212.jpg
△能登半島の人気温泉地「和倉温泉」の全景(写真提供:石川県観光連盟)

温泉が「湧く浦」ということから名付けられた能登半島を代表する温泉地、和倉温泉。

七尾湾に沿って立ち並ぶ高級旅館の数々では開放的な海景や旬の魚介類をゆったりと楽しめると評判。

2015年3月に北陸新幹線が東京〜金沢に延伸開業したことで、和倉温泉への首都圏からの交通アクセスも随分よくなりました。

 今回は、東京から和倉温泉へ行く交通手段についてまとめてみました。
スポンサーリンク




東京〜和倉温泉へ北陸新幹線+JR在来線で行く方法

@東京〜金沢駅間の移動は北陸新幹線「かがやき」が便利
IMG_2451.JPG
△東京ー富山・金沢を結ぶ北陸新幹線。2015年3月14日にデビュー

 東京から和倉温泉に行くには、まず、北陸新幹線の終点 金沢駅まで移動します。

北陸新幹線には、「かがやき」「はくたか」「つるぎ」「あさま」がありますが、その中で「かがやき」が速達列車です。

「かがやき」に乗った場合、東京から金沢間の所要時間は最短2時間28分です。

ちなみに、東京駅6:16発金沢行の「かがやき501号」に乗れば金沢駅には、8:46に到着します。

 北陸新幹線は アイボリーホワイトに青色と銅色のラインが入った車両。北陸の伝統と未来を融合させたイメージで設計されています。

北陸新幹線「かがやき」には、普通車、グリーン車のほかに、最上クラスのグランクラスも連結されています。

グランクラスは、飛行機のファーストクラスに似た雰囲気の車両。1両に18席しか座席がなく、本革で包み込まれるようなシート。軽食やドリンクサービスもあるのもグランクラスの特徴です。
IMG_2478.JPG
△高級感あふれる北陸新幹線の最上クラスシート「グランクラス」

スポンサーリンク




A金沢駅〜和倉温泉間には、特急能登かがり火号などが運行

IMG_220特急能登かがり火0.JPG
△金沢〜和倉温泉間は「特急能登かがり火号」や「特急サンダーバード号」が約1時間で結ぶ

東京〜金沢駅間で北陸新幹線に乗車し、金沢駅で降りると在来線に乗り換えです。

金沢〜和倉温泉間には、特急列車では、「特急能登かがり火号」、「特急サンダーバード号」が運行しています。

「特急能登かがり火号」は北陸新幹線開業に合わせて新設される特急列車で、金沢〜和倉温泉間を1日5往復。

特急サンダーバード号は、大阪〜金沢〜和倉温泉間を1日1往復運転します。それぞれ、金沢〜和倉温泉間の所要時間は約1時間です。

ちなみに、2015年10月以降は、同区間に輪島塗や加賀友禅をイメージしてデザインされた観光列車「花嫁のれん号」も新たに加わり休日を中心に1日2往復で運転。

普通列車で金沢〜和倉温泉間を移動する場合、金沢〜七尾(JRいしかわ鉄道、JR七尾線)に乗車し、七尾駅で のと鉄道(穴水行)に乗り換えて1駅行くと和倉温泉駅に着きます。

普通列車で移動する場合、金沢〜和倉温泉間は、1時間半強かかります。

BJR(のと鉄道)和倉温泉駅〜宿は、宿の送迎(要予約)または路線バスで

和倉温泉駅は、名湯 和倉温泉の玄関口。温泉街の中心までは2kmほど離れています。

和倉温泉の宿に既に宿泊予約をしている場合は、事前に連絡しておけば宿まで送迎してくれるケースが多いです(※宿によります)。

なお、公共の交通機関を使って和倉温泉の温泉街まで移動する場合、JR和倉温泉駅前から出ている路線バス(北鉄能登バスまたは能登島交通バス)に乗り、約5分で和倉温泉街の中心にある和倉温泉BSに到着します。

和倉温泉の歴史と魅力

903.jpg
△豊かな海に囲まれて和倉温泉の温泉街は広がる(写真提供:石川県観光連盟)


» 

スポンサーリンク

時刻表を片手に停車駅や時間を調べておくと便利。