IMG_2692鉄橋をゆく長野電鉄の特急ゆけむり号.JPG
△鉄橋をゆく長野電鉄の特急ゆけむり号

長野駅と長野県下高井郡にある湯田中駅を結ぶ長野電鉄。終点の湯田中駅は、湯田中温泉の最寄り駅です。
スポンサーリンク




長野電鉄を走る特急ゆけむり号は、前面がパノラマ展望車になっている人気列車。かつて小田急ロマンスカーとして活躍していた車両です。

長野電鉄の特急ゆけむり号は、地下にある長野電鉄の長野駅を発着するしています。

長野駅を出るとしばらくトンネルの中を進み地上に出てから長野市内の住宅街のなかを抜けていきます。

車道と線路が並行する村山橋で千曲川を渡ると、車窓には次第にりんご畑やブドウ畑が広がりはじめます。

特急ゆけむり号には、速達列車のA特急とそれよりも停車駅の多いB特急の2種類があります。

A特急の場合、長野市内の権堂駅を出ると、次に停車するのは長野県須坂市にある須坂駅です。

須崎駅のある長野県須坂は、江戸時代に須坂藩の陣屋町として栄えた歴史がある古いまち。まちには、往時をしのばせる古い商家や土蔵も残されています。

須坂駅からは、長野電鉄の特急ゆけむり号(A特急)は、小布施駅、信州中野駅と停車していきます。

小布施は人口1万人ほどの文化の香り漂うまち。江戸時代には小林一茶、佐久間象山らが訪れ、葛飾北斎が4年にわたり在住したと伝えられます。

そのようなことからも美術館・博物館が10数棟ほど点在し、北斎の美術作品の数々を鑑賞できる「北斉館」もあります。
スポンサーリンク




信州中野駅のある中野市は、北信州の中心地。果物の栽培や、稲作が盛んで、伝統産業の土人形づくりも知られています

IMG_2554.JPG
△信州中野を出ると、広大なりんご畑が車窓に広がる

信州中野駅を出ると、長野電鉄の特急ゆけむり号は、りんご畑のなかに延びる単線をガタゴトレールを軋ませて走っていきます。

志賀高原の山々がだんだん迫ってくると、一気に勾配をのぼり終点の湯田中駅ホームに滑り込みます。

駅前から湯田中温泉の温泉街が広がっており、10数棟の温泉宿が軒を連ねています。


» 

スポンサーリンク

時刻表を片手に停車駅や時間を調べておくと便利。