IMG_東京と伊豆半島をむすぶJR東日本の185系「特急踊り子号」(185系電車)
△東京と伊豆半島をむすぶJR東日本の185系「特急踊り子号」

特急踊り子号は、東京と伊豆半島を結ぶJR東日本(東日本旅客鉄道)の特急列車です。「踊り子」という列車名は、川端康成の小説「伊豆の踊り子」に由来し1981年に登場しました。

スポンサーリンク




JR特急踊り子号には、国鉄時代に製造された185系電車が主に用いられています。

185系電車は元々は特急列車から通勤輸送まで幅広く使えるよう設計されたため、デッキが広かったり窓が開閉したりするなどの特徴が見られます。営業最高速度は時速110kmです。

JR東日本(東日本旅客鉄道)の185系「特急踊り子号」には、普通車自由席、普通車指定席、グリーン車が連結されています。

スポンサーリンク




全室、2列+2列のリクライニングシートが配置されています。普通車自由席、普通車指定席の座席のシートピッチは910oと標準的な広さ。

モケットはモスグリーンをベースにしたあたたかみのある色彩で統一されています。

IMG_JR東日本の185系「特急踊り子号」(185系電車)普通車自由席・指定席の座席
△JR東日本の185系「特急踊り子号」普通車自由席・指定席の座席


» 続きを読む

スポンサーリンク

時刻表を片手に停車駅や時間を調べておくと便利。