IMG_4仙山線101.JPG

JR仙山線は、仙台駅と山形県の羽前千歳駅間の全長62.8kmを結ぶ路線です。
スポンサーリンク




JR仙山線の列車の起点は、東北新幹線やJR東北本線との連絡駅である仙台駅。普通列車や快速列車には、719系電車、721系電車などが活躍しています。

いずれもステンレスの車体に緑色と赤色の帯が入っている外観。シートはセミクロスシートです。

 そんなJR仙山線に乗って仙台駅から山形駅まで移動してみました。

仙台駅を出たJR仙山線の列車(721系電車)は100万都市の仙台の市街地を抜け愛子駅へ。

愛子駅は、愛子さまの誕生で一躍全国的に有名な駅になりました。ただ、愛子駅の読み方は「あやしえき」です。

愛子駅の先はJR仙山線は列車の本数が一気に減少します。車窓風景も、田園や山林が目立つように。陸前白沢駅を過ぎると、熊ヶ根鉄橋を渡り眺望のよい景色が広がります。

 作並駅は作並温泉の玄関口。ほか、広瀬川に沿って温泉宿が立っています。

作並駅を出るとJR仙山線の列車は奥羽山脈の深い山の中へ。奥新川駅を過ぎると、全長5361mの仙山トンネルをくぐって、宮城県から山形県へ入ります。

仙山トンネルは奥羽山脈を東西に貫いているトンネルです。

奥新川駅の次の面白山高原駅は、スキーのメッカである面白高原の最寄り駅。駅の構内からスノーパーク面白山へ向かうスキーリフトが運行しています。

ちなみに、スノーパーク面白山は、全国で唯一、鉄道でしか行けないスキー場として知られています。

なお、面白山高原は秋には70万本ものコスモスで彩られハイキングスポットになります。


» 

スポンサーリンク

時刻表を片手に停車駅や時間を調べておくと便利。