toukyo (127).JPG
△JR高崎線を走る快速アーバンの車両(E233系電車)

JR東日本には「快速アーバン」という快速列車が走っています。
スポンサーリンク




「快速アーバン」とは、JR高崎線に走る快速列車の愛称です。列車名の「アーバン」は「Urban:都会(都市)の」に由来しており1989年より運行がスタートしました。

快速アーバンが運行するのは、「上野〜高崎・前橋」または、JR東海道線内の駅から上野東京ラインを経由して高崎・前橋方面に向かうルートがあります。

快速アーバン車両には、普通列車と同じ通勤型のE233系電車が使用されています。概ね、10両編成で運行されており、そのうちの1両はグリーン車になっています。
スポンサーリンク




快速アーバンの普通車両は、ロングシートとボックスシート車両で構成されています。グリーン車はリクライニングシートになっている2階建て車両です。

グリーン車に乗車する場合、乗車券に加え、別途、グリーン券が必要になります。
IMG_1349.JPG
△快速アーバンのグリーン車車両(E233系)

愛称名の「快速アーバン」がつくには条件がある?

JR高崎線内には、「快速アーバン」と愛称名がつく快速列車とそうでない快速列車が走っています。一体どのような違いがあるのでしょうか?

それは、「快速アーバン」は、前橋・高崎〜上野間の快速列車、または前橋・高崎〜JR東海道線内の駅を「上野東京ライン経由」で乗り入れる快速列車のことを指します。

一方、同じようにJR高崎線を走る列車でも、湘南新宿ラインを経由してJR東海道線に乗り入れる快速列車および特別快速列車には「アーバン」という愛称名はつきません。

ちなみに、前橋・高崎〜上野には、通勤快速も走っていますが、こちらにも愛称名はつきません。

少々ややこしいですが、愛称名の有無によって停車駅や運行ルートを区別しているようです。


» 続きを読む

スポンサーリンク

時刻表を片手に停車駅や時間を調べておくと便利。