IMG_5「上野東京ライン」の開業により、JR高崎線の電車もJR東海道線に乗り入れがスタート515.JPG
△「上野東京ライン」の開業により、JR高崎線の電車もJR東海道線に乗り入れがスタート

 2015年3月14日、「上野東京ライン」がいよいよ開業します。

「上野東京ライン」とは、JR常磐線、JR高崎線、JR宇都宮線がJR東海道線と結ばれることによって誕生する直通列車の愛称です。

上野〜東京間約3.8kmに設けられた「東北縦貫線」を経由して直通運転される「上野東京ライン」の開業によって、一体、何が変わり、どんなことが期待されるのでしょうか?

簡単にまとめてみました。
スポンサーリンク




期待される効果は?

JR常磐線、JR高崎線、JR宇都宮線の利用者は、もし東京駅や品川駅に行こうと思えば、終点の上野駅で、JR山手線などに乗り換えせねばなりませんでした。

それらの路線は、上野駅で折り返しになっているからですそれが「上野東京ライン」開業により、東京および品川方面が一本のレールで結ばれ乗換せずに移動することができるようになります。

つまり、それらのルートで通勤するサラリーマンや通学する学生にとって移動時間の短縮が期待されるのです。

また、それに伴って、JR山手線やJR京浜東北線のラッシュ時の混雑緩和にもつながることも期待されています。

JR宇都宮線・JR高崎線の変化・変更点は?

 「上野東京ライン」の開業以降、JR宇都宮線、JR高崎線の列車のうちの7割近くがJR東海道線に乗り入れてきます。

平日朝のラッシュ時では、JR宇都宮線で5本、JR高崎線で5本が「上野東京ライン」の列車に設定されています。

なかには、黒磯〜沼津、黒磯〜伊東 といった直通列車もあり、北関東と伊豆半島を乗り換えなしに移動できるというケースも誕生します。

なお、上野発着の列車も一部残ります(時間帯にもよりますがそれぞれ1時間に1本程)。JR高崎線、JR宇都宮線を走る特急列車については従来どおり、上野発着のままとなります。
IMG_53上野東京ラインの開業により、JR宇都宮線とJR東海道線も一本のレールで結ばれるように46.JPG
△上野東京ラインの開業により、JR宇都宮線とJR東海道線も一本のレールで結ばれるように

スポンサーリンク



» 

スポンサーリンク

時刻表を片手に停車駅や時間を調べておくと便利。