IMG_9739.JPG
△富士急行の人気観光快速列車「富士登山列車」

「富士山に一番近い鉄道」をキャッチフレーズに山梨県の大月駅〜河口湖駅間26.6kmを結んでいる鉄道 富士急行。

富士急行では個性的な観光快速列車「富士登山列車」を運行しており、その人気が高まっています。
スポンサーリンク




2015年8月現在、富士急行の観光快速列車「富士登山列車」は木曜日をのぞいた毎日運行中。

乗車には乗車券に加え、着席券(大人・こども共に200円)が別途必要になります。定員制で指定席ではありません。

<デザインは水戸岡鋭治氏!富士登山列車 車両の魅力>

IMG_9817.JPG
△富士急行「富士登山列車」のデザインはJR九州特急デザインなどで知られる水戸岡鋭治氏

富士急行の観光快速列車「富士登山列車」のデザインを手がけたのは、工業デザイナー水戸岡鋭治氏が主催するドーンデザイン。

水戸岡鋭治氏といえば、JR九州の観光列車や特急列車のデザインで知られる人物です。

富士急行の観光快速列車「富士登山列車」は2両編成での運行。

車両の外装は、落ち着いた雰囲気のさび朱色に統一されています。その内装は、木の温もりを感じさせる和やかなムード。
スポンサーリンク




木材や布など自然素材がふんだんに使われおり、床や壁はもちろんのこと吊革までもが木でできいるという徹底ぶり。
IMG_9813.JPG
△木のぬくもりを感じさせる富士登山列車(青富士車両)の車内

また、座席や設備が多彩で乗客が楽しめるようにさまざまな工夫が凝らされているのも、富士急行の観光快速列車「富士登山列車」の特徴です。

ソファー席、ロングベンチ、展望カウンター、ライブラリーコーナー、ベビーサークル、富士見窓・・富士山や自然あふれる沿線の車窓風景を味わいながら列車内の雰囲気も楽しめるよう工夫が凝らされているのです。

車両は「赤富士車両」「青富士車両」とそれぞれ若干趣向が違っています。「赤富士車両」は茶色をベースに暖色系統の色彩でまとめられた空間。

レトロな雰囲気が醸し出されています。一方の「青富士車両」は白木の色合いと座席モケット青色が調和した明るい雰囲気の車両となっています。
IMG_9789.JPG
△レトロで落ち着いたムードの富士登山列車(赤富士車両)

また各車両の内装には富士吉田市の特産品である甲斐布をつかった飾りが随所に配置されているのも見どころのひとつ。

「赤富士車両」「青富士車両」の連結部は暖簾になっていてこちらも暖かみを感じさせる特徴的なアイテムです。
IMG_9799.JPG
△車両が暖簾で仕切られているのもユニーク

その他、鉛筆、目覚まし時計、ポストカードほか、オリジナルグッズも販売されているなど列車内にはいろいろな楽しみが用意されています。

車内を探検し、さまざまな角度から富士山ほか車窓の眺望も楽しめる雰囲気。

富士急行の快速列車「富士登山列車」で車内を探検したり車窓を眺めたりアテンダントさんの話に耳を傾けたり。

そうこうしているうちに、あっという間に大月駅〜河口湖駅の小一時間が過ぎていることでしょう。
IMG_9820.JPG
△車両の一角には富士急行にまつわるグッズを集めた展示コーナーも


» 

スポンサーリンク

時刻表を片手に停車駅や時間を調べておくと便利。