IMG_8647.JPG
JR西日本(西日本旅客鉄道)は2018年10月1日よりICカード乗車券「ICOCA(イコカ)」にポイントを付与する新サービスを導入することを発表しました。

スポンサーリンク



ICカード乗車券「ICOCA(イコカ)」のポイントには「時間帯指定ポイント」「利用回数ポイント」「電子マネーポイント」の3種類があるとのこと

「時間帯指定ポイント」は、京阪神エリアの特定区間(JR京都線、JR神戸線、JR宝塚線の一部区間)において土日祝日、年末年始あるいは平日の昼間(10〜17時)に1か月4回以上乗車した場合、4回以降の乗車では利用ごとに運賃の30%または50%にあたる「時間帯指定ポイント」が付与されるというもの。

「利用回数ポイント」はJR西日本におけるICOCAエリアにおいて同運賃区間において乗車回数が1か月11回以上の場合、11回以降は乗車ごとに運賃の10%に相当する「利用回数ポイント」が付与されるというもの。

「電子マネーポイント」は、ICOCA加盟店で電子マネーを活用して買い物をしたとき付与されるポイント。JR西日本によると、今後はICOCA加盟店を拡大していく方針とのこと。

貯まったポイントは1ポイント1円として換算でき、チャージすることで鉄道の乗車や買い物に使用できるようになります。なお、イコカポイントを貯めるためには無料の事前登録が必要。

※以上、詳細はJR西日本のホームページをご参照ください。

スポンサーリンク



JR西日本が発表したイコカポイントサービス導入。貨幣を電子化する時流に乗った期待できるサービスだと感じます。ユーザーがポイントを貯めれば貯めるほど、イコカ加盟店での売り上げやイコカエリアの鉄道利用が促進されると考えられるからです。

一方で、イコカポイントが貯まる条件が狭すぎないか?という疑問も残ります。特定区間のみが活性化され、除外されているエリアには恩恵が期待できないとなると、偏った活性策に終わってしまう可能性もある気がするからです。

今後はより広範エリアでのイコカポイントサービス導入に期待したいと思います。


スポンサーリンク

時刻表を片手に停車駅や時間を調べておくと便利。