IMG_0732千葉県銚子市の銚子駅と犬吠埼の突端にある外川駅を結ぶ 銚子電気鉄道(銚子電鉄)の列車.JPG
△千葉県銚子市の銚子駅と犬吠埼の突端にある外川駅を結ぶ 銚子電気鉄道(銚子電鉄)の列車

銚子電気鉄道は、千葉県の銚子市と外川間(全長6.4km)を結ぶちいさな鉄道です。
スポンサーリンク




銚子電気鉄道の起点となる銚子は、醤油醸造や鮮魚で知られるまち。

JR銚子駅2.3番線ホームの端から、銚子電鉄の列車は発着しています。まるでオランダ風車のような小さな駅舎。

IMG_07JR銚子駅のホームの端に設けられた、銚子鉄道の銚子駅40.JPG
△JR銚子駅のホームの端に設けられた、銚子鉄道の銚子駅

銚子電鉄は全列車が普通列車です。

列車には近江鉄道、伊予鉄道、営団地下鉄、鶴見臨海鉄道ほかさまざまな鉄道会社から転入した古い車両が主に活躍しています。
スポンサーリンク




銚子駅を出ると、銚子電鉄の列車は、しばらく銚子市内の住宅街を走り、笠上黒生駅を出たあたりから、車窓にのんびりとした田畑を映しだします。時折、その向こうに太平洋も見え隠れ。

犬吠駅は、「犬吠埼マリンパーク」や「地球の丸く見える展望館」の最寄り駅でシーズンになると、たくさんの観光客でにぎわっています。

犬吠埼マリンパークは、約230種類2500匹もの魚介類を鑑賞できる水族館で太平洋の海に生息する魚の生態を学ぶことができます(犬吠駅から徒歩約8分/入館料大人1260円)。

「地球の丸く見える展望館」は太平洋、屏風ヶ浦、九十九里浜などを一望できる展望施設。

水平線の丸さをこの目で実感できるスポットです(犬吠駅から徒歩約15分/入館料大人300円)。

ほかに、犬吠駅から20分ほど歩けば、犬吠埼灯台へもアクセスできます。

犬吠埼灯台は、明治7年(1874年)に立てられた高さ31.57mの煉瓦造りの灯台で、紺碧の海とその白い外観のコントラストが美しいです。

» 

スポンサーリンク

時刻表を片手に停車駅や時間を調べておくと便利。