になってきます。

※「サンライズ出雲」「サンライズ瀬戸」には、一部「ノビノビ座席」と呼ばれるカーペットの上で横になるだけの座席がありこちらは、寝台券は必要ありません。
IMG_6717.JPG
△「サンライズ瀬戸号」「サンライズ出雲号」に連結されている「のびのび座席」

<サンライズ出雲・瀬戸で鉄道旅行をする際 予約前に調べておきたいポイント>

寝台特急「サンライズ出雲」、「サンライズ瀬戸」で鉄道旅行をすることが決まったら、予約をするということになりますが、予約前に決めておいたほうがよいことがあります。

それは希望する「個室のタイプ」です。
IMG_6916.JPG
△285系電車は二階建てタイプ。さまざまな趣向の個室を備える

» 続きを読む

スポンサーリンク

時刻表を片手に停車駅や時間を調べておくと便利。