IMG_077オフィッスビルに囲まれてひっそりと立つ旧新橋停留所7.JPG
△オフィッスビルに囲まれてひっそりと立つ旧新橋停留所

明治5年(1872年)10月14日、日本初の鉄道が新橋駅ー横浜駅間に敷設されたことは有名な話です。

しかし、そのときの新橋駅は、現在のJR新橋駅とは全く違う駅であり、かつて汐留駅と呼ばれていたことは、意外と知られていないことかもしれません。
スポンサーリンク




 日本初の鉄道路線の起点となった新橋駅があったのは、現在の新交通ゆりかもめ汐留駅から近いところにある旧新橋停留場がある場所です。

戦国時代まで汐留一帯は、葦が生い茂る地であったそうです。

徳川家康が江戸幕府を開き、江戸城の汐留の一体と埋め立てを実施。その埋立地には全国の大名たちの屋敷が立ち並んでいたと伝えられます。

 明治時代になり、日本では鉄道を敷設しようという機運が高まっていました。

渡欧した伊東博文や大隈重信らがヨーロッパの鉄道を目の当たりにし明治政府に鉄道の敷設を要望したのです。

西郷隆盛ら反対する有力者もいたものの、明治政府はその要望を聞き入れ、鉄道の技術者としてエドモンドモレルを招聘し測量や技術者養成など依頼しました。

 とはいえ資金が十分でなかった明治政府は、測量の結果、試験的に新橋ー横浜間の29kmの建設を進めます。

新橋駅はリチャード・ブリジェンスが設計し、明治3年(1970年)より建設がはじまり、木造石張り二階建ての駅舎が明治5年(1972年)に完成しれいます。

ついに、新橋ー横浜間が一本のレールで結ばれることになりました。
スポンサーリンク




記念すべき日本で初めて鉄道が走ることになった明治5年(1872年)10月14日には盛大に式典が行われ、明治天皇御座乗特別列車の運行が行われたと伝えられています。

・かつて新橋〜神戸間の急行列車などに使われていた蒸気機関車の模型

詳しく見る>> 6200 鉄道作業局D9 (国鉄6200) 三田模型 真鍮製 1/80 16.5mm(HO)ゲージ 蒸気機関車

 鉄道敷設から40年ほど経った1914年のこと、赤レンガをつかった日本最大級の駅舎「東京駅」が完成しました。

東京における旅客駅としての役割は新橋駅から東京駅に移行。それを機に、新橋駅は貨物駅としての新たなスタートを切り「汐留駅」と改称することになります。

そして「新橋」という駅名称は、隣にある鳥森駅が引き継ぐ形となりました。それが、現在のJR新橋駅です。
IMG_074新橋駅6.JPG
△JR山手線やJR京浜東北線などの列車が発着する現在のJR新橋駅 


» 

スポンサーリンク

時刻表を片手に停車駅や時間を調べておくと便利。