2012年に「東京スカイツリー」が東京都墨田区に開業しました。その高さは634mと電波塔としては世界一の高さを誇ります。

五重の塔の伝統的日本建築の工法と現代技術をミックスした最新技術の粋が結集されています。高層建築が林立する東京においても大きさと存在感が圧倒的で、押しも押されぬ東京の観光名所として以降定着しています。
IMG_東武鉄道の臨時特急「スカイツリートレイン(展望列車634型電車)
△東武鉄道の臨時特急「スカイツリートレイン(展望列車634型電車)

スポンサーリンク





東京スカイツリーの開業に合わせ、沿線を走る東武鉄道が新たな観光列車として導入したのが臨時特急「スカイツリートレイン(展望列車634型電車)」です。

東武鉄道の臨時特急「スカイツリートレイン(展望列車634型)」は東武鉄道の6050系電車を観光向けに改造した列車。634型の「634」は東京スカイツリーの高さ(634m)にちなんでいます。

東武鉄道の臨時特急「スカイツリートレイン(展望列車634型)」は全車指定席の特急列車です。

運行区間は、浅草〜東武日光、浅草〜鬼怒川温泉、浅草〜大宮などいくつかのルートがあり、土曜、日曜および祝日を中心に運行。祝日は土曜または日曜のダイヤで走ります。
スポンサーリンク




東武鉄道の臨時特急「スカイツリートレイン(展望列車634型電車)」の車両コンセプトは「東武沿線からスカイツリーへ」および「スカイツリーから日光・鬼怒川へ」。

通常期は4両編成で運行され、車両の塗装には白地をベースに朝焼けをイメージしたデザインが施されている車両と青空がイメージされている車両の2種類があります。
IMG_7638スカイツリートレイン 車両.JPG
△特急スカイツリートレイン(展望列車634型電車)の「空」をイメージした車両

また、東武鉄道の臨時特急「スカイツリートレイン(展望列車634型電車)」が特徴的なのは、側面の屋根から窓が天窓のように回り込んで設けられているの点。

これは、天に向かって伸びる東京スカイツリーほか沿線の車窓風景をよりダイナミックに眺望できるようにするための工夫なのです。

東武鉄道の臨時特急「スカイツリートレイン(展望列車634型電車)」は車内も窓外の眺望を楽しめるよう配慮された座席配置になっています。

スカイツリー側の席は窓の方を向いており、座席の種類はペアスイート、シングル、ツインと多様。

また、前面に展開する風景を楽しめる「前面展望スペース」、会話を楽しみやすい「サロン」など列車旅を楽しむためのスペースがいろいろ用意されています。
IMG_東武鉄道の臨時特急「スカイツリートレイン(展望列車634型電車)」の座席
△東武鉄道の臨時特急「スカイツリートレイン(展望列車634型電車)」の座席

東武鉄道の臨時特急「スカイツリートレイン(展望列車634型電車)」は全車指定席の有料特急列車。乗車するには乗車券に加えて特急券も必要になります。

鬼怒川温泉行の「臨時特急スカイツリートレイン(展望列車634型電車)」は浅草駅を出ると、隅田川をゆっくり渡っていきます。

左車窓からゆっくり東京スカイツリーが迫ってきます。そして、スカイツリー駅から曳舟駅にかけてがハイライトシーン。
IMG_曳舟駅からの東京スカイツリーの眺望
△曳舟駅からの東京スカイツリーの眺望

日本の伝統的工法も活用した東京スカイツリーを間近に眺めることができる絶景です。

曳舟駅を通過すると車窓に住宅街を見渡しながら、鬼怒川温泉行の「臨時特急スカイツリートレイン(展望列車634型電車)」は北千住駅、春日部駅、栃木駅、新栃木駅、新鹿沼駅と停車していきます。

次第に田園風景や山の緑も車窓に展開し下今市駅からは杉並木を抜ける勾配をあがり新高徳駅を経て終点の鬼怒川温泉駅に到着します。

鬼怒川温泉は、緑豊かな鬼怒川渓谷に沿って大型の温泉宿が並ぶ関東を代表する温泉地のひとつ。

江戸時代は大名や日光詣の僧侶しか入湯できない温泉でした。鬼怒川温泉の湯はアルカリ単純温泉で肌にやさしい滑らかな湯です。
IMG_8056渓谷に沿って温泉宿が並ぶ鬼怒川温泉の風景.JPG
△渓谷に沿って温泉宿が並ぶ鬼怒川温泉の風景

(楽天トラベル)鬼怒川温泉の人気宿を探す


» 続きを読む

スポンサーリンク

時刻表を片手に停車駅や時間を調べておくと便利。
 カテゴリ