IMG_JR東海の85系「特急ワイドビューひだ号」
△JR東海の85系「特急ワイドビューひだ号」

「特急ワイドビューひだ号」は、名古屋駅(または大阪駅)〜JR高山本線を経由して岐阜県の高山駅、富山県の富山駅を結ぶJR東海(東海旅客鉄道)の特急列車です。
スポンサーリンク




「ひだ」という列車名は沿線にあたる岐阜県北部が「飛騨地方」と称されることに由来しています。

もともとは「特急ひだ号」でしたが、1989年に車窓風景も意識した高性能のキハ85系車両が導入されたことにより「ワイドビューひだ号」という列車名が定着しました。

JR東海の「特急ワイドビューひだ号」に使用されているキハ85系車両はステンレス製の車体に、JR東海(東海旅客鉄道)のコーポレートカラーであるオレンジ色のラインが引かれています。

車窓風景がよりダイナミックに眺望できるよう、窓は縦長950mmとワイド。さらに、座席の位置は通路の高さから200mmかさ上げされたセミハイデッキ構造。
スポンサーリンク




それだけに、列車が走行すると、車窓風景がまるで前方から迫ってくるような感覚を味わうことができます。

IMG_ワイドな車窓風景を楽しめる構造になっているJR東海の85系「特急ワイドビューひだ号」9236.JPG
△ワイドな車窓風景を楽しめる構造になっているJR東海の85系「特急ワイドビューひだ号」

JR東海の「特急ワイドビューひだ号」の客室は絨毯敷き。グリーン車はもちろんのこと普通車(自由席、指定席)もハイグレードさがただよっています。

営業最高速度は時速120kmと高速運転が可能で、気動車でありながら、スマートさとスピードを兼ね備えた車両に仕上がっています。

1989年には日本産業デザイン振興会のグッドデザイン賞に選定されています。

IMG_JR東海の85系「特急ワイドビューひだ号」JR高山本線
△JR高山本線を走る「特急ワイドビューひだ号」


» 続きを読む

スポンサーリンク

時刻表を片手に停車駅や時間を調べておくと便利。