IMG_31国鉄晩年に登場した、キハ185系特急形車両38.JPG
△国鉄晩年に登場した、キハ185系特急形車両

JR特急ホームエクスプレス阿南号は、徳島県の徳島駅〜阿南駅間24.5kmを結ぶJR四国(四国旅客鉄道)の特急列車です。
スポンサーリンク




2008年に登場し、以降、沿線でホームライナー的な役割を果たしてきました。2016年現在は、夕方に1往復設定されています。

JR特急ホームエクスプレス阿南号の車両には、キハ185系特急型気動車が主に使われています。国鉄がJRに移行する少し前の時期(昭和61年)に導入された車両。

鉄道友の会「ローレル賞」を受賞した名車両で、当時は新型特急車両ともてはやされましたが、現在は老朽化が進んでいて昭和の香りを感じさせてくれます。

JR特急ホームエクスプレス阿南号は2両編成の運行。1号車の半室が普通車指定席、1号車の半室と2号車が普通車指定席になっています。
スポンサーリンク




全席リクライニングシートで、シートピッチは940oとJRの特急列車にしてはやや狭めか。先頭車両の運転席右後ろの座席は、座ったまま全面展望を楽しむことができるようになっています。

IMG_3116JR特急ホームエクスプレス阿南号の座席.JPG
△JR特急ホームエクスプレス阿南号の座席

» 続きを読む

スポンサーリンク

時刻表を片手に停車駅や時間を調べておくと便利。