IMG_IRいしかわ鉄道、あいの風とやま鉄道を直通運転する全車指定制の「快速あいの風ライナー」
△IRいしかわ鉄道、あいの風とやま鉄道を直通運転する全車指定制の「快速あいの風ライナー」

北陸新幹線が開通したことを受け、JR北陸本線の一部は第三セクターに移管されました。

そのうちの「IRいしかわ鉄道」「あいの風とやま鉄道」は、ホームライナーとして位置づけ、直通運転する「快速あいの風ライナー」を平日3往復設定。
スポンサーリンク




「快速あいの風ライナー」は全車座席指定制の列車で、乗車するためには乗車券に加えライナー券(300円※大人、小児同額)が必要となります。

一体、「快速あいの風ライナー」とは一体どのような列車なのでしょうか?そこで、金沢駅から乗車してみることにしました。

IMG_北陸新幹線の終点であり、快速あいの風ライナーが発着する 金沢駅
△北陸新幹線の終点であり、快速あいの風ライナーが発着する 金沢駅

スポンサーリンク




IRいしかわ鉄道・あいの風とやま鉄道を直通運行する「快速あいの風ライナー」は、東京で走っているホームライナーとはさまざまな面で性質が違っています。

まず金沢駅のホーム上にライナー券券売機があるのか?と思って探しましたが見当たりません。

電光掲示板を見ると、「快速あいの風ライナーはライナー券300円が必要です。車内でお買い求めください」という表示がなされていました。

どうやら金沢駅ではライナー券を販売しておらず、ライナー券の購入は車内となるようです。

IMG_電光掲示板に 快速あいの風ライナーが表示
△電光掲示板に 快速あいの風ライナーが表示

それでちゃんと乗れるのかな?という一抹の不安を感じつつ列車を待っていると、「間もなく5番線に快速あいの風ライナーが到着します」アナウンスが流れ、しばらくして2両編成の電車が近づいてきました。

やってきた車両は、JR北陸本線を走る普通列車と変わりない521系電車。

車内の内装も同じで、シートは転換クロスシートをメインに一部ロングシートの車両。

IMG_快速あいの風ライナーの使用車両は、JR北陸本線などで活躍中の521系電車
△快速あいの風ライナーの使用車両は、JR北陸本線などで活躍中の521系電車

北陸在住の人々が普段から乗り慣れているであろう普通列車と外観も内装も同じ521系電車・・

確かに乗り心地がよい部類の車両ではありますが、普段乗るのと同じ車両に300円のライナー券を別途払うとなれば、乗客はあまり多くないのでは?と思いました。

しかし、意外乗り込む乗客は多く、出発前には7割ほど座席が埋まっていきました。

» 

スポンサーリンク

時刻表を片手に停車駅や時間を調べておくと便利。