IMG_9138.JPG
△JR山口線を走るキハ40系気動車

JR山口線は日本海側の益田(山口県益田市)から、城下町津和野を経て、山陽新幹線の乗換駅である新山口へ至るJR西日本の路線です。

スポンサーリンク




中国山地の山々や農村地帯を抜ける全長93.9kmのルートにはスーパーおき号が走るほかSLやまぐち号も不定期で走り、しばしば話題になります。

また沿線には農村地帯、城下町、渓流など風景の見どころが多いことでも人気。そんなJR山口線を普通列車に乗って旅をしました。

JR山口線の普通列車には、JR西日本のキハ40系気動車が主に活躍しています。キハ40系気動車の座席は昔ながらのボックス席。素朴な雰囲気が漂います。JR山口線普通列車はワンマン運転。
IMG_9118.JPG
△昔ながらのボックス席に座り、JR益田駅から列車の旅がスタート

スポンサーリンク




JR益田駅を後にした山口行の普通列車(キハ40系気動車)は、国道9号をくぐり、JR山陰本線のレールを別れていきます。

車窓はすぐにのどかな農村風景へ。黄金色の田園風景のなかに木板の壁と瓦屋根の家々が過ぎ、列車はトンネルに入り出たと思えばまたまたトンネル。

山々を貫いていきます。心落ち着く景色です。
IMG_9131.JPG
△のどかな農村風景が車窓を過ぎていく

JR本俣賀駅を出ると杉木立を過ぎ匹見川を渡ってJR石見横田駅。対向列車の待ち合わせを行いました。

右手には、アユが遡上する清流として知られる高津川の静かな川の流れが沿い始めます。JR東青原駅を出ると、列車はなおも高津川に沿って走り、川岸には石州瓦の家々が並びます。
IMG_9158.JPG
△緑の山々と清流、石州瓦のコントラストが映える

JR青原駅を出ると、山々に囲まれた沖積平野に広がる田んぼを縫い、列車はかつて銅山として栄えたエリアにある日原駅に停車。

駅の近くには旅館もあります。前方から標高908mのトロイデ型火山である青野山が近づいてくるとJR青野山駅です。

高台から川、石州瓦の家々、緑、柿の木々、黄金色の稲を見渡し走っていきます。

赤い東津和野大橋が見え、JR山口線山口行の普通列車は特急停車駅でもあるJR津和野駅に停車。

津和野は亀井氏4万3000石の城下町で「山陰の小京都」と称される古いまちなみが見られます。
IMG_9179.JPG
△JR津和野駅を出発してすぐ見える津和野の古い街並み

(楽天トラベル)津和野の人気宿を探す


» 続きを読む

スポンサーリンク

時刻表を片手に停車駅や時間を調べておくと便利。