IMG_東武鉄道の特急列車「きぬ号(スペーシア 100系車両)」7304.JPG
△東武鉄道の特急列車「きぬ号(スペーシア 100系車両)」

 東京都内と栃木県の名所を結ぶ東武鉄道。東武鉄道の看板列車といえば特急スペーシア号(100系車両)が日々活躍しています。
スポンサーリンク




そのなかで、東京都台東区の浅草駅から、栃木県の鬼怒川温泉駅まで向かう列車は「特急きぬ号」として運行中。

特急きぬ号で主に使われているスペーシア(100系車両)は、洗練された車体やグリーン車を思わせる車内が魅力的。

東武鉄道の特急きぬ号(100系スペーシア車両)の座席は、全席指定席。一般席(1号車〜5号車)、個室席(コンパートメントルーム 6号車)の2種類が設けられています

特急きぬ号(100系スペーシア車両)の一般席は全席回転式リクライニングシートで、スポットライトや折り畳みテーブルなど完備。
スポンサーリンク




座席のモケットは青色ベースにまとめられて、落ち着いた雰囲気が漂います。座席のシートピッチは1100mmと広々していて、その広さはまさしくJRのグリーン車並です。
IMG_784特急きぬ 東武鉄道「スペーシア 100系車両」の一般座席2.JPG
△東武鉄道「スペーシア 100系車両」の一般座席


» 続きを読む

スポンサーリンク

時刻表を片手に停車駅や時間を調べておくと便利。
 カテゴリ