IMG_新大阪駅〜豊岡駅・城崎温泉駅を結ぶJR特急こうのとり号(289系車両)
△新大阪駅〜豊岡駅・城崎温泉駅を結ぶJR特急こうのとり号(289系車両)

特急こうのとり号は、新大阪駅から兵庫県北部の豊岡駅、城崎温泉駅間をJR福知山線経由で結ぶJR西日本の特急列車です。「こうのとり」という列車名は、沿線の豊岡市が、国の天然記念物コウノトリの生息地であることに由来しています。

国鉄車両381系の引退に伴い特急こうのとり号用車両として導入されたのが、289系特急形車両です。289系特急形車両は、北陸地方を走っている特急しらさぎ号683系の一部車両を直流化改造したものです。車内には大きな変更は見受けられませんが、白い車体に施された帯の色は、北近畿エリアのイメージカラーであるダークレッドに変更がなされています。

JR西日本の289系特急こうのとり号には、3両編成,4両編成、7両編成での運行パターンがあります。4両編成または7両編成で運行されるときは、1号車がグリーン車、2号車が普通車指定席、それ以外が自由席になっています。

» 続きを読む

スポンサーリンク

時刻表を片手に停車駅や時間を調べておくと便利。