IMG_20首都圏を走る、快速アクティーの二階建て普通車グリーン車150117_213704.jpg
△首都圏を走る、快速アクティーの二階建て普通車グリーン車

首都圏には様々な電車が走っています。東京駅から小田原・熱海方面を結ぶJR東海道線には、「快速アクティー」という愛称がついた快速列車が走っています。
スポンサーリンク




「快速アクティー」には、通勤型の一般車両の間に、二階建てのグリーン車が連結されています。快速アクティーのグリーン車に乗車するには、一体、どのようにすればよいのでしょうか?

座席の特徴、乗車するために必要な料金ほか簡単にまとめてみました。

快速アクティー グリーン車の座席

快速アクティーにはE231系車両が主に使われています。通勤型の一般車両に挟まれる形で、普通車2階建てのグリーン車両が1編成あたり2両連結されています。

通勤型一般車両の座席は、ボックスシートとロングシートで構成されていますが、グリーン車の座席は全席回転式リクライニングシートです。

座席のシートピッチは970oとゆったりしています。

IMG_7首都圏を走る快速アクティー普通車グリーン車(2階席)の座席121.JPG
△首都圏を走る快速アクティー普通車グリーン車(2階席)の座席

スポンサーリンク




快速アクティー(普通車グリーン車)の2階席は青色を基調にした座席、階下席と連結部近くの平屋席はパープル系統の色彩でまとめられています。

グリーン車は自由席ですが、乗車するためには、普通乗車券(定期券、青春18きっぷなどでも可)に加え「普通列車グリーン券」を購入することが必要です。

なお、快速アクティーほか、首都圏を走る普通車グリーン車には、グリーンアテンダントが乗車。グリーンアテンダントは、車内改札や車内販売にあたっています。


» 続きを読む

スポンサーリンク

時刻表を片手に停車駅や時間を調べておくと便利。