IMG_9538北陸新幹線つるぎ号 富山〜金沢.JPG
△富山駅に停車する北陸新幹線つるぎ号

2015年3月に北陸新幹線が長野〜金沢間に延伸開業し、首都圏と北陸圏はずいぶん近い存在になりました。
スポンサーリンク




北陸新幹線には「かがやき号」、「はくたか号」、「つるぎ号」、「あさま号」の4種類の列車が運行していますが、そのうちの「つるぎ号」は富山駅〜金沢駅を各駅にピストン運行するシャトル列車としての役割を担う新幹線です。

北陸新幹線「つるぎ号」に使われている車両は「かがやき号」や「はくたか号」と同じく、E7系/W7系。デザインを担当したのは、フェラーリのデザインなどで知られる奥山清行氏です。

アイボリーホワイトに銅色とと青色のラインが入ったスタイリッシュな車両。モダンさに加え、金沢をはじめとする北陸圏の伝統文化の意匠も込められているのだとか。
スポンサーリンク




営業最高速度は時速260kmです。
IMG_9522.JPG
△北陸新幹線つるぎ号は富山〜新高岡〜金沢間を結ぶシャトル列車

北陸新幹線つるぎ号は通常期は8両編成で運行されています。1〜4号車が普通車(自由席)、5〜7号車が普通車(指定席)、11号車がグリーン車になっています。

なお、8〜10号車および12号車は連結されてはいるのですが、北陸新幹線つるぎ号では締め切り使用不可になっています。

北陸新幹線つるぎ号の普通車(指定席、自由席)の車両コンセプトは「彩りの和」。座席配置は、3+2列で、格子柄のシートはあたたかみを感じさせる色彩でにまとめられています。

座席の手前と窓際に足元にはパソコンやスマホを充電できる電源コンセントが設置されているので、ビジネスマンには特に喜ばれそう。収納式のテーブルも設けられています。
IMG_9563北陸新幹線つるぎ号 座席.JPG
△北陸新幹線つるぎ号の普通車(指定席、自由席)座席

グリーン車の車両コンセプトは「様式美の和」。座席は2+2列で、座席は淡い紺色をベースにした落ち着きのある空間に仕上げられています。

グリーン車のリクライニングシートは、座面と背もたれが連動し、ゆりかごのように動き快適そのもの。ドリンクホルダーやPC・スマホなど充電できる電源コンセント、広めのテーブルなども設けられています。
IMG_9558北陸新幹線つるぎ号.JPG
△北陸新幹線つるぎ号のグリーン車座席

富山駅〜金沢駅間の交通手段は、北陸新幹線の開業に伴い、在来線特急しらさぎ・サンダーバードが金沢止まりになりました。

ですから、富山から関西圏への移動は、北陸新幹線(「つるぎ号」または「はくたか号」)で移動して特急サンダーバードで京都・大阪へ向かうというパターンが多くなっているようです。

ちなみに北陸新幹線の最速列車「かがやき号」でも富山〜金沢間は移動かのですが、「かがやき号」は全車指定席であるため乗車券に加え座席指定席料金がかかってきます。  

» 続きを読む

スポンサーリンク

時刻表を片手に停車駅や時間を調べておくと便利。