IMG_2820.JPG
東京方面から家族や友達と「どこか温泉に行こうか」となったとき、静岡県にある熱海温泉を真っ先に思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?
スポンサーリンク




熱海温泉は、和歌山県の白浜温泉、大分県の別府温泉と並ぶ日本三大温泉に数えられる名湯。

1500年近い歴史がある古湯でもあり、江戸時代には徳川家御用達の名湯としても名を轟かせた温泉地としても知られています。

熱海温泉の湯量は18000ℓ/分と豊富で、海沿いを中心に、大型の温泉ホテルや温泉旅館が並び、連日、湯浴み客でにぎわっています。
(楽天トラベル)熱海温泉の人気温泉宿を探す

さて、そんな熱海温泉に東京から列車で移動する場合、「新幹線こだま」「JR特急踊り子」「JR快速アクティー」などいくつかの手段が考えられます。

一体、どの列車で行くのがオトクなのでしょうか?
スポンサーリンク




所要時間やかかる料金について比較してみました。

<東京駅〜熱海駅|所要時間・運賃の比較>

@「東海道新幹線こだま号」

IMG_8250.JPG
△東海道新幹線新幹線N700

熱海温泉の最寄り駅であるJR熱海駅は、新幹線の停車駅でもあります。

熱海駅には、のぞみ号は停車しませんが、東海道新幹線こだま号が停車します(一部、ひかり号も停車)。

東海道新幹線の車両は、速達性、快適性を追求したN700系が中心で全席リクライニングシート。

運賃は割高感がありますが、スピーディーで楽な移動手段だと思います。
IMG_8254.JPG
△東海道新幹線N700普通車シート

 (運賃)自由席3670円、指定席4190円、グリーン車6420円
 (所要時間)約50分

 (停車駅)東京駅、品川駅、新横浜駅、小田原駅、熱海駅
 (列車時刻表)東海道新幹線の時刻表

A「JR特急踊り子号」

東京〜熱海にはJR在来線の特急列車「踊り子号」、「スーパービュー踊り子」も走っています。
IMG_2845.JPG
△JR特急踊り子号(185系電車)

全席リクライニングシートで、特急踊り子には国鉄時代から活躍している185系電車が、一方のスーパービュー踊り子にはハイデッカーとダブルデッカー編成の251系電車が主に活躍しています。

185系はスタンダードな雰囲気の特急列車。
IMG_2808.JPG
△JR特急踊り子号の普通車(指定席、自由席)シート

一方の251系は、展望席があるなど眺望にすぐれた観光向けの車両です。

なお、スーパービュー踊り子の場合、指定席とグリーン車のみ連結されており自由席は設けられていません。
IMG_2827.JPG
△JR特急踊り子号のグリーン車シート

運賃)自由席3280円、指定席3980円、グリーン車5720円 ※自由席は特急踊り子のみ
所要時間)約1時間20分      

停車駅)東京駅、品川駅、川崎駅、横浜駅、大船駅、小田原駅、熱海駅 ※JR特急踊り子
停車駅)東京駅、品川駅、横浜駅、熱海駅 ※JR特急スーパービュー踊り子

B「快速アクティー」
快速アクティーは、JR東海道線を走る快速列車です。愛称名がついていますが、普通列車と同じ通勤型のE233系電車が主に使われています。
IMG_4055.JPG
△JR東海道線を走る快速アクティー

» 続きを読む

スポンサーリンク

時刻表を片手に停車駅や時間を調べておくと便利。