IMG_34JR九州 日豊本線45.JPG
△中津〜別府〜大分を結ぶJR日豊本線の普通列車

小倉から大分や延岡を経由し鹿児島へと九州の東海岸を延びる長大路線であるJR日豊本線。

直通する列車はなく、普通列車で移動する場合、何度も列車を乗り換えるということになります。JR日豊本線のうち、大分県のJR中津駅からJR大分駅まで普通列車に乗車してみました。

スポンサーリンク




JR日豊本線:JR中津駅〜JR大分駅:乗車記

大分県北西部に位置するJR中津駅を後にした大分行の普通列車は、城下町中津のまちなみを眼下に見下ろしながら、高架を下りていきます。

田んぼと住宅が混在するまちなみを走りJR東中津駅。
IMG_3323.JPG
△高架駅であるJR中津駅に停車するJR日豊本線大分行の普通列車

815電車は窓が大きく、ワイドな車窓にまちなみと緑がダイナミックに流れていきます。シートはしっかりしておりなかなか居心地も良さげ。
スポンサーリンク




右車窓には田んぼの向こうに、耶馬溪が座る山々や八面山や稲積山などが連なります。木造駅舎のJR今津駅からも、JR日豊本線の大分行普通列車はなおも広大な田んぼのなかを走っていきます。

白ペンキで塗られた木造のJR天津駅、JR豊前善光寺駅と停車。さらに広大な田んぼのなかをゆきJR柳ヶ浦駅、駅館川を渡って瓦屋根の構えるJR豊前長洲駅。

JR日豊本線の普通列車は、国東半島の緑のなかに入っていきます。広大な豆畑を抜けていくと、特急列車も停車するJR宇佐駅に停車。

その駅舎の柱は鳥居のような朱色で独特の雰囲気が漂っています。それは、JR宇佐駅は宇佐神宮の最寄り駅であることにちなんでいます。

宇佐神宮は全国4万社近くあるとされる八幡社の総本宮。鎮守の森として親しまれ、神亀2年創立と伝わる日本神話の時代からの歴史を有しています。
IMG_3395.JPG
△宇佐神宮を想起させるJR日豊本線のJR宇佐駅のホーム

宇佐といえばもうひとつ特徴的なことがあります。それはJR宇佐駅を出て左手の山上「USA」という文字があること。

「USA?アメリカ?」と一瞬驚いてしまいますが、宇佐をローマ字で書いたらUSA なのです。宇佐はその表記の通り、実際、国際交流も盛んなまちです。

JR宇佐駅を後にすると、こんもりした山並みが近づいてきます。華岳や大村山などの山と山に囲まれたちいさな集落と田んぼのなかを列車は走りJR西屋敷駅に停車。

どんどん山深くなっていきます。長いトンネルをくぐり立石駅。立石駅は、平安時代に宇佐神宮大宮司の氏寺として開かれた富貴寺の最寄り駅。約10kmの道のりがあります。
IMG_3399.JPG
△山並みの間に連なる田畑も車窓風景の魅力

» 続きを読む

スポンサーリンク

時刻表を片手に停車駅や時間を調べておくと便利。