IMG_4463.JPG
△富山地鉄には昭和の鉄道シーンの主役たちが現役で活躍中

富山県を走る私鉄、富山地鉄(富山地方鉄道)には、昭和の香りがする古びた駅舎が多く点在しています。
スポンサーリンク




北陸新幹線の延伸開業して新しく生まれ変わったJR富山駅から徒歩2分ほどのところに、富山地鉄(富山地方鉄道)の列車が発着している電鉄富山駅はあります。

富山地鉄(富山地方鉄道)では、かつて特急用車両だった14760系富山地鉄(富山地方鉄道)をはじめ、元京阪電鉄特急テレビカー3000系、元西武電鉄レッドアロー号5000系ほか、昭和の鉄道シーンの主役を飾った列車が在籍。

まさしく動く鉄道博物館といったムード。その沿線には、多くのレトロな駅舎が点在しています。

電鉄富山駅から1.6kmほど走った稲荷町駅もそのひとつ。

稲荷町駅は地鉄本線と不二越・上滝線が分岐する駅だけに、乗客が多く乗降しています。

IMG_4489.JPG
△電鉄富山駅からひとつめ、稲荷町駅の外観

スポンサーリンク




富山地鉄(富山地方鉄道)の稲荷町駅が開業したのは、富山地鉄の前身である富山軽便鉄道が開業した大正3年(1914年)のこと。

駅舎の入口は瓦屋根を冠しています。素朴なムードの待合室を過ぎ、 改札をくぐってすぐ右手にのびるのは、3番線ホーム(不二越・滝上線の上下線)。

ベンチ、屋根、そして床までもが木造です。床までもが木造という駅は、非常に珍しいです。

IMG_4418.JPG
△稲荷町駅3番線ホームは、なんと床までもが木造!

宇奈月・立山方面に行く乗客は、そこから地下道をくぐって各ホームに渡るようになっています。

その地下道も、古びた感じで、錆びた鉄、くすんだコンクリートが長い年月の経過を物語っています。


» 

スポンサーリンク

時刻表を片手に停車駅や時間を調べておくと便利。