東急電鉄は、駅券売機を銀行のATMとしても活用できるキャッシュアウト・サービスを導入することを発表しました。サービスのスタートは2019年春を予定。

東急電鉄の「キャッシュアウト・サービス」を使用するには、スマートフォンを活用。

スマートフォンであらかじめ専用アプリを事前にダウンロード。引き出したい金額を入力してQRコードを発行。そのQRコードをスマホで表示して、券売機の読み取り端末にかざすと現金を引き出せるという仕組み。

東急電鉄はキャッシュレス化に進む社会状況において、手軽に現金を引き出せる環境整備の重要性を重視したとのこと。
スポンサーリンク


鉄道の券売機でスマホを活用して銀行預金を引き出せるサービスは日本初の試み。ありそうでなかった斬新な発想だと思いました。

考えてみると、駅構内には銀行ATMはあるにはあっても、主要駅に少ない個数しか設けられていません。いざ現金を引き出したいと思ってもそれらを探すだけでもひと苦労。

また、電子マネーや仮想通貨などが社会に普及し、現金をあまり持ち歩きしない人も増えています。そういった人々がいざ現金が必要なときに非常に便利なサービスだと思いました。


スポンサーリンク

時刻表を片手に停車駅や時間を調べておくと便利。