TBS系列の恋愛バラエティ番組「TBSナイナイのお見合い大作戦」のお見合いイベントが全国の自治体から引っ張りだこだそうです。
a0790_000746.jpg
TBSナイナイのお見合い大作戦は、嫁不足にあえぐ市町村や離島で働く独身男性と全国の結婚したい女性に出会いの機会を提供し、その集団お見合いの模様を中継する恋愛バラエティ番組。
スポンサーリンク




1月13日放送の「ナイナイのお見合い大作戦〜菅平の花嫁」では、長野県の菅平高原を舞台に、菅平のホテル・旅館の跡継ぎら21名の男性参加者が、全国から集結した80名の女性と集団お見合いにのぞみ17組のカップルが誕生しました。

お見合いを通して結婚する独身男性が増えれば少子化対策になりますし、同時に観光地や特産物のPRにもつなげられれば自治体からすると一石二鳥というわけです。

「TBSナイナイのお見合い大作戦〜菅平の花嫁〜」の番組内終盤では、2016年3月に開催されるお見合いイベントの次回開催地が発表されていました。

その次回開催地は、和歌山県のほぼ中央部にある有田川町とのこと。

和歌山県有田川町とは、一体どのような町で、仮に東京から鉄道でアクセスする場合、どんな交通アクセスが想定されるのでしょうか?以下、簡単に調べてみました。

(和歌山県有田川町の場所は?)


△TBSナイナイのお見合い大作戦〜有田川の花嫁〜の舞台となる和歌山県有田川町の場所

「TBSナイナイのお見合い大作戦〜有田川の花嫁〜」の舞台となる和歌山県有田川町は、和歌山県のちょうど中央部に位置する町です。

かつては吉備町、金屋町、清水町だった一帯が2006年に合併したということもあり東西に細長い町。標高589mの鷲ヶ峰や標高870mの生石ヶ峰など豊かな山々に囲まれ、中央部には有田川が流れる自然豊かなエリア。

人口は約26000人で、高齢化が進み人口は減少の一途をたどっているのが統計から見られました。
スポンサーリンク




(和歌山県有田川町の特産物・名物は?)

「TBSナイナイのお見合い大作戦〜有田川の花嫁〜」の舞台となる、和歌山県有田町の特産物と言えば、何といっても高級みかんブランドの「有田みかん」が真っ先に浮かびます。

甘さと酸味のバランスがよいみかんです。他には巨峰、柿、イチゴなどの栽培も盛ん。

また、果物ではありませんが、和歌山県有田川町は、「ブドウ山椒」の生産日本一のまちとしてもしられています。

「ブドウ山椒」とは緑のダイヤとも称される、ブドウの形をした山椒の一種。ピリリと辛くウナギの蒲焼きなどにかけると美味。
(楽天市場)有田川町のぶどう山椒


畜産では和歌山県有田川町ではウメドリが有名。ウメドリとは、和歌山特産の梅酢エキスをまぜた餌で育てた鶏。あっさりと弾力がある肉質を味わうことができます。
(楽天市場)ウメドリを使ったカレー


(有田川町が嫁不足な理由とお見合いイベント概要とは)

関西空港から電車で約50分と交通の便は悪くはなく、気候も温暖。一見すると和歌山県有田川町は嫁不足とは無縁だと思われがちです。

しかし、高速道路が整備されたことを契機に若者たちは仕事が多い大阪方面に就職するケースが多くなったのだそうです。

その結果、地元で残されたのは農業や畜産農家など一次産業に従事する適齢期の男性たち。彼らは普段の出会いが少なく嫁不足に陥っているのだとか。

番組によると「TBSナイナイのお見合い大作戦〜和歌山県有田川の花嫁〜」では20名の結婚したい独身男性がエントリー。

みかん農家経営者、養鶏場の跡取りなど第一次産業従事者を中心に、寿司職人、看護士、自動車整備士、JA職員など個性派揃い 

お見合いイベントは2016年3月26(土)〜27日(日)で3月26日に関西空港集合予定で参加希望者は1〜2月にかけて説明会があるのだそうです。詳細はTBSナイナイのお見合い大作戦HPをご参照ください


» 続きを読む

スポンサーリンク

時刻表を片手に停車駅や時間を調べておくと便利。
 カテゴリ