IMG_7067.JPG

岡山から瀬戸大橋を渡り四国の高松へ向かう快速マリンライナーは通常は5両編成で走っています。岡山から高松方面に向かう場合、先頭車両(1号車)にあたるのが「鉄仮面」とも称される‎5100系車両。その後ろ(2〜5号車)は223系の一般車両が併結されています。
スポンサーリンク



快速マリンライナー5100系車両(1号車)の2階部分はグリーン車になっています。グリーン車は床はカーペット敷きで、座席配置は2列+2列。
IMG_7173.JPG

快速マリンライナーグリーン車の座のモケットはブルー系統の色彩でまとめられ、全席回転リクライニングシート。シートピッチは1000oです。
スポンサーリンク



座り心地でいえば1号車階下席の普通車指定席とあまり変わりませんが、2階席は眺望が断然すぐれています。JR瀬戸大橋線は児島〜坂出間に列車は瀬戸大橋を渡るため、瀬戸内海の風景を眺めるには2階のグリーン車は最高です。

グリーン車のなかでも特等席といえるのは、運転席すぐ後ろに位置するマリンパノラマ席(全4席)。岡山から高松へ向かう場合、最前列ということになるため、前方から迫りくる橋梁の様子も満喫することができます。グリーン車の乗車を検討されている方は、みどりの窓口にてまずマリンパノラマ席が空いていないか訊ねてみられると良いかと思います。

1号車の座席表は以下のようになります。2階席がグリーン車座席、階下席および平屋席は普通車指定席になっており、1号車の後方部にはバリアフリー対応のトイレも設置されています。
sheet_marine-001.jpg
△快速マリンライナー5100系1号車の座席表(座席配置図)(出典:JR四国)

なお快速マリンライナーのグリーン車に岡山〜高松間に乗車するには、乗車券1510円に加え指定席グリーン券980円が別途必要になります。快速マリンライナーのグリーン車は指定席という扱いであるため、青春18きっぷは使用できません。
スポンサーリンク

時刻表を片手に停車駅や時間を調べておくと便利。