IMG_72岐阜県最北端に位置する飛騨古川のまちなみ88.JPG
△岐阜県最北端に位置する飛騨古川のまちなみ

  2015年3月14日に北陸新幹線が延伸開業し、東京ー富山・金沢へのアクセスが便利に。そのことで、富山県、石川県はもとより、岐阜県の北部エリアもずいぶん行きやすくなりました。

 岐阜県の北部エリアといえば、古い町並みが残る飛騨古川へのアクセスも便利に。

飛騨古川の周囲には標高1000m以上の山々が連なり、白壁の土蔵など情緒ある町並みが瀬戸川に沿ってつづいています。

そんな飛騨古川には、温泉宿(飛騨古川桃源郷温泉)も湧きます。

飛騨古川に北陸新幹線とJRの在来線(特急ワイドビューひだ)をつかって行く場合どのように行けば良いのでしょうか?以下簡単にまとめてみました。
スポンサーリンク




(地図)飛騨古川の場所(岐阜県飛騨市)


東京〜飛騨古川の交通手段

@東京〜富山駅間は北陸新幹線「かがやき」または「はくたか」を利用
IMG_2451.JPG
△2015年3月14日に開業する北陸新幹線。延伸区間には「かがやき」「はくたか」「つるぎ」が走る。

 東京から飛騨古川に移動するには、まず、東京駅〜富山駅まで北陸新幹線「かがやき」を利用するのがよいでしょう。

「かがやき号」は北陸新幹線の速達列車で東京駅〜富山駅を最短2時間8分で結びます。新幹線「かがやき」は普通車(指定席)、グリーン車のほかに最上級シートのグランクラスを連結。

「かがやき号」よりも停車駅の多い「はくたか号」の場合、普通車(自由席、指定席)、グリーン車、グランクラスを連結しています。

A富山〜飛騨古川はJRの特急「ワイドビューひだ」が運行
IMG_6979.JPG
△富山〜飛騨古川〜岐阜を結ぶ、JRの特急列車「ワイドビューひだ号」

「かがやき号」で東京駅〜富山駅を移動した後は、在来線(JR高山線)の列車に乗換をして岐阜方面へ向かいます。JR高山本線には「特急ワイドビューひだ」が運行しています

 特急ワイドビューひだには、窓が大きく切り取られた車両が特徴のキハ85系気動車が使われています。

飛騨川に沿って、飛騨山脈の山々のなかを南に走っていき緑の山並みや渓流が車窓に映しだされます。特急ワイドビューひだ号は、普通車(自由席、指定席)とグリーン車を連結しています。

「特急ワイドビューひだ」に乗れば、富山駅から1時間15分ほどで飛騨古川駅に到着します。
スポンサーリンク





» 

スポンサーリンク

時刻表を片手に停車駅や時間を調べておくと便利。