大阪ミナミの中心地である難波から和歌山方面に路線を持つ南海電鉄。「特急こうや」「特急りんかん」「特急サザン」「特急泉北ライナー」といった、座席指定の特急列車も走らせています。
IMG_0145なんば〜和歌山市・和歌山港を結ぶ特急サザンの座席指定車両(10000系) 緑.JPG
△なんば〜和歌山市・和歌山港を結ぶ特急サザンの座席指定車両(10000系)

スポンサーリンク




そのうちの特急サザン号は、なんば〜和歌山市・和歌山港を走る特急列車。基本的に8両編成で運行され、前4両が座席指定車両、後4両が自由席車両での運行形態がベースになっています。

特急サザン号の座席指定車両に乗車するためには、乗車券に加え、座席指定券(大人510円、小人260円)が別途必要になります。

一方の自由席車両は、急行や各停にも使われる通勤型車両(ロングシート)で、こちらは乗車券のみで乗車することができます。
IMG_02特急サザン号は基本的に、座席指定車両(右)と自由席車両(左)を連結14.JPG
△特急サザン号は基本的に、座席指定車両(右)と自由席車両(左)を連結

スポンサーリンク




特急サザン号の座席指定車両には、昭和60年代に製造された10000系と平成23年に製造された12000系(サザンプレミアム)が使われています。以下、10000系車両について書きたいと思います。

特急サザン号の座席指定車両(10000系)の座席は、全席がフリーストップ式のリクライニングシートになっています。

淡いグリーンを帯びた灰色のモケットにピンク色の枕カバー。光天井からの照明もよく、明るい雰囲気が漂う車内。

座席のシートピッチは980o(中間車は1030o)で、座席背後には網ポケットが設けられています。
IMG_南海電車の特急サザン 座席指定車両(10000系)の座席
△南海電車の特急サザン 座席指定車両(10000系)の座席

南海電車の車両が勢ぞろいするターミナル駅である「なんば駅」。入線してきた特急サザン号(和歌山市行)は、開通130年ということから「懐かしの緑色」と呼ばれる復刻車両でした。

緑と白の2トンカラーが古き良き時代を感じさせます(通常期は、メタリックシルバー地の車体にオレンジと青の帯が入った塗装)。

乗車した特急サザン号は、8両編成で、進行方向から見て前4両が座席指定車両(10000系)、後4両が通勤型の自由席車両になっていました。
IMG_和歌山市行 特急サザンにいざ乗車
△和歌山市行 特急サザンにいざ乗車


» 続きを読む

スポンサーリンク

時刻表を片手に停車駅や時間を調べておくと便利。