IMG_上野〜宇都宮・黒磯を結ぶ、JR宇都宮線の「快速ラビット」
△上野〜宇都宮・黒磯を結ぶ、JR宇都宮線の「快速ラビット」

快速ラビットは、JR宇都宮線で走っている快速列車です。1988年に登場。「ラビット」という列車名には快速列車を意味するRAPIDとウサギのように速いと言った意味合いが込められているといわれています。
スポンサーリンク




JR宇都宮線を走る快速ラビットの車両には、今や首都圏を走る近郊型列車の標準車両になったE231系が主に使われています。

ステンレスの車体に、オレンジ色と緑色のラインが入った車両。10両編成または15両編成での運行で、そのうち2両は2階建てグリーン車が連結されています。

JR快速ラビットの普通車

IMG_JR宇都宮線を走る「快速ラビット」の普通車車両
△JR宇都宮線を走る「快速ラビット」の普通車車両

» 続きを読む

スポンサーリンク

時刻表を片手に停車駅や時間を調べておくと便利。